この記事は約 3 分で読めます

砂漠の青い瞳

イギリスの女子高で教師をしているモリー。実は、彼女の異父兄弟は砂漠の王国ザフラトの皇太子。二人の関係は兄の政治的な立場を考え秘密にしていましたが、ただならぬ親しげな雰囲気に感づいた人が約1人。隣国の王位継承者タイールでした。

 

 

砂漠の暑い風と乾いた空気が二人を熱くさせます。大きく誤解したタイールの過激な行動に驚きの作品。シークなら何をしても許されるのかっ!と若干プンスコ。

 

⇒『砂漠の青い瞳』の詳細をみてみる[RENTA]

 

 

『砂漠の青い瞳』のあらすじと感想(ネタバレ)

ヒーローが過激な考えの持ち主で危険です。ヒロイン逃げて~

 

えー、まずですね。砂漠の王国のシークタリクと腹違いの兄妹のヒロイン モリー。母親が再婚して、自分がうまれたんで、兄とは疎遠だったんですね。

 

でも、兄が結婚を機に義姉となったベアトリスが、「そうはいっても兄妹だし」ということで、疎遠だったモリーとシークをあわせるように骨をおるわけです。

 

でも、モリーがシークの妹だってことは内緒。一応、彼女の母親は、王室から離婚して逃げだしたんで、醜聞扱いなんですわ。

 

で、シークとモリーが兄妹の対面してるところを、目撃ドキュンしてる男が一人・・・・

ヒーロー タイールです。こちらも、隣国シークね。

 

ヒーロータイールは、ベアトリスとタリクに「理想の夫婦」像をみており、それをモリーがぶち壊していると勝手に憤慨。

 

君こそベアトリスに懸想してるのかね?と聞きたいくらい。で、モリーにたいして、タイールのつめたいこと、つめたいこと。

 

 

兄の迷惑になるからと、モリーはザフラト王室での立ち位置をタイールに教えることもできず、、いよいよヤバイとなって打ち明けるのですが・・・

 

そこは無視。信じるわけもありません。一蹴ですよ。一蹴。

 

が、まぁ、そこで意地悪はつきず。砂漠に誘拐←犯罪よ!!

 

 

砂漠の熱で、やられちゃったのか(もりあがっちゃったのか)、二人は愛を交わします。

え、?何故に?という、よくわからない展開なんですが、タイールはツンデレなんで、許してやってくださいね(笑9

 

その後、、ヒーローはようやくモリーが王室関係者と理解した地点で態度は急変。

 

手をつけてしまったので、結婚します!宣言。

 

兄たちとタイールの男同士の話し合いで

 

「やはり二人は結婚でしょう」「名誉を重んじるべし」いやいや、本人の意思は?アラブのプリンスの強引さが素敵なの?・・・か?

 

最後は逆プロポでハッピーエンドでしたが、シークものに慣れない私には、いささか刺激が強すぎた作品でした。

 

が!!!コミックスでよむと、かなーり面白かったです。ハザマさんがコミカルに描いてるんで、シークの強引さもかわゆくみえてきて。なぜゆえに?

 

⇒『砂漠の青い瞳』の詳細をみてみる[RENTA]

 

↓両方よみましたが、私はコミックスの方が推し!

 

砂漠の青い瞳

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。