タグ:シリーズの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ダイアナ・パーマー『トム・ウォーカー』<テキサスの恋18>を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『トム・ウォーカー』<テキサスの恋18>を読んだ感想

テキサスの恋18作目。投資カウンカウンセリング会社経営のトムと、彼の元秘書イリ―ジアのロマンス。

 

かつてトムがニューヨークの広告代理店に勤めていた頃、イリージアは彼の秘書でした。
近寄りがたい雰囲気のトム。イリ―ジア憧れのボスです。

 

ある日、トムは酒に酔い、その勢いでイリ―ジアとベッドをともにします。愛を交わしたのに、トムの態度は冷ややか。イリ―ジアに言葉もかけません。

 

イリ―ジアは恥ずかしさにいたたまれず、会社を退職し故郷のジェイコブズビル帰ります。そして、数年。トムが、投資カウンセリング会社を設立するため、ジェイコブズビルにやってきました。

 

 

一方、トムと別れた後、故郷ジェイコブズビルでイリ―ジアは結婚、子供が一人。夫とは死別。

 

 

小さな町では、誰もが顔見知り。気まずいけれども、お互い避けられません。
誤解されてしまったトムのちょっと可哀想な物語です。

 

『トム・ウォーカー』<テキサスの恋18>を読んだ感想

 

 

愛する人には、素直に、正直に(笑)

 

 

トムは、ちょっと見栄を張ってしまい大きな代償を払う羽目になりました。それが気がついたのは、ジェイコブズビルでイリ―ジアと再開した時。

 

 

トムが唯一愛した女性イリ―ジアは、すでに結婚し子供もいるらしい。かつての切ない記憶がよみがえります。

 

会社を退職するイリ―ジアを、見送るしかなかったトム。冷ややかな態度は、実は掛ける言葉がなかっただけ。

 

それは、何故か?彼は自分が童貞だった事実を恥じていたから。押さえきれない欲望に身を任せた、罪悪感にいたたまれなくなっていたからです。

 

当時、トムは28歳。ニューヨークの広告代理店に勤める将来有望なビジネスマン。オフィスの女性が彼を狙っている、そんなイケてる彼が童貞なんて!

 

そこには、ちょっとお気の毒な理由がありました。トムの兄妹は、長年にわたり父親から「性」を抑圧されてきたのです。彼が欲望を感じれば、感じる程、罪悪感は募る。結局、父親の刷り込んだ「欲望=悪」のイメージが振り払えず、未経験のまま28歳を迎えたワケです。

 

彼のバックグラウンドをイリ―ジアは知る由もなく、トムに遊ばれ捨てられたと勘違い。
そして、その誤解を抱いたまま、現在に至ります。

 

知り合いの勧めもあり、ジェイコブズビルで会社を設立するトム。素直になれない彼は、イリ―ジアを見るたびに胸が痛みます。

 

彼の唯一の忘れられない甘い経験。ああ、可哀想。カミングアウトするには、遅すぎる。しかも、彼女は別の男と結婚して、娘までいる(夫とは死別)

 

彼女が手掛けはじめたビジネスも順調そう。取引先の男とも、なんだか親しい様子。
トムは嫉妬にかられます。

 

なんとも、彼の葛藤がじれったい。なまじ、イケてる人だから真実が言いにくい(笑)

 

 

ストーリーが進み、イリ―ジアの秘密が明らかになり、一転、トムが彼女をリードします。

 

彼女の結婚の真実とは?
どうして、イリ―ジアの娘と自分の妹がそっくりなの?

 

イリ―ジアを温かく支える彼女の兄ルークの働きでハッピーエンド。彼女も未経験だったと、彼女の兄から情報を仕入れたらいきなりイリ―ジアに強気です(笑)

 

トム、もじもじしてたのにさ~

 

ちょっと突っ込みどころのあるトムの嬉し恥ずかし初体験の作品でした。愛があればノープロブレム。

*『あの夏のロマンス』には以下の2編が収録されています。ご注意ください。
・テキサスの恋18『トム・ウォーカー』
・テキサスの恋19『ドルー・モーリス』

 

  • ◆テキサスの恋の次作は・・◆第19作目 『ドルー・モーリス』

ジェイコブズビルの地域医療をささえるドクター ドルー・モーリスと、彼の病院の受付秘書キティのロマンス。ドル―は、かつて深く愛した妻を病気でなくしました。
その悲しみからか、オーバーワークの毎日。そんな彼の病院に、タンポポのような可愛らしい受付秘書がやってきました。

ダイアナ・パーマー『結婚の代償』<テキサスの恋17>を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『結婚の代償』<テキサスの恋17>を読んだ感想

テキサスの恋17作目。ビスケット大好きハート兄弟の次男キャラハン(キャグ)と、ハート家の若き家政婦テスのロマンス。

 

 

特殊部隊の経験ありのキャグは兄弟からも恐れられる気難しい男。豚が主人公の映画(ベイブのこと?)をみてからは、可哀想で豚肉をたべないといった可愛い面も。

初心なテスに愛のレッスンをするキャグ。読んでるこちらが赤面してしまう作品。恥ずかしい~。

 

 

テキサスの恋って何?という方はこちらをどうぞ

 

 

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>シリーズを、より楽しむための情報を集めました。テキサスの恋シリーズって何?と疑問に思った方に簡単に説明しますアメリカテキサ...

 

 

あらすじ&感想<ネタバレ全開>

 

ストレートな物言いと、気難しい性格。ハート家兄弟の中でも、ひときわ付き合いずらい次キャグが今回の主人公。

 

彼がひそかに想いを寄せてる女性は、ハート家の若き家政婦テス。テスは、際立った美人ではありませんが、彼女が喜ぶと内側から輝きが見えるよう。

 

ご機嫌な時には、掃除をしながら歌を口ずさむ可愛い女性。

 

ハート家の他の面々は、テスが大好きで(笑)、ちょっと彼女にいたずらしてからかったり、四男レオはテスをデートに誘いたいって思ったりするくらい。

 

 

でも、次男キャグは、テスのあらさがしばかり。あれこれ、因縁つけてはネチネチいびります。読んだ方はわかると思いますが、かなりのパワハラです。

 

 

 

すべてはテスへの想いがそうさせている(らしい)のですが、しらぬはテスばかり(笑)

 

 

 

キャグから文句を言われ、鋭い目で監視される・・・(こわいですわ~)

 

 

 

「もう、ハート家では家政婦はやってられない。出ていくしかない。
私は、そんなにも嫌われてるのかしら。」

 

 

テスは、キャグに追い詰められてて、ギブアップ。

 

 

テスが荷物をまとめてハート家を後にする寸前、キャグもやりすぎたと思ったか、反省。自分の幼い頃のツライ思い出話をテスに打ち明けます。母親との温かい触れ合いってハート兄弟にはないんですね。

 

 

キャグとテスの距離が、ほんの少し近づいたと思った瞬間・・・

 

 

何故かここから、テスはキャグに恋心を!!えぇっ???いいのか!テス!ああ、あんなに八つ当たりされていたのに、優しくされてキュンして好きなっちゃっていいの?(笑)

 

そこからは、キャグとテスの一進一退の恋愛展開。

 

 

キャグはテスに誕生日プレゼントにペンダントをおくったり、デパートで彼女の服を買いそろえたりと、なかなか不器用ながら頑張るのですが、いかんせん、生来の気難しさがするっと治るわけもなく、テスの想いをかかえてモンモンとし、結局は八つ当たり(笑)

 

 

かつてのフィアンセとの破局や母親からの仕打ちをかかえたキャグの複雑な男心。それをしるのは、ハート家の兄弟だけ。

 

 

そうはいうものの、キャグは八つ当たりしながらも、弟たちのいないところでは、ちゃっかりテスに大人の恋愛のレッスンの手ほどきしてるんですよ。

 

 

もう、どっちなの~好きなの?嫌いなの?

 

二人の気持ちを、弟たちも知ってかしらずか、他のシリーズ展開と同じく結婚へと後押しをします。

 

 

最後の最後まで、辛辣なキャグですが最後にポロリと本音。何故、彼女に辛くあたってしまったのか。

「ぼくは君にふさわしくないと思ったんだ」

 

おいおい。迷惑だな。

 

 

物語の最後、テスはキャグの膝にすわり、彼にビスケットを食べさせています。ビスケット大好き弟達は、幸せいっぱいのキャグとテスを眺め、うらやましそう。不器用なキャグに八つ当たりされ可哀想ではありましたが終わりよければすべて良しということで。

 

突っ込みどころ満載の理不尽なストーリも、なかなか楽しめるロマンスでした。

 

 

◆テキサスの恋の次作は・・◆
第18作目 『トム・ウォーカー』
投資カウンカウンセリング会社経営のトムと、彼の元秘書イリ―ジアのロマンス。
イケてるビジネスマンのトムの、とっても個人的な事情が、二人の仲をややこしくさせてしまってします。

リンダ・ハワード『美しい標的』を読んだ感想

冷酷な誘惑シリーズの二作目。大手企業重役のマックスと、別会社の社長秘書のクレアのロマンス。マックスの勤める会社は、クレアの勤めるブロンソン合金工業の買収を狙っています。どうしても、その特殊な技術を手にいれたい。

 

 

 

ブロンソン合金工業の内部をしるため、社長秘書のクレアに近づきマックスが内部情報を引き出すことになりました。これで、有利に買収を進められる。

 

 

企業買収を背景に、二人のロマンスは進行していくのですが・・・・

 

 

リンダ・ハワードのヒーローらしい自信満々なマックス(笑)に注目の作品です。自分の正体が、クレアにバレても自信満々って、ある意味スゴイいわ~。

 

 

冷酷な誘惑シリーズ

冷酷な誘惑シリーズの二作目の本作品。

シリーズ一作目『流れ星に祈って』では、片思いに悩むヒロイン サラにさりげなく優しくするボスとして登場。その優男ぶりの印象はかなりのものです。
サラ、イケズのロウムやめて、マックスにしちゃいなよ。と思って方は私だけ?

リンダ・ハワード『流れ星に祈って』を読んだ感想

リンダ・ハワード『流れ星に祈って』を読んだ感想

会社役員ロウムと秘書のサラのロマンス。サラは、何年も前から同じ会社のロウムに片思い。偶然、自分の親友ダイアンを会社のレクリエーションに連れていったら、ロウムとダ...

 

 

狙った獲物は外さないヒーロー

今回、ヒーローに科せられた任務(笑)は、ブロンソン合金工業の企業買収の情報収集。
これが、またゲスイ任務で、社長の秘書に近づいて、情報とってこいって言われてます。

 

 

モデル並みの容姿の裏にある、冷酷な性格を社長はよく知っており、社長から特命をうけました。


マックスがいる組織は営利優先の企業集団なのか?

もう、序盤から、クレアから情報引き出すのに、マックスやる気満々。
この発言、みてくださいよ。

必要な情報を引き出すためなら男としての魅力を利用することにも良心の呵責は感じない。
企業と企業の戦いはそういうものだ。
三つ揃いのスーツや会議で紳士的な見かけを装ってはいても、その本質は戦争なのだ。

えー。マジすか。どんだけ自分に自信満々なの(笑)

 

 

何故かばれた後も強引な彼

あでやかなマックスと比較すると、地味な印象がぬぐえないヒロイン クレア。

 

 

どこか男性にしり込みしてしまうバツイチ女性。と、いうのもなにかにつれ頑張ってしまう性格が災いし、前回の結婚生活に失敗。夫婦生活が上手くいかなかったのも、流産したのも、全部、自分のせいだとおもってしまっています。

 

 

 

そんな、ちょっと内気な彼女なので、男っぽい人がそばによってくると、そのトラウマからか、そっと逃げ出す始末。

 

 

これが、マックスからするとたまらないらしいんですよ。今まで、女性に逃げられたことのない(笑)そんな女性は今までいなかった!!と闘争心を掻き立てられます。

 

 

 

でも、そこは企業戦士ですから(一応)、無害を装い、彼女から情報を引き出し、ブロンソン合金工業を手に入れるのが優先・・・なのです。が!!

 

 

マックスは、クレアに夢中になってしまってるので、自分の正体を言いたくてたまらない。人畜無害なんかじゃない。本当の自分を愛してほしい。企業買収をさっさと終わらせて、クレアを手に入れたいと思ったりするのです。

 

 

このあたり、あんた自分の正体がばれたら、クレア、どう思うかって想像しないの?と、問いかけてやりたいですよ。

 

 

結局、クレアは巧みなマックスの誘導にひっかかってしまいます。結局、ブロンソン合金工業は、マックスの務める会社の傘下に。

 

自分が機密を漏らしてしまった罪悪感と、そして好きになってしまったマックスが自分をだましていた事実に打ちのめされたクレアは、ますます男性に心を閉ざしてしまいます。

 

 

見どころは、彼女の信頼をもう一度勝ち得るためにマックスが頑張るところなのですが、それでも彼は、自己中だったりします。(笑)美しすぎるって罪。マックス。あなた、残酷よ。

 

 

とにかく、頑固で強引。自信満々なヒーローが満喫できる作品。

私は再読して、さらにマックスに惚れました。しびれるー。