この記事は約 2 分で読めます

写真家エスリンと脱獄犯グレイウルフのロマンス。

 

グレイウルフは、インディアンと白人のハーフ。無実の罪で、投獄され祖父の死に目を一目みようと脱獄。その途中、写真家エスリンの家に家宅侵入します。

 

 

WASPのエスリンを、脅し、縛り付け、彼女を人質にインディアン居留地まで向かうグレイウルフ。粗野で乱暴なふるまいの中にみせる本当の姿にエスリンは少しずつ惹かれていくのですが…

 

王子様度は、全くナシ!ツンデレヒーローここにアリ!といった作品。でもなぜか心に残るんです作品です。

 

サンドラ・ブラウン『侵入者』を読んだ感想(ネタバレ)

じーちゃんの死に目に会うために、出所間際なのに脱獄しちゃうグレイウルフ。警官の目をのがれ、なんとか忍び込んで一息つこうとした矢先に金髪美女と出会います。

 

そこで、さっさと逃げればいいのですが、なんと縛り上げたりナイフで脅したりと凶悪犯のごときふるまい(笑)

 

 

王子様度は全くありません。<グレイウルフ

性格は僻みっぽくて、やたら嫌みが多いし、頑固でいこじなんですよね。

 

最初こそ、エスリンを脅し連れまわし、嫌み皮肉の連発。まぁ、あんたそこまで言わんでも、というくらいエスリンに当たります。

 

でも、彼のバックグラウンドを少しずつ知るにつて、エスリンは彼に「なぜか」惹かれるようになってしまいます。エスリンは裕福な家庭の出身で、経済的には困っていませんが、愛のない家庭にそだってます。両親がオススメする旦那様候補は、いたってエリートで、いたって清潔でお上品。なんつーか、薄っぺらいのです。

 

一方、グレイウルフは、自分の刑期が延長されたとしても、祖父の死に目に一目会いたいからという理由で脱獄しちゃう強い信念の持ち主。そして、祖父にあったときの優しいまなざしや、手つきをみただけで、「本当の彼の姿」に惚れちゃうわけですよ。

 

 

なので、「この金髪女!」(とまではいってないけど!)とグレイウルフが何かにつけ当てこすりをいってくるのがつらくてたまりません。

 

前半は、二人の逃走劇。後半は、グレイウルフが出所した後の二人のロマンスが中心です。もともとグレイウルフは弁護士だったので、弁が立つんですよね。

 

リンダ・ハワードの「マッケンジーの山」もインディアンと白人のハーフがヒーローですが、リンダのヒーローは無口で、サンドラの方が「おしゃべり?」な感じ(笑)

 

若干、メンドクセー感じがしますが、それでも彼の背負ったつらさや孤独が、ストーリーで、ふと現れたとき、なぜか「キュン」となるんですよ!

 

だって、グレイウルフは、エスリンが近くにいるだけでコチコチ(笑)。意識しすぎだってば~

 

読書メーターでも評価高いですよね。

 

『ダンカンの花嫁』もそうですが、「根深い不信感」に自分自身、乗り来られずに苦しんでるヒーローって、好きな方にはごちそうかも、です。