この記事は約 3 分で読めます

リサ・クレイパス『トラヴィス家シリーズ』の情報まとめ

リサ・クレイパス「トラヴィス家シリーズ」の情報をまとめました。シリーズの簡単なあらずじと、順番など。再読する方への参考にもどうぞ。リサクレの渾身のコンテンポラリー作品です。

 

トラヴィス家シリーズ新作『やさしさに触れたなら 』

 

 

Amazonの紹介文です。2015年12月に、新しい作品が発売されてます。

 

新進気鋭のウエディングプランナーであるエイヴリーは、パーティーで出逢った大富豪トラヴィス家の三男ジョーと意気投合し、一夜を過ごす。

その日からジョーの熱心なアプローチを受けるも、彼の誘いを断りつづけるエイヴリー。実は、数年前に哀しい終わりを遂げた恋が、今もなお彼女の心に傷を残していたのだ。

そのつらい経験を糧に、エイヴリーは人の幸せを裏で支える仕事に邁進してきたものの、自身の幸せな未来を想い描くことはできなくなっていた。

そんな彼女の癒されない心を知ったジョーが、そっとそばに寄り添ううちに、ふたりの歩幅はゆっくりと合っていく。ところがその頃、エイヴリーに人生を一変させる大きな仕事のチャンスが舞い込み……。

運命の恋に心ときめく、大人気《トラヴィス家》シリーズ待望の最新作!

 

 

リサ・クレイパス トラヴィス家シリーズ を初めて読む方へ

 

リサ・クレイパスといえば、作品全体に漂う甘い雰囲気と、丁寧な描写が魅力。でも、ちょーっと一味違うロマンスに仕上がってるのがこの作品。

 

甘く優しい雰囲気はどこへやら。お手に取る方を選ぶような重いエピソードを織り交ぜており、NG設定が厳しい方だとちょっと躊躇する作品もあります。

 

主人公は、大富豪のトラヴィス家の兄妹たち。パートナーは重い過去をもつ人たちばかりです。作品によっては、読み進めるにしたがって、ズーンときますがな (´ε`;)ウーン…

 

 

「トラヴィス家シリーズ」こーんな人にお勧め

  • 心にズシンとくるロマンスが読みたい
  • コンテンポラリーでも、やっぱり身分差
  • リサ・クレイパス作品コンプリしたい

好みがむっちゃ分かれます。他の方の感想みてみると、このシリーズ大絶賛ですが、私は、読むと、正直、ちょっと憂鬱な気分になっちゃう。多分、作家さんの力量がすごいんだと思う。

 

なので、

  • ・長ーいのが苦手
  • ・ハッピーな読書感覚がスキ

という方は向かないかも。

 

モラハラやDVなどもあるので、人によってはNG設定かもデス。私、会社でモラハラされてたことあるんで、2巻目よんでて気分悪くなりました。

 

 

そう聞くと、びびっちゃいますが(笑)人生に前向きで、自分らしく生きようと頑張るヒロインはヒストリカルと共通してます。困難に直面するヒロインの健気さに涙し!応援したくなる作品に仕上がっていますので、ガッツリしたロマンス作品を読みたいっていう方は是非どうぞ~。ストーリーは、むっちゃイイハナシですよ!

 

kindle化されてます~。次々と電子書籍化していただいてるので、助かってます。

 

トラヴィス家シリーズ1 夢をみること

前半は、ヒロインの貧困と暴力と隣り合わせのトレーラーハウス生活や、ティーンエイジャー時代の淡い初恋が描かれています。ヒーローとの出会いはかなり後半になってから!2巻とセットで読むと味わい深い。

 

 

 

 

トラヴィス家シリーズ2 幸せの宿る場所

1作目のヒロインの初恋の相手ハーディがヒーロー。お相手はトラヴィス家のご令嬢ヘイヴン。ヘイブンはクズ男と、半ば駆け落ち結婚して悲惨な結婚生活・・・・・。その後、ヒーローハーディーと出会って、というストーリー。

 

「富と権力と金を手に入れるためなら、なんだってやってやる」

 

のし上がり系ヒーローの野心とやみ深さは底なし沼。

 

 

トラヴィス家シリーズ3 もう強がりはいらない

前2作品と比べると、やや明るめの雰囲気の作品。

 

コラムニストで生計を立てるエラは(自称)自立した女性。ところが私生活では、自分勝手な母と、奔放な妹のトラブルを一手に引き受ける損な役回り。

 

母親と妹の尻ぬぐいに奔走してる途中に、トラヴィス家の兄弟と知り合ってというストーリー。ヒーローのものすごい財力と包容力に、クラっときます。

 

 

 

★おすすめシリーズ作はこちらから!

⇒『ロマンス小説 シリーズ作品の情報まとめ