この記事は約 4 分で読めます

サマンサ・ベック『間違いだらけの愛のレッスン』を読んだ感想

医師のエリーと建設会社社長のタイラーのロマンス。

 

 

エリーは故郷でUターン就職。ドクターの資格を持っているので地元で開業医として骨をうずめるつもりでかえってきました。どうやら、高校時代にエリーがあこがれていたロジャーが、長ーい春に終止符をうったらしいと耳にします。婚約を破棄したんですって。

 

 

なんと、ロジャーの過激な性癖に婚約者が付いていけなくなって・・・・とうわさを耳にしたエリーが「ならば、ワタクシが!」と名乗りをあげようと奮闘(笑)

 

 

愛のレッスンの手ほどきをするのは町で一番セクシーだと評判のタイラー。

 

 

ああ、ロジャー狙いだけど、タイラーにもよろめくわ!という、エリーの真面目おかしいロマンス小説です。読めばハッピーになること間違いなし( ´艸`)

 

 

サマンサ・ベック『間違いだらけの愛のレッスン』 ネタバレ

えーこちらも「Amazonアンリミテッド」で読みました(2018年7月)。

 

定額料金内で読めましたけどでも、私買いますよ!<お小遣いに余裕がある時に!

 

エリーは大学デビューした女の子。それまでは、超さえないモジモジ、オドオドしたメガネっ子。でも大学の医学部にはいって、お友達にファッションコーディネートしてもらったり、レーシックうけたりして、それはそれは大変身。

 

 

ちょっとだけ男の子と付き合ったりもしたんですが、それでも故郷に帰れば、かつてにさえない自分に(気持ち的に)逆戻り。もう往年の(?)初恋の男子ロジャーとつり合いとれないとネガティブシンキングです。

 

でも、ロジャーの婚約破棄に便乗して!愛の技術を磨きたいと!一念発起します。

 

でも、一人じゃ立ち行かない。医師資格みたいに一人で勉強しても身に付きませんからね。そこで、町のセクシーガイ、タイラーにちょっとした貸しができたので、彼に教師になってもらうよう交渉します。

 

アレヤコレヤと技術を磨こうと奮闘するんですが。が・・・・・。それで終わるわけありません。

 

タイラーがいいやつなんですよ。クゥ~。だって町で一番のセクシーガイ!

 

 

タイラーはエリーよりも4つ年上で。彼女からしたらハイスクール自体には手がとどかない、不良っぽいお兄さん的な存在。もう、そんな彼にアレヤこれや実施で教えて貰えるなんて、本当はエリーはドキワク。

 

 

いやいや、私はロジャー狙いと、なんど気持ちの修正を入れることか。

 

でも、そうなるものわかるんですよね。

 

結局、タイラーは不良っぽいんですが、エリーに対しては優しい気持ちで接していて、それがなんとなーく伝わるんです。不良っていっても、それは若かりし頃。今や押しも押されぬ、地元の建設会社の社長さん。大工さんたばねて現場で頑張ってます。<オオ、ガテン系。

 

ただ、彼。

 

機能不全の家庭に育ったので、愛に慣れていないんです。だから、結構女遊びも激しい1面もあって、町でセクシーガイと同時に女たらしという評判もあるんです。

 

 

エリーの家庭は父子家庭で、やっぱりこちらもうまくいってない。小さな町なので、タイラーはエリーの家庭環境をなんとなーく知っていて、自分と似たような環境のエリーをそっと優しい気持ちをもってみてました。それは今も同じです。。彼がエリーに対してそんな気持ちでいることはエリーは知りません。

 

 

でも!大学デビューしたエリーをみたらちょっと待った!

 

 

ああ、奥手だったエリーが。あのさえないエリーが。俺にアレを実施でおしえてくれと?と、「優しい気持ち VS 欲望」で、葛藤しちゃうわけですよ。

 

 

しかも、どうやら別の男とヨロシクうまくやるための踏み台に自分がされてると知り、ちょーっと面白くないタイラー。俺がアテにされてるのは股間のものだけか?(笑)

 

 

 

このあたりが、とってもコミカルに、キュートに描かれます。ほどよくホットなので、最後まで飽きさせません。しかも嫌な奴ってだれも出てこないし。

 

 

私、このヒーロー、三大タイラーに命名しました。(`・∀・´)エッヘン!!

⇒シャロン・サラ「真夜中は別の顔」

⇒ローリー・フォスター「仮面の女」

 

ということで、エリーはどんなレッスンをタイラーから受けるのか。

ロジャーの過激なセックスの相手名乗りをあげられるのか。

 

 

ロジャー元婚約者と彼女の新しい恋人とのHシーンを偶然目撃してしまったエリーが

 

「彼女、あそこまでやってるのに。一体ロジャーは何を、どこまで求めてるの?」というトンチンカンな思考も面白いロマンスです。

 

いや、ロジャーはそうじゃなくて、アレですよ。アレ。

 

 

⇒『Amazon kindleアンリミテッドの無料体験の感想 対象本や使い方など