リサ・クレイパス『幸せの宿る場所』 <トラヴィス家シリーズ2>を読んだ感想

トラヴィス家シリーズの2作目。トラヴィス家のご令嬢ヘイヴンと、1作目のヒロインリバティのつらい少女時代を支えてくれた淡い初恋の相手ハーディがヒーロー。

 

富と権力と金を手に入れるためなら、なんだってやってやる!のし上がり系ヒーローのハーディが抱える闇が深い作品。

 

DVやモラハラがエピソードに関係していますので、NG設定の厳しい方はご注意ください。

created by Rinker
¥985 (2020/09/23 06:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

記事を読む

リサ・クレイパス『夢を見ること』<トラヴィス家シリーズ1>を読んだ感想

美容師リバティと、大富豪ケイジのロマンス。

 

幼くしてメキシコ人の父親と死に別れ、母親と二人でつつましく暮らしているハーフの娘リバティ。妹が生まれた頃、突然母親が亡くなってしまいます。

 

頑張り屋の彼女が、幼い妹と二人で貧しさから抜け出し、幸せをつかむまでのヒロインの半生記的な作品です^^

 

created by Rinker
¥996 (2020/09/22 23:23:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

記事を読む

ダラス・シュルツェ『藁くじの花嫁』を読んだ感想

藁くじの花嫁

牧場主ルークと料理上手のエレナーのロマンス。

 

物語の舞台はアメリカ、時代は南北戦争のしばらくたってから。両親が亡くなり男兄弟二人だけの牧場で、なんだか殺伐とした気持ちになったマクレーン兄弟。兄ルークは地域で花婿候補ナンバーワン!

 

男二人所帯で、仕事に一生懸命なんですが。何かと家の中がおろそかになりがち。

 

 

掃除、洗濯、家事一般を引きうけてくれて、家事をうまく切り盛りしてくれる、そんな理想の花嫁はいないだろうか、おまけに自分の跡継ぎまで生んでくれれば万々歳。

 

という不埒な理由で、兄弟、嫁探しにがんばるのですが・・・

 

⇒『藁くじの花嫁』の詳細をみてみる[RENTA]

 

記事を読む

『夜明けを待ちわびて』を読んだ感想

夜明けを待ちわびて

アメリカ金融界の寵児ショーンと看護師リジ―のロマンス。

 

華やかな名声と莫大な金を手に入れたショーンには、誰にも告げていない過去が。実は、幼少期、父親に虐待をうけていたんです。

 

一人立ちできるようになったら、父親と疎遠になるのは当然で。いまでもトラウマになってるのは、彼の誰にもしられたくない絶対の秘密。

 

そこに父親の訃報を告げる1本の電話がはいります。かつてのショーンが住んでいた家に間借りをしている女性リジーが連絡をくれたのですが・・・

 

傷ついたショーンと、かりぎない優しいリジーが心通わせるのがキュンキュン!

 

でも、なんといっても、見どころは10億ドルの資産がありながら、デートは割り勘主義のヒーロー(笑)

 

割り勘なのにはワケがある。その理由を知れば知る程、じーんと(´;ω;`)

 

⇒[小説]夜明けを待ちわびての詳細をみてみる[RENTA]

記事を読む