タグ:美女と野獣の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

キャスリーン・E・ウッディウィス『冬のバラ』を読んだ感想

キャスリーン・E・ウッディウィス『冬のバラ』を読んだ感想

ヒストリカル・ロマンスのファーストレディの呼び名に相応しいキャスリーン・E・ウッディウスの作品。昼ドラにしても申し分ない、典型的なザ・ロマンスです。

冷たい風が吹きすさぶ季節に萌えいずる真紅の薔薇。
まさにヒロイン エリエンヌそのもの。

 

 

 

母親は死に別れ、賭博ぐるいの父親と、身体の不自由な弟と三人で、貧しい暮らしをしていますが、凛とした風格はまさに貴婦人。彼女の行動はおろかでもあり、そして気高くもあります。

 

 

 

ソフトバンク文庫から、上下二冊で発行されています。ちょっと長いので、序盤中だるみもありますが、エリエンヌの競売にかけられる場面から盛り上がりますので、ご安心を。

 

父親は名ばかり町長。貧しさのあまり動物のように競売にかけられるヒロイン。

エリエンヌは、美しさ故に様々な苦境に陥りますが、この娘、ちょっとやそっとじゃへこたれません。浅はかな父親は自分の賭博の借金のカタをつけるために、彼女を金持ちの家へ嫁に出し、たっぷりお金をせしめるつもりだったのですが、いやいや、なかなかやってくれますよ(笑)

 

 

紳士とは名ばかりの婚約者候補の男たちは、香り立つようなエリエンヌの身体だけが目当てで、それはそれは、舌なめずりしながら彼女の若さと美しさを堪能しようと手ぐすねひいています。

 

 

この不潔!!と、エリエンヌは紳士たちをぴしゃり。暖炉でつかう鉄の棒をもって、悪い輩と応戦したり、理不尽だと思えば身の危険を顧みず、家を飛び出してしまいます(笑)

 

 

気骨があるというか、なんというか。ま~、この威勢のいいこと。

 

 

結局、どんな候補を連れてきても、娘がはねつけるので、父親は彼女を「嫁としていらんかね?」と競売にかけることにします。
酷い。牛や馬のセリのようです。

 

 

それでもエリエンヌは負けません。ただ、実の父親にそんな仕打ちをされて傷ついた心を隠し、最後まで気位たかくせり台にのっている彼女は実に哀れです。

「好き」と言えない彼女の想い人は父親と弟の仇

彼女の父親は、いかさま賭博の常習犯。

 

 

そのいかさまを見破ったのはアメリカからやってきたクリストファーです。彼はいくつもの商船を持つ大金持ち。そして当然ながらモテ男です。

 

 

父親の名誉を守るためと、エリエンヌの弟はクリストファーと銃で決闘。
その時に負傷した怪我が元で、腕が不自由になってしまいました。

 

 

 

憎きクリストファー!!!

もちろんエリエンヌは、自分の父親が、いかさま賭博の常習犯だとは知りませんし、弟も父親を信じ切っています。
クリストファーに対して、最初こそ敵意むき出しなのですが、実際会ってしまうと彼の男の魅力にまいってしまって、口ではいろいろをいいますが、恋心はつのるばかり。
そして、彼も美しいエリエンヌに夢中になり、浅からぬ因縁の一家の娘としり残念に思います。

 

 

その後、何度も、クリストファーは彼女に結婚を申し込みますが、ゲスい父親は「お前にだけは結婚を許さん」断固として認めません。エリエンヌ自身も、クリストファーをつっぱねます。

 

 

 

そんな彼女にひとこと「誇り高く、愚かだな」(たしかに)

競売にかけられた方がいいという、彼女は実に愚かです。うそばっかりエリエンヌ。

後悔するなよ~(笑)

 

火事で行方不明だった謎の男 サクストン卿登場

彼女を競売でせりおとしたのは、火事で行方不明だったサクストン卿。足をひきずるように歩き、顔は火傷のため、黒い革の仮面で覆っています。ジェイソンみたい?

 

 

とにかく、黒衣と仮面、手袋で覆われた彼は不気味そのもので、エリエンヌはサクストン卿の「妻」となることに震え上がってしまいます。

 

 

ところが、このサクストン卿。なかなかの紳士。エリエンヌの心の準備が整うまで、実施的な結婚は待つよ、と言ってくれます。でも、彼が強くエリエンヌを求めているのは一目瞭然。みかけだおしの紳士たちに、身体をなでくりまわされてきたエリエンヌは、彼の穏やかで誠実な態度に少しずつ心を惹かれていくのですが、ここで彼女の気持ちは揺れ動きます。

 

 

イケメンで、モテ男のクリストファーが、モーション。いいのか、不倫だぞ(笑)

 

 

 

姿形が醜くも、彼女を淑女のごとく扱ってくれる、真の紳士 サクストン卿か。
それとも、結婚してからも強く彼女を求めるクリストファーか。

 

 

 

いけないと思いながらも、二人の間で揺れ動くエリエンヌ。

 

 

 

そうこうしているうちに、サクストン卿がかつてあった火事について犯人捜しが進みます。屋敷や親族たちが火にまかれ、多くをうしなたあの悲劇。そこにサクストン卿だけではなく、クリストファーも関係しているらしい。

 

 

上巻はプラトニック。下巻は、サクストン卿と実質の夫婦になり、それでもクリストファーに惹かれる恋心が描かれ、やや濃密。
人によっては設定NGかもしれませんので、ご注意ください。

私は大いにもりあがりました。ああ、ネタバレになっちゃうので、これ以上かけないのが残念です。バレバレだと思いますが、やめておきます(笑)

ロレッタ・チェイス『悪の華にくちづけを』を読んだ感想

ロレッタ・チェイス『悪の華にくちづけを』を読んだ感想

男勝りならぬ男に勝ってしまってるヒロイン ジェシカと、身体は大きく、醜い(と自分で思っている)、でも心は少年のヒーロー デイン。

 

 

美女と(みかけ)野獣で、かなりおいしい設定です。

 

RITA賞(ショートヒストリカル部門)受賞の作品です。
二人の出会いから、心を通わせるまでの甘く切ないストーリーです。

 

 

弟の放蕩生活に喝をいれるはずが、ヒロイン心ならずも一目ぼれ

舞台は1828年 パリ。

 

ヒロイン ジェシカは、弟が、堕落した生活をおくりつつあると聞き、弟をつれもどすためにパリにのりこみました。
ぼんくら弟は、たちの悪い連中と付き合ってる様子。弟に喝をいれねばならない!

 

 

ジェシカは、両親を早くになくし、弟と二人、親戚の家で育ちました。
頭脳明晰、機敏さと度胸を兼ね備え、何をやらせても誰にも引けをとることありません。
容姿も端麗。27歳で(当時としては)婚期を逸してしまったとはいえ、求婚者が後をたたないモテモテ女性です。

 

何をやらせてそつなくこなす、才色兼備とはジェシカのこと

一方、今回のヒーロー デインは、弟を連れまわしている悪の輩のリーダー的存在。
良心を持ち合わせず非情で無頼漢。そんな不名誉なレッテルをはられ、放蕩のかぎりをつくす生活をしていました。

 

 

ジェシカのぼんくら弟が、この二人の出会いのきっかけとなります。
デインはジェシカと初めて会った時、彼女の全身からにじみ出る美しさに胸うたれますが、同時に自分の醜い姿を意識し心を閉ざしてしまいます。豪快な言動とはうらはらに、彼はとっても繊細なんです。

 

 

でも、そこは大きな勘違い。ジェシカは、弟をたぶらかす悪の輩を「不格好なゴリラ」のような男と想像していたのですが、実際にデインをみて、その男ぶりに一目ぼれ。たくましさに惹かれるジェシカのハートは、彼にくぎづけです。

 

序盤から、二人は完全に相思相愛。お熱いことこのうえなし!

 

 

 

ところが、ヒーロー側の心の傷が深く、一筋縄では両想いにはなりません。紆余曲折あり、男前のヒロイン ジェシカは、デインの強がる姿や虚勢をはる姿から、彼の本質を見抜き、おおらかに時には強く接します。さすが、才色兼備の評判は、ダテじゃりません。

 

時には優しく、悪い事をすればお仕置きもします。

姐さんのお仕置きは、ケタ違い。お仕置きのすごさも見どころの1つです。

 

 

雨の中のラブシーンが素敵すぎてキュン死

 

なんといっても、一押しシーンは雨の中のラブシーン。
ストーリー序盤、まだまだ二人がプラトニックだったころ。ある時ジェシカは、デインの女関係目撃してしまいます。二人は確かな約束をした仲ではありませんが、がぜん面白くありません。

 

 

 

 

怒り冷めやらぬ様子で、目撃現場から飛び出し、嫉妬とやるせなさで、どうしようもない。
デインはジェシカを追いかけ、雨の降る街中二人は喧嘩をするシーンが秀逸。夜更け前、街灯の明かりが薄暗くてらされる道端。
「酔っ払い」「ろくでなし」ジェシカはデインをなじります。

 

 

それまで強気だったジェシカの可愛すぎる一面。勝気な才色兼備が、嫉妬でしくしくなくんですよ。
デインは、雨に濡れるジェシカの癇癪をおこす姿が、あまりにも美しく、抱きしめたら壊れてしまいそうだと葛藤しながらも、彼女を抱きしめ甘い言葉をささやきます。
降りしきる雨も気にせず、ジェシカを抱きよせる姿に(私も)メロメロです。

 

 

これぞロマンスの醍醐味!
隠していたお互いの気持ちが溢れ出る描写がとっても素敵です。
あと、サブ的なストーリー的な見どころとしては、ぼんくら弟はたいした登場もないくせに、頻繁に話題に上ってくるのも面白いですよ。

 

 

馬鹿にされ具合も痛快です。