この記事は約 3 分で読めます

ダイアナ・パーマー『トム・ウォーカー』<テキサスの恋18>を読んだ感想

テキサスの恋18作目。投資カウンカウンセリング会社経営のトムと、彼の元秘書イリ―ジアのロマンス。

 

かつてトムがニューヨークの広告代理店に勤めていた頃、イリージアは彼の秘書でした。
近寄りがたい雰囲気のトム。イリ―ジア憧れのボスです。

 

ある日、トムは酒に酔い、その勢いでイリ―ジアとベッドをともにします。愛を交わしたのに、トムの態度は冷ややか。イリ―ジアに言葉もかけません。

 

イリ―ジアは恥ずかしさにいたたまれず、会社を退職し故郷のジェイコブズビル帰ります。そして、数年。トムが、投資カウンセリング会社を設立するため、ジェイコブズビルにやってきました。

 

 

一方、トムと別れた後、故郷ジェイコブズビルでイリ―ジアは結婚、子供が一人。夫とは死別。

 

 

小さな町では、誰もが顔見知り。気まずいけれども、お互い避けられません。
誤解されてしまったトムのちょっと可哀想な物語です。

スポンサーリンク

 

『トム・ウォーカー』<テキサスの恋18>を読んだ感想

 

 

愛する人には、素直に、正直に(笑)

 

 

トムは、ちょっと見栄を張ってしまい大きな代償を払う羽目になりました。それが気がついたのは、ジェイコブズビルでイリ―ジアと再開した時。

 

 

トムが唯一愛した女性イリ―ジアは、すでに結婚し子供もいるらしい。かつての切ない記憶がよみがえります。

 

会社を退職するイリ―ジアを、見送るしかなかったトム。冷ややかな態度は、実は掛ける言葉がなかっただけ。

 

それは、何故か?彼は自分が童貞だった事実を恥じていたから。押さえきれない欲望に身を任せた、罪悪感にいたたまれなくなっていたからです。

 

当時、トムは28歳。ニューヨークの広告代理店に勤める将来有望なビジネスマン。オフィスの女性が彼を狙っている、そんなイケてる彼が童貞なんて!

 

そこには、ちょっとお気の毒な理由がありました。トムの兄妹は、長年にわたり父親から「性」を抑圧されてきたのです。彼が欲望を感じれば、感じる程、罪悪感は募る。結局、父親の刷り込んだ「欲望=悪」のイメージが振り払えず、未経験のまま28歳を迎えたワケです。

 

彼のバックグラウンドをイリ―ジアは知る由もなく、トムに遊ばれ捨てられたと勘違い。
そして、その誤解を抱いたまま、現在に至ります。

 

知り合いの勧めもあり、ジェイコブズビルで会社を設立するトム。素直になれない彼は、イリ―ジアを見るたびに胸が痛みます。

 

彼の唯一の忘れられない甘い経験。ああ、可哀想。カミングアウトするには、遅すぎる。しかも、彼女は別の男と結婚して、娘までいる(夫とは死別)

 

彼女が手掛けはじめたビジネスも順調そう。取引先の男とも、なんだか親しい様子。
トムは嫉妬にかられます。

 

なんとも、彼の葛藤がじれったい。なまじ、イケてる人だから真実が言いにくい(笑)

 

 

ストーリーが進み、イリ―ジアの秘密が明らかになり、一転、トムが彼女をリードします。

 

彼女の結婚の真実とは?
どうして、イリ―ジアの娘と自分の妹がそっくりなの?

 

イリ―ジアを温かく支える彼女の兄ルークの働きでハッピーエンド。彼女も未経験だったと、彼女の兄から情報を仕入れたらいきなりイリ―ジアに強気です(笑)

 

トム、もじもじしてたのにさ~

 

ちょっと突っ込みどころのあるトムの嬉し恥ずかし初体験の作品でした。愛があればノープロブレム。

*『あの夏のロマンス』には以下の2編が収録されています。ご注意ください。
・テキサスの恋18『トム・ウォーカー』
・テキサスの恋19『ドルー・モーリス』

 

  • ◆テキサスの恋の次作は・・◆第19作目 『ドルー・モーリス』
  • ジェイコブズビルの地域医療をささえるドクター ドルー・モーリスと、彼の病院の受付秘書キティのロマンス。ドル―は、かつて深く愛した妻を病気でなくしました。
    その悲しみからか、オーバーワークの毎日。そんな彼の病院に、タンポポのような可愛らしい受付秘書がやってきました。