カテゴリー:■作家別(カ行)の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

キャスリーン・E・ウッディウィス『炎と花』(上・下)を読んだ感想

キャスリーン・E・ウッディウィス『炎と花』(上・下)を読んだ感想

ヒストリカルロマンスの先駆者、キャスリーン・E・ウッディウィスの名作。今から40年以上前に書かれた作品ですが、流麗で品の良い出だしから、ストーリーに引き込まれ、全く古さを感じさせません。

 

長きにわたり、多くの女性をときめかせた作品は、ロマンス小説の要素がぎっしり詰まっています。ロマンス小説初心者の方でも、安心してお手にとっていただける作品。

 

 

叔母夫婦から虐げられ、イギリスの片田舎で苦しい生活をしている美しきヒロインヘザー。誰からの指図をうけないプライド高きアメリカ人船長のブラントン。二人の誤解から始まった大いなるロマンス。

 

前半はイギリスでの二人の出会い、後半は新天地アメリカでの結婚生活が描かれています。ヘザーの親族たちに結婚を強制され、強い怒りをもちつつも、美しき無垢な姿に惹かれるブライトンの男の葛藤が楽しめる作品です。

 

『炎と花』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

私の大好きな作品。いわゆるロマンス小説らしい展開が魅力的です。

 

舞台はイギリス、ヒロインのヘザーの美しさは罪な程。母親ゆずりの美しさは、妬みや嫉妬をこえ彼女自身に不幸をもたらしています。早くに両親をなくしたヘザーは、叔母夫婦と同居。この叔母がですね、ヘザーを妬みまくってイジメまくります。

 

あれは虐待ですね。服はブカブカ、苦しい労働をいいつけられても、彼女のキラリとした美しさは損なわれません。そこはホレ、見る人がみたら原石はわかるんですな。

 

叔母の口車にのってしまい、叔母の弟の屋敷に出向くのですが、そこでもセクハラされちゃいます。お手付き上等!みたいな前提で、叔母から差し出されたんですね。

 

 

ヘザーは屋敷をとびだし、行く先もないので波止場で途方にくれていると・・・アメリカ人に娼婦と間違えられ、さらに大ピンチ!!

 

 

 

女抜きの長い航海の後、ちょっとしたお楽しみの手配を部下に頼んだら、部下が娼婦とまちがえてヘザーを連れてきちゃったのです。

 

 

ブライトンも娼婦らしからぬヘザーに「おっかしーなー」と思ってはいるものの、彼女のみずみずしい身体を見せつけられ…(いか省略)

 

ヘザーを手放したくないと切に考え始めるわけです。

 

 

が、ヘザー自身は傷ついた心と身体をふるいたたせ、なんとかブライトンの船から脱出。命からがら叔母の元にかえりますが、そこで二人の縁は終わりません。ヘザーは妊娠してしまいます。

 

 

プンプンに怒った親戚一同が、ブライトンを探しだし、責任取れと詰め寄ります。

 

 

もう可哀想でならんですよ。<ヘザー。

 

虐待→セクハラ→娼婦と間違われる→妊娠→叔母から罵られる→ブライトンからも憎まれる

 

ブライトンは、ヘザーは手元におきたいが「妊娠の責任をとれ」「結婚しろよ!」と詰め寄られるのが気に入らない。

 

 

「お前なんか、金輪際、身体にふれないからな!」と自爆的な宣言。夫婦でありながら、ベッドはともにしない仮面夫婦になってしまいます。

 

 

前半は、いろいろ大変なことばかりのヘザー。二人は夫婦として海にわたり新天地で新たな生活を始めます。

 

 

いつかブライトンから許され、女性として愛される事を夢見るヘザー。

※ブライトンはイケメンだから、いつのまにかヘザーは好きになっちゃってます(*’ω’*)この感想だけでは、伝えきれませんが、ブライトンの男ぶりはなかなかのもんですヨ。

 

 

ブライトンも、男のプライドと、彼女を思う気持ちの葛藤が大いにロマンスを盛り上げてくれます。男たるもの一度宣言したら守るべし!でも、言わなきゃよかったな~と後悔しきりです。

 

 

女性として、妻として、そして母親としてヘザーは幸せをつかめるのか。終盤までハラハラさせられるストーリー。ホットなシーンもありますが、ロマンス初心者の方でも手に取っていただけるレベルです。

 

長年にわたり女性をときめかせてきた名作。是非とも機会がありましたらお手に取ってみてくださいね。

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

キム・ローレンス『砂漠の青い瞳』を読んだ感想

キム・ローレンス『砂漠の青い瞳』を読んだ感想


イギリスの女子高で教師をしているモリー。実は、彼女の異父兄弟は砂漠の王国ザフラトの皇太子。二人の関係は兄の政治的な立場を考え秘密にしていましたが、ただならぬ親しげな雰囲気に感づいた人が約1人。隣国の王位継承者タイールでした。

 

 

砂漠の暑い風と乾いた空気が二人を熱くさせます。大きく誤解したタイールの過激な行動に驚きの作品。シークなら何をしても許されるのかっ!と若干プンスコ。

 

 

『砂漠の青い瞳』のあらすじと感想(ネタバレ)

砂漠の王国ザフラト。モリーは、初めて会う異父兄弟たちと王室の晩餐会に出席していました。

 

モリーの母は、ザフラトの王と結婚し、二人の王子をもうけた後に離婚。イギリスに移り住み、その後、モリーの父親と再婚をし、モリーが生まれました。

 

 

自分が生まれてから、兄たちとは会っておらず、無視をされてきたと思っているモリー。
彼女の頑なな心を動かし、こうして晩餐会に出席するまでさせたのは、ザフラトの皇太子妃ベアトリスでした。義理の姉にあたるベアトリスは、自分の夫と義理の妹と合わせるべく熱心に彼女に働きかけていました。

 

その苦労のかいあってか、モリーはいつのまにか兄たちに好感をもち、初めてあった兄妹同志、愛情を確認しあっていました。

 

一方、モリーの存在は王室にとっては微妙。離婚をよしとしないアラブの世界では、いつなんどき弱みともなりかねない。彼女が王室関係者だと知っているのは、限られた人だけ。

 

兄タリクとモリーの特別な親密さに気が付いたのは、隣国の王位継承者タイールです。

 

  • 何か、二人の間にあるのか?
  • ひょっとしたら、愛人関係?

 

あんなに美しいベアトリスと結婚しているタイールが浮気なんて、許すことができない。タリクと抱擁するモリーの姿を、遠目でみながらタイールは決心しました。

 

イギリスからきた、あのさえない女に言ってやらねばならない。二人を引き離すのだ!

 

感想

ヒーローが過激な考えの持ち主で危険です。

 

ヒロイン逃げて~

ヒーロータイールは、ベアトリスとタリクに「理想の夫婦」像をみており、それをモリーがぶち壊していると憤っていますが、それこそいらぬお節介。

 

君こそベアトリスに懸想してるのかね?と聞きたいくらいです。確かにベアトリスは素敵な女性ですけれど。

 

兄の迷惑になるからと、モリーはザフラト王室での立ち位置をタイールに教えませんでしたが、いよいよヤバイとなって打ち明けます。

 

そこは無視。信じるわけもありません。一蹴ですよ。一蹴。

 

砂漠の熱で、やられちゃったのか(もりあがっちゃったのか)、二人は愛を交わします。
その後、、ヒーローはようやくモリーが王室関係者と理解した地点で態度は急変。

 

手をつけてしまったので、結婚します!宣言。

 

兄たちとタイールの男同士の話し合いで

 

「やはり二人は結婚でしょう」「名誉を重んじるべし」いやいや、本人の意思は?アラブのプリンスの強引さが素敵なの?・・・か?

 

最後は逆プロポでハッピーエンドでしたが、シークものに慣れない私には、いささか刺激が強すぎた作品でした。小説がAmazonみあたらないので、漫画貼っときます。もう!

 

こちらも危ないヒーローが危ない思想の持主⇒『愛しすぎた結末』

ケイトリン・クルーズ『愛人のレッスン』の感想

ケイトリン・クルーズ『愛人のレッスン』の感想

おなじみギリシア人ヒーロー登場です。誰よりも自分を嫌い、憎んでいるニコス。彼はバルべリ一家に復讐を硬く誓っていました。

 

 

そんな彼に「愛人」の申し出をしたトリスターヌ・バルべリ。

復讐の駒にされながらも、彼を愛し許す彼女のやさしさと、ニコスの痛々しい過去に注目の作品。表面的には強気ですが実は自己卑下Мタイプのヒーローですよ。

 

 

序盤のあらすじ

 

トリスターヌは、母親の医療費の支払いで困窮している生活。このままでは母に良い治療を受けさせてあげられない。

 

彼女が相続するはずの信託財産に手をつけられず、腹違いの兄ピーターに頼るしかない状況。

 

そんな時、ピーターから辛辣な言葉と一緒に、ある提案をされます。彼女が裕福な男性とのゴシップをまきちらし、バルべリ家の名前に世間を注目させること(ゲスだな)

 

「お前がようやく役に立つときがきたな。」
「一家の財産を立て直す義務は、お前にだってある」

 

自分で稼いだお金で堂々と生きていたいと思っていたはずが、急激に悪化する母親の体調を目の前にし、トリスターヌは兄の申し出をうけるしかありません。

 

ゴシップの愛てとして、彼女が、選んだのはギリシア人の海運王ニコス・カトラキス。地中海の港に停泊中の豪華クルーザでのパーティーで、ニコスに迫りました。

 

「わたしをあなたの愛人にしてほしいの・・・」

 

 

『愛人のレッスン』の感想

ヒロイン トリスターヌは、なかなかの世間知らずぶり。愛人契約を持ち掛けるわりには、ニ、三日の辛抱だ、と思ってみたり、身体の関係なしよ!のびっくり発言。

 

パパラッチにとられちゃえば、あとはバイバイする気だったのでしょうか(笑)

 

ニコス自身が、バルべリ家へ復讐を狙っているので、トリスターヌのおかしな提案も、奇妙に思いながら受け入れます。やる気なしの愛人候補と、復讐狙いのニコスですが、一緒にいるうちに惹かれあって、結局はいいかんじに笑)

 

 

トリスターヌの兄ピーターは口だけ達者なクズ野郎で、トリスターヌを娼婦呼ばわりした挙句、寄生虫扱い。

 

 

寄生虫ですよ!!

 

 

「尻軽」「ばいた」「あばずれ」などは定番ですが、最近のハーレは過激ですね~

 

ストーリーとして復讐ものの定番としては、惹かれあっちゃった段階で、復讐はナシヨのパターンか、誤解と勘違いから最初にガツンと復讐しちゃい、関係修復にいそしむパターンが多いのですが、この作品はかなり終盤にやっちゃいます。

 

 

後半で明かされるヒーローの復讐の動機が斬新です。純粋な、愛する家族の敵討ちじゃありません。屈折したヒーローの内面が現れている復讐理由です。

 

 

ニコスの後悔と、自己卑下する姿は、雨の中哀れな捨てられた子犬を思わせます。キュンとはしませんが(笑)、可愛いもんですよ。

 

 

最後、ひどい仕打ちをした自分を許し、愛すると言い切るトリスターヌを、「理解できない」と告げるニコス。繰り返し、愛してると言い聞かせるトリスターヌ。考えが浅いのか、心が広いのかちょっと謎ではありますが、いい場面でした