この記事は約 3 分で読めます

【まとめ】スーザン・メイアー 作品より<ブルースターの忘れ形見 >シリーズの過去記事をまとめました。

過去に紹介したスーザン・メイアー 作品より<ブルースターの忘れ形見 >シリーズの過去記事をまとめました。

 

 

ハーレクイン イマージュらしい、シリーズを通して温かい雰囲気の作品です。

 

 

「忘れ形見」とあるように、シリーズ通して「赤ちゃん」中心にストーリーは進みます。しかも三つ子ちゃん!!

 

 

この三つ子ちゃんたちには、母親の違う年の離れた兄弟が三人います。実は、この年の離れた兄弟達は、実母亡き後、再婚した父親と疎遠になり、ブルースター家を離れて暮らしていました。

 

 

ところが、三つ子の父親と再婚した女性が事故で急逝。急いで故郷に駆け付けます。

 

 

 

はじめて顔合わせする独身貴族三人兄弟 VS 三つ子ちゃん。

 

 

いい年した三人は、腹違いの兄弟を前に途方にくれます。そんな、彼らに救世主的に登場するのが、それぞれの兄弟のロマンスのお相手となる女性たち。なにせ、ちょっと癖のある兄弟三人なので、一筋縄ではいかないよう。

 

 

 

ちなみに、私は頑固で、融通の利かないちょっとおバカな長男のロマンスがお気に入りです。赤ちゃん達をとりまく大人の男女が繰り広げる恋愛模様が、1冊1ロマンスで合計三冊楽しめますよ。

 

 

『社長秘書はナニー』<ブルースターの忘れ形見 Ⅰ

 

 

三兄弟の次男 リッチでハンサムなエヴァンと、亡き父親の秘書クレアのロマンス。

ブルースター家は、地元の名家。
亡き父親は会社を経営しており、父親の突然の急逝で、兄弟たちは大ピンチ。そんな時、彼らに助けの手をさしのべたのは、亡き父の秘書クレア。

 

 

公私ともに、故郷に戻った兄弟をバックアップしようと努めます。

そんな、勤勉で優しい彼女に鋭い視線を送る男性が一人。

 

ブルースター家次男のエヴァンです。
赤ちゃんをとられたくないあまりに、ちょっと意固地になってしまうエヴァンのロマンスはこちら。

 

 

 

●過去記事●

スーザン・メイアー 『社長秘書はナニー』<ブルースターの忘れ形見 Ⅰ>の感想

スーザン・メイアー 『社長秘書はナニー』<ブルースターの忘れ形見 Ⅰ>の感想

ブルースター家の会社の社長秘書を務めるクレア。突然、社長が事故で急逝。この2年間、疎遠だった社長の息子たちと、クレアは初めて顔を合わせることになりました。そして...

 

 

『恋するベビーシッター 』<ブルースターの忘れ形見 Ⅱ

三兄弟の三男 美人に目がないバツありチャズと、美貌と素朴さのアンバランスさが可愛いリリーのロマンス。

 

 

将来有望(?)らしいチャズは、兄弟イチ面食い。今回、彼の美人警報がなったお相手は、ナニー候補のリリー。
三つ子ちゃんの、専属ナニーを募集したところ、ちょっとないくらいの美人が応募してきました。警報鳴り響く彼の胸の内が、なんとも滑稽な作品です。

 

 

 

●過去記事●

スーザン・メイアー『恋するベビーシッター 』<ブルースターの忘れ形見 Ⅱ>の感想

スーザン・メイアー『恋するベビーシッター 』<ブルースターの忘れ形見 Ⅱ>の感想

ブルースターの忘れ形見シリーズ第二弾。疎遠にしていた父親が亡くなったと知らせを受け、ブルースター3兄弟は急いで実家に戻ります。そこで待ち受けていたのは、なんと母...

 

『ナニーと最後の独身貴族』 <ブルースターの忘れ形見Ⅲ>

最後は三兄弟の長男 頑固なグラントと、三つ子の伯母クリスティンのロマンス。
亡きブルースター家当主と、結婚したクリスティンの姉。

 

 

姉が事故でなくなり、三つ子ちゃんが取り残されたと知り、テキサスからブルースター家にやってきました。折しも、それは、三男チャドの結婚式の当日。

 

 

 

クリスティンは、自分の正体を告げることができず、アレヨアレヨのうちに、ブルースター家に滞在することになりました。

 

 

 

クリスティンはグラントを「王子様」。自分を「テキサスからきたみすぼらしい田舎娘」

そんな、クリスティン一目ぼれのロマンスなのですが、そんな乙女心を理解しないグランドが、なんとももどかしい作品。
最後、ちょっとしたお仕置き(?放置?)めいた展開で、すっきりです。

●過去記事●

スーザン メイアー『ナニーと最後の独身貴族』 <ブルースターの忘れ形見Ⅲ>の感想

スーザン メイアー『ナニーと最後の独身貴族』 <ブルースターの忘れ形見Ⅲ>の感想

ブルースターの忘れ形見シリーズ第三弾。疎遠にしていた父親が亡くなったと知らせを受け、ブルースター3兄弟は急いで実家に戻りました。そこで待ち受けていたのは、なんと...

■まとめ

タイプの違う兄弟たちが、それぞれのロマンスを成就するのに一役かった三つ子ちゃん。
読書感は、ほんわかあったかい、それでいてクスっと笑える作品を求める方にはオススメです。

 

 

激しすぎる愛、ほとばしる情熱も、十分に惹かれるのですが、この作品のようなハートウォーミングな、ちょっとしたロマンスも素敵ですよね。