カテゴリー:■作家別(ア行)
氷の伯爵

氷の伯爵こと独身主義者のダレンヴィル卿と、家庭教師のタレイアのロマンス。

 

とつぜん婚活にいそしみ始めたダレンヴィル卿。どうやら、子供がほしいらしいのです。そこで目をつけたのが、家庭教師のタレイア。

 

もうタレイアを嫁取りするのに、強引なことといったら。

 

後ろ盾もない一介の家庭教師の彼女に何故、白羽の矢がたったのか?!

 

えー、過激な発言でいろいろと注目あびてるこの作品ですが、超超おすすめなんで。未読の方は是非。あとハーレクイン初めての方も愉しめる内容だとおもいます^^

 

⇒[小説]氷の伯爵の詳細をみてみる

記事を読む

未亡人グレースと侯爵マシューのロマンス。

 

 

未亡人グレースは娼婦と間違えられ、とある屋敷にさらわれます。そこで待ち受けていたのは、恐ろしい「監禁」の生活。

 

高い塀がはりめぐらされた屋敷にはシーン侯爵ことマシューが住んでいました。どうやら、彼は冷酷な彼の叔父ジョン卿から、財産と自由を奪われ虐待の日々を過ごしているらしい。

 

 

彼は14歳から11年もの間、「狂人」として屋敷に閉じ込められ、さらには、そんなマユーを「慰める」役目を与えられます。

 

彼を誘惑し、身体を与えなければ、彼の叔父ジョン卿に殺されてしまう。

 

美しく、悲しい運命を背負った侯爵と、若く初々しくも熟れるような身体の未亡人。二人が狂おしいまでにお互いを与えあい、むさぼるように愛し合う濃密な大人のヒストリカル。

 

 

記事を読む

伯爵からの招待状

家庭教師の就職が決まってるヘレンとブリッジミア卿@伯爵のロマンス。

 

ヘレンは幼い頃、両親がなくなり、独身の叔母に引き取られ何不自由なく育ちます。叔母は、それなりにお金もってたんですが、ここ数年でお金を預けていた銀行が破綻して大ピンチ。

 

叔母の一族の長にあたる、ブリッジミア卿になんとかかけあって、叔母を助けてもらえたら、とヘレンは考えます。

 

そんな事とはつゆしらないブリッジミア卿は、「金の無心?」と、結構シビア。

 

徐々に、折りにふれヘレンの生真面目な性格をしり、飾らない行動に惹かれはじめますが、何かと慣れないので、アプローチ一つもつたなくて。

 

女慣れしていない伯爵が初々しく、なんとかヘレンにふりむいて欲しい、心の内がけなげ。すれてないヒーローがお好きな方はぜひどうぞ^^

 

⇒[小説]伯爵からの招待状の詳細をみてみる

 

記事を読む

売り渡された淑女

伯爵セプティマスと、家庭教師希望のエミリーのロマンス。

 

遠縁から爵位をひきついだセプティマスは、自分の妻にふさわしい女性をさがすべく広告を打ちます。でも、その広告は家庭教師(笑)大胆にも「釣り」広告です。

 

そこに、エミリーがカテキョに名乗りを上げ、二人は出会い、なんだかんだで結婚するんですが、実はエミリーには後ろ暗い過去があって・・・

 

強面、隻眼の元船乗りのセプティマスが、「さすがオレのエミリー」とベタ惚れなのがややこっぱずかしい(笑)ロマンスです。

 

⇒[小説]売り渡された淑女の詳細をみてみる

 

 

記事を読む