カテゴリー:リサ・クレイパスの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

リサ・クレイパス『ハサウェイ家シリーズ』の情報まとめ

リサ・クレイパスのヒストリカルシリーズ「リサ・クレイパス」の情報をまとめました。再読する方の順番の参考に!

 

『ハサウェイ家シリーズ』を初めて読む方へ

 

リサ・クレイパスの有名シリーズの「壁の花シリーズ」スピンオフ(シリーズ)の位置づけ「ハサウェイ家」シリーズ。スピンオフというには、ちょい長く全5作(ですよね?)

 

ポツポツと「壁の花シリーズ」の登場人物もゲスト出演してるので、「壁の花シリーズ」を読んでる方は是非こちらもお読みくださいませ。

 

ハサウェイ家シリーズは、ちょっと変わりものの兄妹4人が主な主人公。もともとお父さんが学者で、学問と芸術を愛し家族の絆固いハッピーファミリーだったのですが、村で猩紅熱がはやって兄の恋人がなくなり・・・父親がなくなり・・・母親もなくなり・・・・兄は失意の中でアル中(寸前)しかも若干デブ化。次女は猩紅熱が完治せず病弱。

 

 

なんとか気丈な長女アメリアが、家族を盛り立てていこうと頑張ってるところからスタート。兄が遠縁の子爵の爵位を引き継ぐことになり、「壁の花シリーズ」の登場人物ウェストクリフ(マッチョ)伯爵とのご近所さんになり、いろいろなメンツと知り合うことになるんですわー。

 

 

「ハサウェイ家シリーズ」こーんな人にお勧め

  • とにかくロマンチック、ジンワリと繊細な描写がたまらなく好き
  • 登場人物が多くても多少は平気
  • 身分差が大好物
  • 長編もドントコイ

とにかくロマンチックなんですよ~。

 

 

1つ1つの行動に繊細な描写が施されているので、ぶっちゃけ長いですね。

 

なので、

  • ・長編シリーズが苦手
  • ・文章が長いと飽きてきちゃう
  • ・ミッドナイトシリーズやハーレクインみたいにサクッと読めるのが好き

という方は、ちょっと向かないかも。じっくり味わって読む感じですね。

 

同じ「リサ」でも、リサマリみたいに「おい、お前たいしてやってねーな」なんてセリフはでてきません(笑)あ、作風の違いだけで、どっちも面白いですけどね( ´艸`)大好きだから、ついついリサマリいじっちゃう。ファンの方許してください。

 

でも、リサクレイパスには外れなし!と言われるのも、さもあらんという感じのシリーズです。再読しても途中でとまりません。今回、私、再読してキュン死寸前でした。

 

一部kindle化されてます。電子書籍化していただき、ライムブックスさんありがとうございます。

 

 

 

ハサウェイ家シリーズ1夜色の愛につつまれて

 

長女アメリアと賭博クラブ 支配人のロマ青年 キャムのロマンス。シリーズ序章。問題山済みの家族の問題がアメリアの肩にのしかかってます。エキゾチックなキャムが素敵!

 

 

 

ハサウェイ家シリーズ2夜明けの色を紡いで

次女のウィンと謎のロマの青年メリペンのロマンス。陰気な大男メリペンとウィンは長年想いを通わす間柄。でも、ロマという立場を考えて、メリペンはプラトニックと突き通しています。メリペンとキャムの関係も明らかに!

 

 

ハサウェイ家シリーズ3黄昏にほほ寄せて

三女ポピーと、ホテル王(は言い過ぎ?)ハリーのロマンス。この作品、個人的に押しです!ハサウェイ家で一番まともなポピーは婿取りに難航中。なんといっても才気煥発な中流階級出身のポピーは、にわか淑女なので「おしとやか」にできず、ついつい興味のあることをペラペラしゃべっちゃうのです。ふとしたきっかけで機械オタクのハリーと知り合い、彼はポピーを見初めるのですが、彼女の心はすでに別の男性にあって・・・・

 

全然わるびれもぜず、汚い手をつかてポピーを手に入れるハリーが素敵です。「何がいかんの?」「全く悪いと思えない」とハリーにキュン・・・・

 

 

ハサウェイ家シリーズ4純白の朝はきらめいて

長男レオと、姉妹の家庭教師キャサリンのロマンス。昔の恋人が病気でなくなり酒浸り。不健康な生活をおくり、小太りになりつつあった一巻からだいぶ兄ちゃん名誉回復です。

 

なんで、そんなキャサリンにつらくあたるんかなぁ~。好きだからいじめちゃうんかな~っていう疑問が残りつつ、ツンデレ男子がお好きな方にはおすすめ。

 

 

ハサウェイ家シリーズ5優しい午後にくちづけて

 

四女ベアトリクスと、隣人のクリストファー大尉のロマンス。クリストファーはハサウェイ家をだいぶ警戒してます。変人家族なんで(笑)特にベアトリクスには要注意。

 

そんなクリストファーは、ベアトリクスの友人狙い。でも、彼女とは婚約までこぎつけず、クリストファーは戦地に赴くことになりまして。ベアトリクスの友人に手紙を書いてよこします。

 

でも友人は、けんもほろろ。戦地の手紙なんて、つまんないし興味ないし!お返事書く様子もありません。ベアトリスクスは、戦地で孤独なクリストファーを思い代筆していくうちに、なぜかお互い恋心が高まって・・・・

 

もう、超ロマンチック!三女のポピーもよかったですが、四女のベアトリクスのロマンスも相当よござんす( ´艸`)

 

リサ・クレイパス『壁の花の聖夜 』を読んだ感想

リサ・クレイパス『壁の花の聖夜 』を読んだ感想

リサクレイパス 壁の花シリーズのスピンオフ作品を紹介します。壁の花メンバー アメリカ人姉妹のリリアンとデイジーの兄レイフがヒーロー。レイフのお相手は、コンパニオンのハンナです。

 

壁の花メンバーの結婚生活がエピソードで織り交ぜられています。エピソードもほほえましく、さらっと読み進められる一冊です。

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめます

リリアンはイギリス屈指の名門ウェストクリフ伯爵と結婚し、デイジーは、父親の右腕の青年実業家マシューと結婚。

 
次々と、自分たちの想い通りにことが進み、ほくほくのボウマン夫妻ですが、その野心はとどまりませんでした。
今回、夫妻が目を付けたのは長兄のレイフ。なんとか、レイフを貴族と結婚させられないか、と考えます。12月のある日、壁の花メンバーは、ウェストクリフ伯爵の領地「ストーニー・クロス・パーク」で、リリアンの兄レイフについて話をしていました。

 

 

ボウマン夫妻は、レイフをブランフォード家の娘「レディー・ナタリー」と結婚させようとしています。美しい箱入り娘の、素晴らしい評判の持ち主です。

 
リリアンは、兄に幸せになってもらいたいと、壁の花メンバーに話します。兄妹5人で、一番孤独で両親に理不尽な要求を突き付けられてきたレイフ。レイフが、父親に反発するのも仕方ない、とリリアンは感じていました。

 
そこへ、兄から二週間後にストーニー・クロスパークへ到着する連絡が入りました。
そこで、壁の花メンバーからあるアイディアがでます。

「レディー・ナタリーをよく知っている人から、彼女の情報をもらえないかしら?」

壁の花メンバーは、レディー・ナタリーのコンパニオン(話し相手)を、自分たちのお茶会に招待し、情報をもらおうと計画しました。

 

一方、レディー・ナタリーのコンパニオンのハンナは、この結婚話に大反対。ナタリーにはもっと相応しい貴族の男性がいるはず、と思っています。

 

 

ところが、ナタリーの父ブランフォード卿の心の内を知り、ハンナは少し心が揺らぎます。自分が亡きあと、妻とナタリーの面倒をみられるほどの財力がある男性で、かつウェストクリフ伯爵と縁続きになるのなら、貴族が相手ではなくても構わない。血筋や育ちが今ほど重要視されない時代になるはずだ、と。

 
しぶしぶ、ブランフォード卿のいいつけに従い、リリアンのお茶会の招待をうけ、ストーニー・クロス・パークへ向かいました。そこで、ハンナが出会ったのは、なんとレイフ本人。

 
過剰すぎる男くささ、無礼ともいえる発言や言動に居心地の悪さを感じる程です。

 

 
一方、レイフ本人は、出会った目の前の女性に驚きました。妹のお節介で開催されることになったお茶会。

 
てっきり、年配の口うるさい女性が来ると思っていたのに。さっさと情報を引き出しておかえり願おうと、思っていた気持ちが、にわかに変わります。

 
お茶会でのハンナとレイフは一触即発。どうみてもソリがありません。

 
ハンナに対して失礼ともいえるレイフの態度や発言に、リリアンは心配します。
ハンナはレディー・ナタリーに、きっと辛辣な報告をするに違いないわ。

「たいした理由もないのに、あんなふうに二人の人間が敵意で反目し合うなんてところなんて見たことある?」

ハンナとレイフの出会いは、誰かさんとよく似てる。リリアン以外の壁の花メンバーは顔を見合わせて笑いました

 

感想です

壁の花メンバー後日談で、話を膨らませていますが、ハンナとレイフのロマンスストーリーはシンプルです。壁の花メンバーの夫婦のイチャイチャするエピソードがはいりますが、うざいか、楽しめるかはシリーズに対する思いれの違いかな、と感じます。

 

 

全般的にクリスマスらしい演出と、笑えるエピソードがきいてます。リリアン父 家族の反対を押し切り、カツラを着用するくだりなんかは爆笑。ちょっとでも見栄をはりたい、成金父の可愛い部分がかいまみれますよ。

 

 
子供のいたずらで、ツリーの上にアレがのっかっちゃいます。

 

 

 

ハンナは前半堅苦しい印象です。がみがみ、レイフとナタリーの結婚に反対するのは、嫉妬ですかね。当のレディー・ナタリーは、要領よく立ちまわる女性なので、彼女の不自然さが目立ちます。和やかなクリスマス準備が進むにつれ、だんだんと心優しい彼女の性格が全面にでてきて、ハンナの印象も変わってきます。

 

 

壁の花シリーズ+αといった位置づけの作品なので、シリーズがお好きな方は、是非どうぞ。

 

◆壁の花シリーズの他の作品はこちらからどうぞ

【まとめ】リサ・クレイパス作品<壁の花シリーズ>をまとめました

【まとめ】リサ・クレイパス作品<壁の花シリーズ>をまとめました

過去に紹介したリサ・クレイパス作品より壁の花シリーズの過去記事をまとめました。舞台はロンドン。誰からも求婚されない壁の花の女性4人。お互いが、知恵を出し助け合い...

リサ・クレイパス『春の雨にぬれても』<壁の花シリーズ4>を読んだ感想

リサ・クレイパス『春の雨にぬれても』<壁の花シリーズ4>を読んだ感想

<壁の花シリーズ>より第4作目。今回のヒロインは、壁の花メンバー 夢見がちなデイジーです。
デイジーの家族 ボウマン一家がストーリーのメインになります。
「もしも、私が恋に落ちたら・・」「私の将来の結婚相手は・・・」と、妄想・空想してしまうデイジーが、実際に選んだお相手は父親の右腕として働いている実業家マシューでした。

 

野心家の親父と相性最悪な、末娘デイジーのロマンスは意外に堅実(笑)

詳細を見る