リンダ・ハワード

リンダ・ハワード『マッケンジー一家シリーズ』の情報まとめ

目安時間 10分
  • コピーしました

リンダ・ハワードのマッケンジー一家シリーズの情報をまとめました。再読をする方や初見の方の読む順番の参考にどうぞ。

リンダ・ハワード『マッケンジー一家シリーズ』を初めて読む方へ

リンダ・ハワードのマッケンジー一家シリーズ。少し前に、シリーズが全Kindle化(電子書籍化)され、人気が再燃しつつあります。

 

シリーズ最初の「マッケンジーの山」が出版されたのは、1989年出版。なんと、30年近く前で、私がJK(ぷ)だった頃の作品!でも今よんでも胸アツです。

 

マッケンジー一家シリーズは、その名の通り「マッケンジーさん家」のお話です。ただ、一人につき1ロマンスではなくて、何故かロマンス飛ばされてる?(失礼)息子もいます。

 

えっと、家族関係は以下のとおり。

 

うろ覚えですみません。確か、次男・三男が、ロマンス飛ばしだったような。

  • 父親:ウルフ
  • 母親:メアリー
  • 長男:ジョー
  • 次男:マイケル←飛ばし?
  • 三男:ジョッシュ←飛ばし?
  • 四男:ゼイン
  • 五男:チャンス
  • 長女:メアリス

次男マイケルは牧畜農場経営で、三男ジョッシュは海軍パイロットでしたが、怪我で転職して、現在 民間航空会社にお勤め。ここまで詳細設定なら、シリーズ追加で出して欲しかった 。もう無理?無理?(´ε`;)ウーン…

 

長男のジョーだけ母親が違います。

 

全員、男達は「釘を朝飯に食べそうなくらい」な厳つい感じの男達で(笑)、ママとメアリスをメッチャ大切にしています。マッケンジーは男系なので、女子がうまれるとこよなく大切にするそうな。

 

シリーズ最初は、ウルフ@パパのロマンスから。

 

ウルフはアメリカ・インディアンの血を引く男性。ひっそり山頂近くで、ウマの調教をして生活しており、息子ジョーを男手一つで育ててるシングルファーザーです。奥さんはなくなっていましてね、ひっそり、ひっそり生活してるんですよ。

 

で、ジョーの通っている高校に「メアリー」が高校教師として赴任してきてですね、

 

「マッケンジー君、なんで学校来ないの?」

「メッチャ、優秀なのに将来がもったいない!」

 

と、考えるのですが、同僚やその他の周囲の人達は、教育指導にイマイチ乗り気じゃないんです。

 

で、メアリーが

「これじゃあかん!」と、マッケンジーマウンテンに家庭訪問するところからスタート。

 

でも実際はメアリーがどんなに熱心でも、ウルフはジョーの教育方針や進路に対してかたくなで。「どうせ」って、やさぐれちゃってます。

 

ウルフ一家、ほぼ町で村八分なんです(´;ω;`)

 

「あいつら一家に関わるな」ってね。ウルフの孤独たるや、すさまじくて。

 

で、そんなウルフ@パパとメアリーが惹かれあい、色々あって、子供がうまれ(笑)、その子供達がさらにイケメンに育ち!ラブロマンスを繰り広げるというストーリーです。

 

ということを踏まえ、「マッケンジー一家シリーズは」こーんな人にお勧め

  • サクッと読める短いロマンス
  • 短いけどギュッと濃縮したエッセンス
  • ロマサス要素ある作品も

えっと、ロマンス小説としては、短いストーリーです。MIRA文庫・ハーレクイン系だからかな?サクッとよめて、次、次、とテンポよくよめます。でも、ストーリーとしては読み応えがありますよ。紅一点のメアリスのロマンスは短編ですし。

 

ただ、シリーズ通して「テーマ」みたいなのがあるかって言うと、そうでもなくって。比較的軽めでコンパクト。

 

なので、

  • ・本格的なロマサスを伏線がっつり
  • ・ボリュームのあるストーリーが好き
  • ・シリーズ通した世界観があるロマンスが好き
  • ・随所随所の細かい設定が気になる(それってありえんみたいな)

っていう方には、向かないかもです。二見書房さんからのリンダ・ハワードの出版作品をイメージしてると、マッケンジーシリーズは、ちょっと物足りないかなぁ。

 

あと、好き嫌いが作品によって出てますね。口コミみると。

 

個人的には、ダントツ1作目の「マッケンジーの山」が好き。でも、好きなキャラは「長男のジョー」。養子入りした五男のチャンスのストーリーも好きです。養父のウルフがチャンスにかけるセリフに泣きました (´ε`;)

 

口コミなどで、評判がいいのは、四男のゼインのストーリーです。これも結構、割れますね。

 

と、まぁ、いろいろ好みが分かれますが。

 

長ーくロマンス愛好家の方達から愛されている作品。電子書籍化をきっかけに、初見の方にも、ご一読いただければ、と思い紹介させてもらいました。

 

1作目を先によめば、あとはほぼ同不順でもストーリーは愉しめます。念のため、順番を紹介しますので、参考になさってくださいね^^

 

【1】マッケンジーの山

ウルフとメアリーのロマンス。ちょっと野暮ったい感じの高校教師メアリー。とっても教育熱心で、情熱的。信念もって行動してるので、内面からにじみ出る美しさにウルフもメロメロ。

 

⇒[小説]マッケンジーの山 の詳細をみてみる[RENTA]

 

【2】熱い闇

長男ジョーと研究者のキャロラインのロマンス。空軍にはいって、出世コースまっしぐらのジョー。1作目では、あんなにおぼこい感じだったのに・・・。とギャップ萌えする作品。ジョーの男の臭いがダダ漏れで、私、倒れそう。

 

⇒[小説]熱い闇 の詳細をみてみる[RENTA]

 

【3】愛は命がけ

ギリシア大使の娘ベアリーと、四男ゼインのロマンス。兄弟の中でも、無口で陰気なキャラ設定。成長し SEALsになりました。おめでとー。

 

個人的には、彼の転職回数や職種が気になります(笑)

 

⇒[小説]愛は命がけ の詳細をみてみる[RENTA]

 

【4】危険な駆け引き

チャーター機パイロットのチャンスとサニーのロマンス。

 

チャンスのチャーター機パイロットは、表の顔。世界的テロリストの娘、サニーと接触をとるため、身分を偽ってます。チャンスは、もちろん政府系の秘密のお仕事ね。

 

ウルフが最後、彼にかける言葉に涙ほろり。愛は命がけ読んでからの方が面白いかなー。

 

⇒[小説]危険な駆け引き の詳細をみてみる[RENTA]

 

【5】マッケンジーの娘

こちら、サクッと短編。紅一点メアリスのロマンス。

 

えっと、ネタバレしちゃうとですね。メアリスのお相手は、カウボーイを気取った潜入捜査官なんですよ。で、ウマ関係の仕事してるメアリスと知り合って、一夜を過ごすんですが。

 

なんとなーくメアリスは、相手がただ者じゃないって気がついていて笑えます。お兄ちゃん達と同じ臭いをしていたのと、グレーのボクサーパンツをはいていたから、っていうのが理由。

 

だって、ウマ系の仕事してたら、そんなシャレオツなパンツはかないよ、っていう鋭い洞察感の持ち主!

 

最後、二人が結ばれて、彼氏がマッケンジー一家にご挨拶に行った時に、パパ&兄たちが、勢揃いして、彼氏が内心ガクブルになってるのが笑えます・・・。

 

⇒[小説]マッケンジーの娘 の詳細をみてみる[RENTA]

 

さいごに

マッケンジー一家みたいに、ハーレクイーンの昔からの名作って、絶版になるとなかなか手に入りませんでした(´;ω;`)

 

電子書籍化して、気軽によめるようになって本当にうれしい限り!

 

ってこともあって、調子にのって、名作のシリーズ物って次々読んじゃってます。感想がおいつかなくて申し訳ない。ひとまず、よむ順番や概要をまとめた記事をつくりました^^

読む順番が、パッとわかるようになってますので、活用ください。

 

▼目次へもどる▼

・ロマンス小説コンテンポラリー おすすめシリーズの一覧

この記事のような感想をメールでお届けします♪

多少ネタバレありの感想をお届けします。

ハンドルネーム、フリーアドレスOK!いつでも解除できますのでお気軽にどうぞ。


名前 姓     名 
メールアドレス

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

ニシカワ
ニシカワ

運営者のニシカワタケコです。ロマンス小説が日々の生活の一服の清涼剤。感想の記録や商品レビューをしています。

ニシカワ

ニシカワ

運営者のニシカワタケコです。ロマンス小説が日々の生活の一服の清涼剤。感想の記録や商品レビューをしています。

  ★サービス比較&レビュー★
  ★特集記事
  お知らせ

ブログの更新お知らせしてます

 

  最近のコメント
  ランキング参加してます
  PR
  メタ情報