タグ:便宜結婚の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

タグ:便宜結婚

カーラ・ケリー『拾われた1ペニーの花嫁』を読んだ感想

カーラ・ケリー『拾われた1ペニーの花嫁』を読んだ感想

元海軍提督チャールズと老婦人のコンパニオン サリーのヒストリカルロマンス。

 

雇用主が高齢のため亡くなってしまったサリーは失業中。手元の現金も底をつき、途方にくれていましたが、<ドレイク亭>でなけなしのお金をつぎ込み一杯の紅茶を頼みます。

 

亡くなった夫の口癖。

紅茶を飲みながら考えれば、たいていの問題はなんとかなる

 

人生はそんな単純じゃない、想っていたサリー。ところが、この一杯の紅茶が、彼女を運命の出会いへと導きました。彼女が<ドレイク亭>で出会った運命のお相手は?

 

 

優しさと暖かさ、そして癒されない心の傷に、ほんのちょっと悲しみを覚えるロマンス小説です。

 

あらすじ序盤をまとめました

 

夫は無実の罪を着せられ、自殺。お金はない、コネもない。頼る身内もいない。たった一人の息子は病死。

 

ヒロイン サリーの背負ってる背景ってなかなかの不幸ぶり。それでも生きていかなければいけない。人生ってとっても残酷。。

 

彼女は、なけなしのお金をはたいて<ドレイク亭>で紅茶を飲んで、今後の自分の身ふりかたを試案してるのですが、偶然に居合わせた紳士に見初められます。

 

海軍の元提督チャールズは、<ドレイク亭>に結婚を約束した女性(気の小さい女性なので、あだ名を鼠嬢と呼んでる)と待ち合わせ。といっても、相思相愛のお相手ではありません。行き遅れてしまったオールドミスと便宜結婚するつもりだったのです。

 

チャールズは、ほとんどを海軍で過ごしてきた男性。年の離れた姉二人があれやこれやと彼の世話をやくのにほとほと嫌気がさし、知り合いの妹と便宜結婚することにしました。これで、姉たちの攻撃から逃れられる。

 

ところが、鼠嬢は待ち合わせの<ドレイク亭>に現れない。すっぽかされてしまったのです。

 

チャールズは、いかにも厳めしい顔つきの男性。

髪の毛はふさふさですが、片方の腕がなく、鉤を義手替わりにつかっています。見えるところではありませんが、歯が一本ないらしい(笑)一般的なイケメンヒーローではない、ちょっと渋めの独身45歳。自分で自分のこと「悪くないと思うんだけどな・・・」なんて、思ったりしてます(笑)

 

艦隊を率い、多くの戦歴を重ねた、その風貌と雰囲気に恐れおののき、おそらく鼠嬢は、びびって約束をすっぽかしてしまったのではないかと。

 

 

そんな時<ドレイク亭>で、質素だけれど知的なほっそりした一人の女性を見つけます。

どうやら、彼女はお金困ってるらしいと、チャールズは推測。

 

 

見知らぬ男性から、声をかけるのはどうかな、と思いますが、チャールズは彼女に声をかけ、鼠嬢の代わりに自分と結婚してくれないか、と急すぎるプロポーズしてしまいます。

 

うーん。出来る男は高速の決断。

 

 

登場人物が抱える心の痛みと、ヒーローとヒロインの善意にあふれたロマンス小説<ややネタバレ>

 

と、出だしはロマンチックなのですが、出てくる登場人物が何かしら悲しみを抱えており、なんだかしんみりするシーンが多いです。

 

不遇な少女を引き取り使用人にしたり、差別的な態度をうける隣人を訪問したり、孤独な紳士のお宅を訪問したりと、二人は擬似夫婦ながらも、暖かな交流を深めていくのが、とっても心温まります。

 

かといって、ヒューマンドラマ的色が強いかというとそうでもなく、ちゃんとロマンス色もあるので、ご安心を。

 

サリーは息子と夫が死んだことであきらめた愛情を、チャールズは若かりし頃にできなかった恋愛や結婚生活を、「この人となら・・・」と少しずつ心が寄りそっていくストーリーに胸がキュンとします。

 

  • いい話→しんみり→ロマンス→胸キュン→いい話→しんみり→ロマンス

 

 

私は、せっかちな性格なので、ものすごいスピードでストーリーを追っかけるように読んでしまいますが、この作品はちょっと違います。

 

ちょっとでも長く、この作品を読んでいたい。登場人物の人生の悲しみに触れ、ちょっぴり涙し、チャールズとサリーの優しさに癒されるの繰り返しが、なんとも心地よい。

私は、ちょっとずつ読み進めて、じっくり味わって読みました。

 

 

 

結局、サリーとチャールズは身も心も結ばれ、文句なしなのですが、二人の仲を嫉妬する人間の悪意で、最後仲たがいしてしまいます。

 

でも、この人も・・・わからなくはないのですよね。やり方は卑劣ですが、最後、悪役にも、ちょっと同情。男が男にほれ込むって、特別ですよ。

 

 

華やか~なロマンス小説ではありませんが、読ませる作品。後半サリーに激高し、癇癪を起してしまったチャールズが猛反省する箇所も見どころです。

 

ダイアナ・ガバルドン『アウトランダー 時の旅人クレア』を読んだ感想

ダイアナ・ガバルドン『アウトランダー 時の旅人クレア』を読んだ感想

元従軍看護婦のクレアと若きスコットランドの兵士(農夫)ジェイミーのロマンス。

 

 

 

映像化され、さらに人気に拍車がかかったロマンス界の有名作品です。シリーズはまだまだ続いており、がっつり読みたい人にはたまらないシリーズ。

 

 

ロマンス小説と侮ることなかれ。この読み応えは、半端ないので、是非ともお時間ある時に!読書好きの方に!お手に取っていただきたい一作。

 

 

 

舞台はスコットランド ”ジャコバイト”

 

イギリスが舞台のヒストリカル作品は、リージエンシーもの(摂政時代1811~20年の時代)が多いのですが、この作品は、もうちょっと遡り、まだ力で力を制圧する時代。

※キャスリーン・E・ ウッディウィス『鳩と狼』は、これより更にさかのぼります。

 

 

その昔、正当な国王は、現王ではなくスチュアート朝のジェーム2世であると主張をし、復位を支持する勢力がありました。これがジャコバイトです。1688年イギリスで起こった名誉革命の反革命勢力です。

 

 

 

まぁ、いわゆる現状の国家に反対する政治的な一派といった位置づけでしょう。

 

 

イングランドやアイルランドにも、こいういった勢力はありましたが、精力的に強かったのは、なんといってもスコットランドのハイランド地方でした。

 

厳しく荒涼とした、この山岳の地帯で、ジャコバイトは勢力を拡大しつつあるのですが、ヒロイン クレアはタイムスリップし、図らずも、この反政治勢力と関わりをもつことになってしまいます。

 

 

もともと、生きてる時代の違うクレア。

政治的に不安定な状況もあり、どの人と出会っても不審がられます。命の危険を感じつつ、元の世界に戻るべく試行錯誤。

 

そして、彼女は既婚者でありながらも、タイムスリップした過去の世界で、運命の男性と出会います。葛藤しながらも、惹かれあい、そして力強く生き抜くクレアの姿が、この物語では描かれています。

 

 

簡単なあらすじのまとめ

 

 

第二次大戦後まもなく、従軍看護婦だったクレアは、夫フランクとスコットランドのハイランド地方での休暇を楽しんでいた。しかしストーン・サークルを訪れた彼女は、巨石のあいだでつまずき……気がつくと、近くにはキルト姿の男たちとマスケット銃を持った兵士たちが! なんとクレアは、二百年前にタイムスリップしていたのだ。現代と過去の愛と運命に翻弄される、時を旅する女性の物語ここに開幕!

 

Amazonより引用

 

クレアと夫フランクは、結婚したものの蜜月期間は短く、お互い国のために働くため、離れ離れで暮らしていました。クレアは従軍看護婦として、フランクは国の諜報機関に。

 

それでひと段落したので、スコットランドにおとずれ、二人で「そろそろ落ち着きたいね」といった雰囲気で、ハネムーン感覚で旅行をするのですが、この夫フランクとの旅行には、もう一つ目的がありました。

 

 

夫フランクは、自分自身のルーツを調べていました。

 

 

このフランクの行動が、少しずつクレアを不思議な運命に導き、ついにはストーン・サークル(儀式を行う場所)で、タイムスリップしてしまいます。

 

さかのぼった期間は200年。

 

彼女は、うさんくさい服装(当時からすると)で、いかにも怪しい。行く先々で「スパイ」の嫌疑がかけられ、窮地に陥ってしまいます。

 

1 (ハヤカワ文庫NV)”]

 

年下ヒーロー ジェイミーに超胸キュン

 

あちこちで疑いがかけられ、ピンチなヒロイン クレア。

結局は行き着く先は、スコットランドのハイランド地方なのですが、ここでも安心できません。

 

 

 

まぁ、仕方ないですよね。政治的に不安定でもあり、見知らぬ人間が突然登場すれば、不審がるのも当然のこと。

 

 

時代になじめない彼女。ですが、持前のバイタリティと医療の知識を生かして、生き延びていきます。愛する夫の待っている元の世界になんとかして帰りたいと頑張るのですが、周囲は彼女の行動が「スパイ行為」を思わせ、怪しみます。

 

 

その都度、ヒーロー クレアより大分年下のジェイミーが彼女を助けに登場するのですが、このヒーロー、登場シーンはなんとも冴えない君なのです。

 

 

クレアが治療をしたことが二人の出会いのきっかけ。最初の登場は地味~で、「え?この子(失礼)が?ヒーロー?」と思ってしまうくらい。

それよりも夫にクリソツなドS男の方とひょっとしてくっつくのかと、序盤は思えてしまいましたよ。

 

 

ジェイミーはスコットランドのハイランド地方に暮らす若き兵士(農夫)なのですが、彼の暮らす身内の地域では、ちょっと微妙な背景を背負った青年。いかにも裕福な育ちの青年なのですが、訳あり感満載です。

 

 

ジェイミーとクレアが便宜結婚し、彼の身内からの微妙な疑いを排除、彼女のイングランド側からの「スパイ容疑」の「拘束」「逮捕」を回避するのが、このシリーズ第一作目のキモ。

 

 

クレアはイングランド出身なのは、明白。

「怪しい女はイングランド側に引き渡せ!!だって、俺らの国民だろう」という、イングランドの兵士の要求もクレアがジェイミーと結婚し、スコットランド籍になったので手も足もでません。

 

 

 

 

夫を元の世界に残してきているクレアは、罪の意識にさいなまれながらも、生き延びるためにジェイミーとの結婚を選択し、ベッドをともにする自分に少々葛藤しますが、ジェイミーに、どんどん惹かれていきます。

 

 

そして年下ジェイミーは彼女を、命に代えても守る!と言い切り、結婚の誓いを硬く実行するのですが・・・

 

もう、このヒーローの男ぶりの上がりっぷりに、ヨロメキまくり。

超カッコイイにも拘わらず、清廉潔白。年下ながらも、力のかぎり、命を懸けてクレアを守り切ろうと、全力で頑張ります。

 

現代にクレアには、現代に夫がいることもしらず・・・ああ、私もジェイミーのような年下の男の子(もとい男性)に守られたい!!(本音がポロリ)

 

 

この二人、お互いに幸せに暮らしました!で、終わらず、イングランドの兵士、クレアの夫にそっくりな男(夫の祖先)が、二人を引き裂くために、汚い手をつかってきます。

 

 

 

ジェイミーと浅からぬ因縁のあるイングランドの大尉ランダル。

彼の目的はクレア?それとも・・・・。

 

 

 

数年前に映像化され、DVDも発売されてるのですが、クレアとジェイミーが結ばれるシーンはとっても評判が高いです。

とにかく映像がきれい。

 


ただ、ストーリーはというと、やっぱり原作の方が好きですね。原作はジェイミーはクレア一筋ですが、映像では若干クレアと対抗馬の女性の間で揺れる男心が描かれています。

やっぱり、彼にはクレア一筋であってほしい(笑)という願望が・・・

 

 

 

私も見ましたが、ジェイミー役のサム・ヒューアンと、クレア役のカトリーナ・バルフの絡みが、イケメンと美女で超素敵でした。イケメン万歳!

 
ストーリーには暴力的なシーンもありますので、苦手な方はご注意くださいね。

 

 

ペニー・ジョーダン『穏やかな彼』を読んだ感想

コンピューターコンサルタント会社経営のジョンと秘書ソフィロマンス。

 

 

その世界にかけては権威的なジョンに好意をもってるソフィ。好意といっても、恋愛的な感情ではなく、とっても穏やかで温厚な彼の性格と、いかにもオタクで人畜無害な雰囲気が安心(笑)
ところが、そんな風に思っているのはソフィだけ。

 

意外や意外、オタクで野暮ったい彼女のボスはモテモテらしいと知り、びっくり仰天。穏やかな彼だからこそ好きなのに、そうじゃなくなったらどうなっちゃうの?

 

 

彼女のボスは、とんだ食わせモノ。演技派ヒーローが楽しめる作品です。

 

 

謎めいたヒーロー。彼は本当にオタクなのか?!

コンピューターコンサル会社(今でいうとITコンサル?)の会社社長ジョン。彼は、なんとも野暮ったく分厚い眼鏡に、ヨレヨレのくたびれた服が定番。夏なのに、ウールのシャツをきちゃってるような男性です。

 

 

そんな彼は仕事に夢中になると、整理整頓そっちのけ。

 

 

天才肌によくありがちな行動をとり始めるのですが、そんなときに活躍するのは秘書ソフィです。しょうがないな、と思いながら彼のお世話にやりがいを見出しています。

「財布もった?」「チケットもった?」とお母さんみたい。


ソフィは、エキゾチックな雰囲気なセクシー美女ですが、全く自分に自信がなく、さらに男性不信です。

 

 

彼女の母親は小さくてかわいい雰囲気のリボンとフリルをこよなく愛する家庭的なタイプ。ことあるごとに、自分に似て生まれなかったセクシーなソフィを、ディスってきます。

 

 

そこに便乗して、彼女をいたぶるのはソフィの初めての恋人のクリス。彼とソフィは、父親同士が友人で、彼女が少女の頃からの知り合い。母親は、このクリスとソフィが結ばれてくれたら、なんて素敵なんでしょ、と夢見ていたのですが、そうはうまくはいきません。

 

 

このクリスってやつは、ソフィを言葉で痛めつけてくる、いけ好かない野郎。彼女が若い時、言葉巧みに遊んだあげく、ポイ。

その後も「君なんて女の魅力ゼロ!」「全然よくなかったぜ」と嫌らしい言葉を投げつけてきます。顔は生かしたハンサムでも、中身は、へどがでる輩です。

 

母親の期待にそえず、さらに母親の大絶賛クリスから、見下され、もうソフィのプライドはズタボロ。

 

 

そんな男性不信のソフィが、唯一安心できるのは、人畜無害男のジョンなのです。彼に欲求があるなんて、信じられない(笑)とおもいながら、お世話を差し上げるのが、彼女の唯一のやりがい。

 

 

セクシー美女が、お世話さしあげるニセオタクって、なかなかそそる設定じゃありません?

 

 

 

オタクにセクシーさを感じるヒロインの戸惑いが面白い

ところが、ソフィは、彼の自宅に出向いた時、意外な一面をかいまみてしまいます。

ジョンにオネツをあげてる若い女の子がいたと知ります。

 

 

ジョンは、彼の兄の忘れ形見の遺児二人、10歳のデビットと8歳のアレクサンドラを引き取っており、未婚ながらもパパでもあります。このオマセな二人から、彼らのベビーシッターが、次々とジョンに熱を上げてしまっていると、聞かされるのです。

次から次へとですよ。

 

 

オネツをあげる→解雇→次の人やとう→オネツ→解雇の負のループらしい。

 

 

 

そういえば、ジョンは長身で、あの野暮ったい服の下は、ちょっとセクシーな雰囲気を感じる・・・かも?

 

このあたりから、「男なんて」の方針のソフィーが、ジョンを見る目がかわり、妄想が膨らんでいくのが実に面白い。そんな時に、ジョンから思わぬ申し出をされます。

 

 

「僕と結婚してくれないか」

 

ベビーシッターがいつかないのが目下の悩みの彼が、なんと!二人の幼子の面倒をみつつ、仕事をサポートしてくれるソフィに結婚相手の白羽の矢をたてました。

 

 

ちょっと信じられない展開ですが、ソフィはじっくりかんがえます。

 

 

このまま男性不信で結婚の見込みがなければ、自分の子供は持てない。なにより、温かい家族が欲しい。そして、何より、人畜無害そうなジョンなら・・・便宜結婚もアリ?

もちろん、寝室は別ヨ、の約束で。(んな、わけないじゃん。と突っ込みありで読んでください。)

 

 

 

 

ああ、可哀想に。ソフィーの思惑は大きく外れ、IT界の寵児の戦略にまんまとはめられたことに気がつくのは、ずっと後半になってから。

 

 

全般的におじゃま無視登場回数も多く、ドSのクリスや、性格が病んでいるジョンの仕事関係の女性リリアン登場で二人のロマンスは前途多難。このクリスとリリアンのお邪魔具合といったら、洒落にならないレベル。ちょっと怖いくらい・・・・かなり引きますよ。

 

 

▼こちらの記事も読まれています▼

 

リサ・クレイパス『冬空に舞う堕天使と』<壁の花シリーズ3>を読んだ感想

リサ・クレイパス『冬空に舞う堕天使と』<壁の花シリーズ3>を読んだ感想

リサクレイパス ヒストリカル作品<壁の花シリーズ>の第3作目を紹介します。

 

 

今回のヒロインは、壁の花メンバー 内気なエヴィー。内気な彼女は、会話をすると、うまく言葉がでてこず、つっかえてしまいます。貴族の殿方からは、彼女との会話は勘弁願いたいと、残酷なコメントをされてしまう彼女。

 

 
ヒーローはウェストクリフ伯爵の幼馴染 セントヴィンセント卿。

 

 
彼と30分過ごしただけで、汚れた女のレッテルをはられてしまうというモテ男の噂の持ち主。危険なモテ男セントヴィンセントと内気なエヴィーの切ない愛の物語です。

 

 

 

 

前回までのあらすじ

ストーニー・クロス・パークでの出来事。

リリアンとウェストクリフ伯爵の距離が縮まりつつある中、突然リリアンが連れ去られます。

犯人は、ウェストクリフ伯爵の幼馴染セントヴィンセント。彼は、裕福なリリアンとの結婚で、破産に瀕した自分の窮地を、なんとかしようと考えていました。
彼女の気持ちを自分にむけたいと、強引に連れ去りました。

間一髪でリリアンはウェストクリフ伯爵に助け出だされます。セントヴィンセントは、計画が失敗に終わり、ロンドンへかえりました。

リサ・クレイパス『恋の香りは秋風にのって』<壁の花シリーズ2>を読んだ感想

リサ・クレイパス『恋の香りは秋風にのって』<壁の花シリーズ2>を読んだ感想

リサクレイパスヒストリカル作品<壁の花シリーズ>の第二作目。アメリカ人姉妹の姉リリアンと、社交界で花婿候補の筆頭ウエストクリフ伯爵のロマンス。姉妹は、婿探しのた...

 

「私と結婚してください」内気なエヴィーの切なるお願い

ある日の夜半、エヴィーはセントヴィンセントに「ある提案」をするため、彼の屋敷を訪れました。セントヴィンセントは思わぬ来訪者に驚きます。エヴィーを目の前に、自分の愚かな過ちに想いを馳せていました。
どうせ誘拐するなら勝気なリリアンではなく大人しい娘にすればよかった。自分は相手を間違えてしまった。
セントヴィンセントのエヴィーに対する批評は辛辣です。自分を目の前にして、動じないエヴィーに対し

 

 

「泣き出すか、赤くなるかしないなんて、おつむが足りないか、神経が太いんだ」
「スタイルの悪い、赤毛のやぼったい娘」

エヴィーは、つっかえながらも屋敷に訪れた理由を伝えます。

  • 自分には、離れて暮らす父親がいること。
  • 父親は病に伏していて、長くはないこと。

 

 

なかな本題に入らないエヴィーにセントヴィンセントは「そろそろ退屈してきた」
エヴィーは、つっかえながらも続けます。

 

 
親戚の家に世話になっており、父親に会わせてもらえない。
どうしても、父親の最後を看取りたい。

 
そして、親戚の息子と結婚をさせられ、自分が相続するであろう財産を横取りされてしまうこと。
最後にエヴィーは、強さを見せセントヴィンセントに伝えます。
「私はあなたに結婚の申し込みをしているのです」
エヴィーの父親は元闘拳家で、賭博クラブの「ジェナーズ」のオーナー。母親は、すでになくなっており、男親だけで娘を育てていかなくてはいけなくなった娘を心配し、エヴィーを彼女の母親の親類に預けたのでした。
それが裏目にでて、エヴィーは親戚の家でひどい扱いをうけていました。

 

 

セントヴィンセントにとっては渡りに船でした。このままでは破産すること間違いありません。身分は高いけれど、金はない。しかも、良質な生活になれきってしまっているときています。
二人は便宜結婚に同意をし、急いでスコットランドに向かうことにしました。
そして、法的に有効な結婚とするため、事実上1回だけベッドをともにする約束をしたのです。

 

退廃的なヒーローと内気なヒロインのアンマッチが絶妙な味

 

今回は賭博クラブ ジェナーズが舞台。荒くれものの喧嘩や、銃撃などエピソードは刺激的です。

 

全体として、中だるみもなく、のめりこむように読め、シリーズ一押し作品です。

まぁ、セントヴィンセントは、悪いやつじゃないけど、金づかいは荒いわ、女にだらしはないわ、友人の婚約者の誘拐未遂をやらかすわ、の人物で、ちょっとした子悪党。

 

 

 

それが、いかにも痛々しい様子のエヴィーと心を交わし、男として、人として一回りも二回りも大きくなっていく過程が見どころです。

 

 

まぁ、この結婚も、最初は財産目当てなんですけどね(笑)きっかけと、スタートがゲスイ感じだからこそ、自分自身の生き方への後悔や、ヒロインに相応しい男でありたいと強く思う場面は、心が動かされます。

 

 

愛って偉大。
終盤、お互いの想いを確認するシーンは、グッときます。エヴィーの気持ちは「あなたを愛しています」とストレート。
一方、セントヴィンセントはエヴィーを愛するが故に、純真なエヴィーに相応しくないと葛藤します。
「もう一度、やり直すことができたなら!私はきみに似合うような男になるよう努力するのだが」
愛するが故の葛藤と苦悩をしばし堪能。胸キュン、シリーズ一押しです。

▼シリーズ次回作はこちら▼

リサ・クレイパス『春の雨にぬれても』<壁の花シリーズ4>を読んだ感想

リサ・クレイパス『春の雨にぬれても』<壁の花シリーズ4>を読んだ感想

<壁の花シリーズ>より第4作目。今回のヒロインは、壁の花メンバー夢見がちなデイジーです。デイジーの家族ボウマン一家がストーリーのメインになります。「もしも、私が...