この記事は約 3 分で読めます

リンダ・ハワード『流れ星に祈って』を読んだ感想

会社役員ロウムと秘書のサラのロマンス。

 

サラは、何年も前から同じ会社のロウムに片思い。偶然、自分の親友ダイアンを会社のレクリエーションに連れていったら、ロウムとダイアンが惹かれあい結婚。

 

サラの恋は成就することもなく、あっけなく散ってしまいました。ところが、その後、親友は事故死。

 

サラとロウムは愛する親友であり妻であるダイアンの思い出を分かち合うのですが・・・

 

悲しすぎる片想いロマンス。切なくて、ヒロイン サラが可哀想すぎます。好みが別れる作品ですので、お手にとる際には、ご注意ください。片思いものが好きな人にはおすすめです。

 

『流れ星に祈って』のあらすじ ネタバレ感想

めっちゃ好みがわかれる作品だと思います。私は、好きですけど、とーーーーっても切なくなりました。

 

とにかくヒロインがずっと片思いなんですよ(´;ω;`)

 

ヒーローと同じ会社でね。ヒロイン サラは彼を片思い。ずーっと好きだったんですが、たまたま親友を会社の行事に招いたら、ヒーローロウムと彼女が息投合して、よこどり?されちゃうわけです。

 

といっても、サラはロウムに気持ちを告げるわけでもなし。絶賛片思い中だったので、とっちゃったも、とられちゃったもないんですけどね。

 

で、結婚した後も、子供ができた後も、ずーっとロウムと親友を、陰ながらみつめてるんですが、彼女と子供が交通事故でなくなってしまって。

 

残されたロウム彼の心の傷は計り知れないほど深く、もう、どうしようもない。

 

ハーレクインの展開としては、亡き妻や前妻の設定としてろくでもない性格だったりしますが、今回は違ってですね。ヒロインのサラの親友ダイアンの友情はかなり固いんです。

 

 

サラとダイアンは、全くタイプが違ってて、積極的なダイアンと、とにかく受け身なサラ。とにかく、奉仕的で受け身。意に沿わないことがあっても、ぐっと我慢してしまいます。物静かで、優しい、彼女の性格は「月」のよう。

 

ロウムは、ダイアンと出会うよりも前から、サラが自分に片思いをしてると知らないので、知らず知らずの内にサラを傷つける発言をします。

 

ダイアンとの結婚生活や、自分の女性関係。いらんことしゃべるな、っつーの。

 

とにかく、傷ついた自分を受け入れてくれるサラの優しさに触れて、心をいやしていくのですが。

 

が。知らないって本当に罪。ナイフでサラの心をえぐるような発言をバンバンするわけですよ・・・。

 

で、やさしさに触れつつ彼女にひかれ、そっと二人は結ばれるんですが。彼は親友をわすれたわけじゃない。サラとは悲しみを共有しているだけ。

 

それでも彼をの結婚をきめます。親友への罪悪感をもちつつも。彼がこの先、ずっと一人でいるのに耐えられないから。

 

もう、超切ないです。

 

この作品のロウムも、ヒーロー設定として素敵か?と言われると、超微妙。まぁ、素敵なんですけど。びっくり発言や、サラに対する冷たい態度に、目が点ですよ。

 

そんなロウムの仕打ちにも耐え、いえいえ、そんなロウムも愛し、優しく包み込むサラに脱帽。

 

彼女の優しさと愛情に支えられ、これからの人生を前向きに生きていこうと、足を踏み出すロウムの変化に心動かされるロマンス小説です。

 

最後はおきまりのパターンで!自分のサラに対する仕打ちに気づき、後悔で男泣きに泣きぬれて溜飲おさまりますよー(^^♪

 

⇒小説 流れ星に祈って (MIRA文庫)をAmazonでチェックしてみる

 

★コミック版はRENTAで試し読み増量中★

流れ星に祈って セット

流れ星に祈って セット

[著]橋本多佳子 [原作]リンダ・ハワード

 

▼こちらの記事も読まれています▼

⇒リンダ・ハワード『美しい標的』を読んだ感想

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。