カテゴリー:サンドラ・ブラウンの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:サンドラ・ブラウン

サンドラ・ブラウン『言いだせなくて』を読んだ感想

サンドラ・ブラウン『言いだせなくて』を読んだ感想

牧師館手伝いのジェニーと石油試掘者ケージのロマンス。

 

 

ジェニーは幼いころ、両親をなくしヘンドレン夫妻に引き取られます。夫妻には二人の息子ケージとハルがいるのですが、夫婦は次男のハルを猫かわいがり。牧師という職業もあり、品行方正で優等生な次男を溺愛です。

 

一方、女ったらしでろくでなしのレッテルの長男ケージは鼻つまみもの。ひとかけらの愛情もかけられてません。

 

そんな、兄弟格差があたりまえの家族の中で、ジェニーは少女から大人に成長。夫婦の祝福をうけハルと、めでたく婚約したのですが、結婚を目の前にして、ハルは亡命者の救済のため内戦はげしいモンテネグロにいくと言い出します。

 

危険を承知でいくと言い張るハルに、捨て身でジェニーは「いかないで!」と伝えるのですが、そこにケージがからんで一波乱、いや二波乱?

 

もっぱらロマンス中心で、ハラハラドキドキは全くせず。サクッとよめる作品ですよ。

 

 

星をなくした夜』に登場したアツアツ夫婦のケージとジェニーの物語。『星をなくした夜』よりもこちらを先によむのをお勧めします。

『言い出せなくて』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

次男ハルは溺愛。長男は鼻つまみ。派手な車を乗り回し、女あそびに余念がない。町でも評判わるいんです。

 

でも、ケージはほんとうはジェニーに片思い中。何年も何年も、ずっと心に秘めてきています。でもヘンドレン夫妻は弟ハルを溺愛してるので、ケージは自分が割り込むすきがない。いつも、モンモンとした思いを抱えています。

 

ハルとジェニーがハッピーエンドなら、ケージもあきらめがついたでしょうが、ハルがどうやら危ない仕事に手を出すらしい。といっても、亡命者救済。

 

道徳心あついヘンドレン夫妻は、ハルの崇高な心意気に「よく決心した、さすがハル」と絶賛。でも、ジェニーとケージは、内心穏やかじゃありません。

 

 

危険を伴う行動に、ケージは弟を案じ、ジェニーは婚約者の身を案じます。やんや、やんやでもりあがるヘンドレン夫婦とハルに「反対だ!危ない!」と、二人は言い出せずじまい。

 

そこで、内線地に旅立つ前夜、ジェニーは一大決心をして、ハルを引き留めようと行動にでます。女の武器ですよ~(笑)いかないで、と彼女は大胆にも迫ります。

 

ところがどっこい、ハルはヘンドレン夫婦のご自慢の、清廉潔白な紳士!

 

 

 

ジェニーに「結婚前はいけないヨ」といって、彼女の差し出す据え膳をいただかず・・ジェニーはハルに拒否され、胸の痛みが張り裂けんほど。

 

 

彼がジェニーの部屋から出て行って、しばらくして部屋に戻ってきてくれた時には、「ああ、考え直してくれたのね」とすべてを投げ出し・・・・てしまうのですが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、まさかの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・人違い(?)

 

 

泣きくれるジェニーを優しく包み込み、すべてを愛してくれるのはハルではなく彼の兄。という展開の出だしです。

 

 

言い出せないのは「ケージ」。彼女を抱いたといいだせなくて、彼女を愛してるといいだせなくて。弟の婚約者を奪ってしまった自分が許せない。

 

 

まぁ、言い出せないのも無理ないわな~という展開。

 

ヘンドレン夫婦のハルへの執着が気味悪い。毒親ふたりはケージにひどい言葉をなげつけます。そんな様子を何年も目の当たりにしてるジェニー。同情しつつ、彼にひかれていることを自覚し始めるのですが「あの事実」を全くしらず。

 

「ジェニーは、弟になりすまして彼女を抱いたケージを許せるのか!」が見どころの作品です。

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

 

サンドラ・ブラウン『星をなくした夜』を読んだ感想

サンドラ・ブラウン『星をなくした夜』を読んだ感想

教師のケリーと世界的フォトジャーナリスト リンクのロマンス。

 

 

ケリーは内戦激しいモンテネグロで教師をしています。孤児たち9人をつれて、なんとか故郷のアメリカに帰りたい。孤児たちに里親をみつける手配や、飛行機の手配もしてある。

 

 

ただ、待ち合わせの場所に到着できない。内戦激しい地の密林の中、みつかれば彼女を含め9人の孤児たちの命はない。反乱軍であっても、政府軍であっても!

 

 

ケリーは苦肉の策で、場末のバーにでむき、力になってもらえる傭兵を探すのですが…

 

 

サンドラ・ブラウンらしい骨太な感じで、ぐいぐいストーリーに引き込まれる作品。

 

 

ロマンス小説でも、ハードボイルドテイスト?という帯のうたい文句どうり、密林をかけぬけるヒーローとヒロイン、そして孤児たちにハラハラさせられる作品。原作は1987年刊行なので、約30年近くも昔のロマンス小説!!全く古さを感じさせない作品です。

 

『星をなくした夜』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

えー、深く読み込んでいくと突っ込みどころがいろいろある作品ですが、それはおいといても面白い!!途中でやめられず、一気に読んでしまいました。

 

 

ヒロインは、中米モンテネグロで教師をしています。おそらくボランティアですね。

(中米?なの?東欧じゃなくて?とふと疑問。私の知識不足かしら?)

 

 

そこで、出会った孤児9人をアメリカに連れ帰りたい。自力では限界がある。そこで、彼女は場末のバーに娼婦の恰好をして、でかけます。色仕掛けで「傭兵」の気を引き、なんとか迎えの飛行機がくる場所まで、つれていってもらおうと考えたのです。

 

 

そこで、白羽の矢がたったのが、リンク。彼はバーで、べろんべろんに酔っぱらってます。内戦地のひどい状態をみて、心が荒れすさんでます。ようやく帰りの飛行機にのれて、万歳三唱なんですが、目に焼き付いた悲惨な光景は忘れられない。

 

 

で、ケリーが「ねぇ、おにいさん~」的な慣れない娼婦を演じリンクの気を引きます。でも、この時点ではケリーは彼を傭兵だとおもってるんですよね(笑)武器だと思ってるバックの中身は、なんとカメラ!全然、リンク、役に立たないじゃん、ってわかったのは後の祭り。

 

 

リンクは、ケリーの「楽しいお誘い」にのったつもりが泥酔状態なので、あっさり拉致られてしまい(笑)、あとはズルズル彼女に協力することになります。

 

 

リンクいい人なんですよ・・・だって、傭兵でもないし、本業はカメラマンじゃないですか。なのに、全力で彼女を守ろうとします。まぁ、下心アリアリで、隙あらば楽しい事しちゃおう、って気持ちも最初あったんですけどね。娼婦フリする位の女なら、身持ちも軽かろう、みたいに思ってたのかな?

 

 

でも、孤児たちが、ケリーを「シスター」と呼んでいるのを知り愕然。

 

 

「おお、俺は、聖職者に欲望を覚えていたのか、神よ!!」と罪悪感(笑)

 

 

違うよ~勝手に勘違いしてるだけだよ~ニックネームだよ~

 

 

とケリーは教えるはずもなく、かなり後半になるまで、勘違いさせたまま。これ幸いと、リンクの勘違いに乗じて、自分の貞操をまもります。

 

 

前半は、モンテネグロの密林をかけぬける脱出劇。亜熱帯特有の濃密な空気が伝わる官能的な描写に、リンクとケリーの愛の盛り上がりが伝わります。<リンクのモンモン

あ、雰囲気としてはリンダハワードの『炎のコスタリカ』とちょっと似ていますね。

 

 

後半は、脱出後の二人のロマンス中心。シスター(偽)ケリーが暴露されるまで、なかなか彼も我慢します(笑)わかった時は、もう暴れまくりですよ。

 

 

 

ちなみに、 これ、洋書の表紙です。もうくぎずけ(笑)

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...

サンドラ・ブラウン『コピーフェイス: 消された私』を読んだ感想~NHKテレビドラマ「コピーフェイス」原作~

サンドラ・ブラウン『コピーフェイス: 消された私』を読んだ感想~NHKテレビドラマ「コピーフェイス」原作~

TVリポーターのエイブリー。偶然乗った飛行機が墜落。現場から救出されるも、上院議員候補夫人と取り違えられてしまいます。
怪我と火傷で、声も出せない。全身包帯でまかれ、チューブで繋がれ、身動きがとれない。
夫人の写真を元に、そっくりそのまま整形手術で顔を復元させるらしい。
私は「キャロル」じゃないと、伝えられないまま・・・

 

 

 

序盤のあらすじまとめ

『私でない私』の題名で出版された作品が、今回、『コピーフェイス~消された私』と改題し再販されました。
舞台はテキサス州。上院選への出馬を控えた、とある男性。この男性の妻「キャロル」と、テレビレポーター「エイブリー」は、偶然乗り合わせた飛行機で、墜落事故に遭遇します。

 

 

 

そして、さらに「キャロル」と「エイブリー」はよく似た容貌。
座席も交代していたこともあり、二人は、墜落後の救出で「取り違え」られてしまいます。

 

 

キャロルは「エイブリー」として墓に葬られ、エイブリーは「キャロル」として病院へ搬入。
そして、意識もはっきりせず、声もでないうちに、「キャロル」として顔を復元されてしまいます。
ああ、私は別人なのに。
そして、集中治療室で、謎の訪問者から、耳元でささやきが。「お前の夫を殺す」
どういうこと?

 

 

 

感想です

エイブリーの、長く辛い入院を支える「テート」。彼の献身的な励ましで、エイブリーは全身を襲う痛みと、精神的苦痛をなんとか乗り越えます。

 

 

テートこそが、上院選へ出馬を予定している男性。志高く、ハンサムで、献身的。
そんな男性を夫にしている「キャロル」を誰もが羨みます。エイブリーは、そんなテートに偽の妻だと言い出せません。

 

看病を心ぐるしくおもいながら、テートの献身的な看病支えられ、さらには心惹かれるようになります。
そして、エイブリーは決断します。
彼の命を守るため、犯人をつきとめたい。
スクープ狙いも少々ないとはいえないけれど、それよりも彼の命を守りたい。
別人になりきり、テート家族と顔を合わせるエイブリー。
集中治療室に入れたはずだから、「キャロル」の身近な人間だと睨みます。
どの人も怪しく思えます。

 

 

  • キャロルに冷たいテートの両親。
  • アルコール中毒の義姉と、ちょっと影のある義兄。
  • 奔放なティーンエイジャーの姪。
  • テートの大学の同級生で選挙参謀の友人.
  • 彼を支える支援者と、選挙コンサルの強引な二人。

 

一体、テートを陥れようとしてるのは誰?
周囲から、キャロルの「身持ちの悪さ」をなじられ、批難され傷つく「エイブリー」。それでも、テートに惹かれる気持ちを止められません。
ところが、入院時には優しかったテートですが、夫婦の間には深く暗い溝がすでにありました。

 

 

エイブリーが「キャロル」の顔になり、整形が完成した段階でテートから少しずつ距離を置かれはじめ、切なく感じます。
情緒問題を抱える娘マンディも、気がかりです。
刻、一刻。
犯人は、選挙日に向け、彼を殺す準備を進めている。
予告めいたメッセージが、エイブリーに届きます。

 

 

 

  • 彼女は、犯人をみつけられるか。
  • テートの信頼を勝ち得ることができるのか。
  • そして、彼女自身「エイブリー」に戻れるのか。

 

 

 

サスペンスとロマンスがちょうどいい具合の配分の作品。ああ、さすが原作になるくらいのロマンス本は時代を経てもおもしろい。
充実した時間を過ごせる事請け合いでございますよ。私は一気読みしてしまいました。