カテゴリー:未分類
ホームPage 2 / 41234

大学生ジェンマとイタリア人伯爵ヴィットリオのロマンス。

 

父親の仕事の付き合いでイタリア人伯爵をおもてなしするジェンマ。母親が小さい頃に亡くなり、小さなころから女主人として家を切り盛りしています。

 

ジェンマはセクシーなイタリア人伯爵にひとめぼれ。ヴィットリオも、かつてない情熱を感じ二人は一気に惹かれあうのですが…。

 

ジェンマ兄のダメさ加減が半端なく手がつけられない。こいつのせいであらぬ誤解をジェンマはうけてしまい、ヴィットリオから「尻軽女」の烙印を押されてしまいます。

 

父親がなくなり、突然兄も亡くなり、天涯孤独の身の上になってしまったジェンマ。兄の葬儀で登場するかつてに恋のお相手ビットリオは、彼女に驚きの事実を伝えます。

 

兄はジェンマの預金に手をつけており、さらにヴィットリオに借金をしていたのです。

 

屋敷も抵当にはいってしまい、住むあてもない。大学生活も続けられるのか。

途方にくれるジェンマに救いの手を差し伸べたのはビットリオ。

 

いかにもハーレクイン的なストーリー展開がお好きな方はぜひどうぞ。

 

 

『氷の女王』を読んだ感想

 

ジェンマの兄は女にだらしなく、金づかいもあらい。父親がなくなり、ビジネスを引き継いっだ時も真面目に仕事をするわけでもなく、金ばっかり使うようなダメな奴。

 

そんな兄と、ビットリオの親戚の女性が結婚したこともあり、ジェンマにとってビットリオは単に父親のビジネス仲間という男性ではなく、姻戚関係でもあるんですね。

 

兄の葬儀にきたのも、一緒に亡くなった兄嫁の葬儀にでるため。ヴィットリオにとって親戚になりますからね。

 

ジェンマはかつて、ビットリオから手ひどくあしらわれた記憶があり、頑なな態度をくずししません。彼女の態度はまるで氷の女王。

 

ビットリオは、とある誤解からジェンマを「尻軽女」と誤解をするのですが、金もなく、行く当てもないジェンマを見捨てるワケにはいきません。なんたって、本当はすきなんですから(笑)

 

ぼんくら兄の放蕩ぶりから考えて、ジェンマもどうせ同じだろう、と決めてかかる態度はゆるすまじ。イタリアにジェンマを連れて帰り、ビジネスを教えこむという名目でアチコチ連れまわします。

 

ビットリオは、おりにつけジェンマをこき下ろすし、ジェンマも氷の女王ですから、頑として本当のことを言いません。

 

ビットリオの弟と、ジェンマが、ちょっと自分の見てないところで会話しようものなら怒り心頭。悪女から、弟まもるのだ!とかなんとかいってますが、単なる嫉妬ですよ。嫉妬。みぐるしいなぁ(笑)

 

結局、彼女が尻軽だったという事実はなく、まぁ、アレですよ。ストーリーが進み例の定番の方法で証明されて、驚きのビットリオ。

 

「なぜ言ってくれなかったんだ!!」と驚きと嬉しさに興奮気味で、ハッピーエンド。

 

「いってくれない、と詰るけど、いっても聞かなかったでしょうよ!」と突っ込んであげてください。

建築家ベネディクトと、彼の執事ヴァネッサ。

 

彼の別宅の切り盛りを任されているヴァネッサ。女性執事として、屋敷をきりもりします。いかにもお堅い風情で、屋敷の主ベネディクトとは、常に一線をひいた態度。

 

それはそのはず。

 

彼女は、ベネディクトから直接やとわれたわけではありません。屋敷の所有者だった、とある老判事に雇われた身。彼女が雇われて数年後、老判事が亡くなってしまい、老判事の遠縁のベネディクトが屋敷等を相続。屋敷等の相続の一部として、執事ヴァネッサがついてきた、という曰く付きの雇用関係なのでゴザイマス。

 

なので、ベネディクトは「なんか、愛想もないヒョロヒョロした女の子だな~」というくらいにしかヴァネッサをみていない。

 

ところが、ベネディクト34歳の誕生日に、とある事件がおきます。彼の隠れ家的なヴァネッサの管理する別宅にこっそりいってみると、なんと彼のベッドに、見知らぬ金髪美女が寝てるではありませんか。

 

 

親友から「プレゼントとどいたか?」という電話もあり、完全無欠のベネディクトもドキドキ。美女の贈り物??

 

 

 

その日の夜は、眠りについている金髪美女に手を出すこともなく、そっと彼女の横に身をよこたえ、「明日、彼女が目を覚ましたら・・・」と思春期の少年のような妄想を抱いて眠りにつく彼。

 

その妄想は、金髪美女の正体がわかるまで(笑)。ときおりクスッと笑える可愛いロマンスです。

 

『眠り姫をプレゼント』を読んだ感想

 

このヒロイン ヴァネッサ。かなりの長身です。ストーリーを読むとわかるのですが、ベネディクトより3センチほど背が高いらしい。珍しいですよね。

 

34歳の誕生日に、親友から届けられた金髪美女の正体はヴァネッサ。もちろん!!な展開です。

 

でも、それはベネディクトの勘違い。彼の元には、親友から、レアな車が届いており、親友のプレゼントは車だったのです。

 

でも、ちょーーーど、自分のベッドで金髪美女発見!!の時に、親友から電話がかかってきたので、ベネディクトは勘違いしちゃったんですね(笑)

 

その日は、ヘトヘトになってたので、彼女に手をだすこともなく就寝。ちょっとおさわりするくらい。目を覚ますと、金髪美女はおらず、あれは夢かまことか?ということで、金髪美女の正体を探ろうとします。

 

一方、そんな彼の気持ちもしらないヴァネッサは、よっぱらって雇い主のベッドで眠りこけてしまったのを恥ずかしく思っており、真実をいえず。

 

 

ベネディクトが金髪美女の正体が、自分だと気が付かないのをこれ幸いに思うヴァネッサ。「金髪の女性はいなかったか?」とベネディクトにきかれても「幽霊じゃないですか?」とおとぼけでやり過ごします。

 

 

でも、彼女は彼女の方でモンモンとするんですよね。ああ、ベネディクトにどこまでさせちゃったの?って(笑)考えすぎですよ~。こちらも妄想。

 

結局、金髪美女の正体は中盤でばれっちゃうんですけど、そのやりとりもコミカルで面白しろい。若干、ヴァネッサの過去が痛々しいのを除けば、超カワイイロマンスでした。

 

弁護士ダークと別居中の妻ローラのロマンス。元サヤものです。

 

 

ダークとの間に子供きず、それが原因で別居。独身生活にもどったようにダークは華やかな美女たちと、とっかえひっかえの生活。

 

そんなダークの姿をチラ見しながら、唇かみしめるローラの胸にはいつしか再び彼への恋心が。子供のこと抜きで、彼にとベッドをともにしたら…

 

奇抜なオチに顎がはずれます(笑)ヒーローの戦略には賛否両論という印象ですね。

 

⇒傷だらけの結婚指輪 (ハーレクイン文庫)の詳細をみる

『傷だらけの結婚指輪』の感想<完全 ネタバレ>

 

完全ネタバレいきますんで、ネタバレ嫌な方は即効閉じてください( ˘•ω•˘ )

 

 

ヒロイン ローラが子供を熱望するあまり、夫婦の間に亀裂がはいります。

 

子どもがどうしても欲しい!!!

 

その気持ちは、ローラ自身の母親から影響によるんですが、彼女の悲しいまでの気持ちを知り夫ダークは、秘密の作戦を決行。

 

なんていうか個性的な解決方法ですよ。しかもアイディアはテレビ番組みてですって(笑)

 

結局、美女たちのとイチャイチャしてるのを見せつけて、ローラの嫉妬をあおる

  • ⇒子どもをつくることは別にしてベッドをともにする
  • ⇒彼を本当に心からうけいれる
  • ⇒結果として子供ができるはず

 

と、いうなんとも奇妙な作戦。

 

 

終盤ネタバレしても「マジすか」という印象(笑)それでヒロインが納得してるからいいんでしょうが、

 

「なんとしても君を妊娠させてあげたかった」だって~。うーん。私なら納得しないけど。どうでしょう??

交通事故で記憶喪失の女性ザーラと有名作家トールのロマンス。

 

記憶喪失のザーラの前に現れたのは、彼女の夫と名乗る男性とザーラの親友となのる女性。しっくりこないけれども、二人を信じるしかない。

 

奇妙な3人での生活は、新天地ではじまります。有名作家の元で、ザーラは秘書として、親友となのる女性は家政婦として、夫は雑用をする使用人として働くことに。

雇用主トールは、ザーラにたいして冷ややかな視線。ザーラの記憶喪失を疑い、どこかぎこちない態度をとります。

 

夫と親友もなんだか怪しくて、新しい雇い主も、思わせぶり。全般的に、薄気味悪い雰囲気がストーリーがすすむので、甘いロマンスがお好きな方は、ご注意ください。

 

⇒記憶のかけら (ハーレクイン文庫)記憶のかけら (ハーレクイン文庫)の詳細をみる

 

『記憶のかけら』を読んだ感想

 

軽くミステリータッチの作品。表紙がいかしていてシビレます。

どうです?すてきじゃありません?背景にイナズマと、白馬です(笑)

 

【登場人物】

  • ・ザーラ・・・ヒロイン 交通事故で記憶喪失
  • ・モーリス・・・ザーラの夫となのる男
  • ・シビル・・・ザーラの親友となのる女
  • ・トール・・・3人の雇い主 有名作家

 

トールの屋敷で繰り広げらる人間模様が見どころです。

 

まず、モーリスとシビルが怪しい。コソコソいちゃついてます。そして、トールは何故か?ザーラの記憶喪失を疑いつつも、モーションを。

 

ザーラは、うっすら屋敷の中でモーリスとシビルがいちゃついてるのを知っていますが、自分は記憶喪失でどうすることもできない状況。それでも、モーリスに操をたてて

トールのモーションをはねのけます。

 

どこか、トールを懐かしいと思いつつ惹かれる気持ちが湧き上がる。記憶のどこかで、何かがもどかしいと感じるけれど、思い出せそうで思い出せない。

 

そんな時、思わぬ人と偶然出会いザーラの封印された記憶が一気に戻ります。恐怖しかない記憶の先に何がまっていたのか。

 

ミステリーという程ではありませんが、先がとにかく気になるストーリー。甘めでないロマンスが読みたい方はぜひどうぞ。

 

ホームPage 2 / 41234