この記事は約 2 分で読めます

アリソン・タイラー『ひざまずいた女王様』を読んだ感想

地方新聞記者ハドリーと、体操クラブのトレーナー フロストとのロマンス。エロチカ&BDSMです。

 

ロマンチック路線が好きで、SM苦手な方はここで退却を!!にげて~(笑)

 

私と同志の方は、このままどうぞ( ´艸`)

アリソン・タイラー『ひざまずいた女王様』ネタバレ

FC2で掲載していたエロチカのロマンスレビューを引っ越してきました。

 

えぇ、えぇ、(小心なんで)こっそりやってましたよ<エロチカ

運営両立できないんで、こっちに持ってきました。

 

さてさて、本筋。エロチカレーベル。好きなんですが、アタリ、はずれが結構あります。私はBDSMっぽいのとロマンスっぽいのが両立してるのがスキ。

 

これは結構いい感じでした。

 

 

ヒロイン、女王様ハドリーはSからMへ転向したばかり(笑)女王様から「ぶってぶって」派になったんです。。元彼のガイは、なんとかしてハドリーを自分の女王様に返り咲いてほしくて、いろいろ画策。が、おしくも、その画策が失敗。作戦が裏目にでてしまい、ハドリーは別の男性、体操トレーナ フロストにひとめぼれします。

 

でも、放置もプレイのうち?とか思い込もうとする痛いガイ。

 

 

フロストは、190cm越えのむきむきまっちょ。多分、年齢は40歳後半。一流アスリート達の身体と精神を鍛え上げるべく、ビシビシ指導をしております。

 

 

そんな姿をみたハドリーは「ああ、私も指導されたい…」と恋心を募らせるわけです。

 

 

SMなんですが、ハドリーは恋する乙女。

 

 

それとなーくフロストにアプローチするんですが、彼はとりつくしまもない。どうやら元妻と離婚してから、からっぽの生活をしてるらしい。色々な意味で。

 

 

それでもハドリーはめげません。フロストに自分の性癖をそれとなく伝えてアプローチ(笑)SMクラブで、お仕置きされる自分の姿を「わざわざ見せて」彼の反応をみたり。普通ならドン引きですよね。

 

 

そんなハドリーの様子をみて元カレのガイは意気消沈…もう俺の女王様はいないのか!

<いないよ。

 

 

ホットなシーンも程ほどで、まぁ、SMなんでビシビシありますが。個人的には好きですね~。

 

 

全くつれないフロストが、後半豹変!どんな風に変わるのかは、読んでのお楽しみに。ここなれた感じがしびれます~。びしぃー。