この記事は約 3 分で読めます

ホットなシーンで定評のあるシャノン・マッケナの代表シリーズ「マクラウド兄弟シリーズ」の情報をまとめました。新刊を読むときに再読する方の順番の参考に!

 

自分の備忘録的な意味もあります。再読しちゃうんですよね~

 

内容はもうちょっと整理します!あ、新刊でましたよ。下に情報載せてます!ロゴも勝手に作ってみました(笑)

 

 シャノン・マッケナの新刊『夢の中で愛して 』

 

取り急ぎ、Amazonの紹介文を載せますね。エロティックな夢かぁ~(妄想)太字は私の独断の萌えポイントです。

 

迫力満点で、エロティックで、手に汗握る展開! ―――マヤ・バンクス(NYタイムズベストセラー作家)

 

夜な夜な、ララという女性との淫らな夢を見るマイルズ。そのララと現実に会い、ついに愛をかわすが……。好評の官能サスペンス 〈マクラウド兄弟シリーズ〉第10弾!

 

特殊な能力を持つララはある研究施設に監禁され、危険きわまりない薬の実験台となるが、そのせいで毎晩のようにエロティックな夢を見ていた。

 

逞しい体つきのエキゾチックな王様が現れて濃密な愛をかわし、めくるめくような快感すら経験したのだ。

 

だがある日、ついに救い出され、救出者マイルズを見て息をのんだ。毎晩、夢で愛し合った王様だわ!なぜか彼も夜な夜な夢でララと愛をかわしていたと知り、やっと現実に激しく愛し合うふたり。危うい逃避行が始まるが……。

 

マッチョなエキゾチックな王様が登場する作品はコレ(笑)

 

▼▼

 

 

 

『マクラウド兄弟シリーズ』が初めての方へ

マクラウド兄弟は、全員で4人。ちょっと変わった性格の軍隊あがりの父親から、人里はなれた山奥で独自(?)教育をされています。もちろん男性は精力絶倫。

 

シリーズ後半は、マクラウド兄弟ではなくなってます。もうそんなの関係ないです( ´艸`)新刊の紹介文のツッコミみてもらって明らかですが、ちょっとクセがあるシリーズ。でもファンも多いんですよ~

 

「マクラウド兄弟シリーズ」こーんな人にお勧め

  • ロマンチック路線じゃなくてもOK!
  • 長編ドントコイ!<重いからkindle化してほしいです
  • とにかくホット&ホットなストーリを求む!
  • 敵も味方も(多少の)変態OK!

 

主な登場人物

 

  • 長男デイビー(私立探偵)
  • 次男コナー(FBI退職)
  • 三男ショーン
  • ※ショーンと双子のケヴィン(自動車事故で既に死亡)
  • 警備会社社長セス
  • 次男コナーの元同僚ニック
  • 謎の美女タマラ

 

 

1作目『 そのドアの向こうで 』

 

<主人公> 警備会社社長セス(セスの弟は、次男コナーの同僚)しょっぱなから兄弟が主人公じゃない。セスで思い出すのは「好きこそものの上手ナレ」。盗撮・盗聴もきわめれば警備の仕事になるのね~って。

 

 

 

2作目『 影のなかの恋人 』

<主人公> 次男コナー。ちょっと心配性?ってか悲観的な感じ。度が過ぎて「病んでる」レッテル張られてしまうのですが・・・

 

 

 

 

3作目『 運命に導かれて 』

<主人公>長男デイビー。いかにも長男気質のデイビー。悪の輩の変態ぶりが気になる一冊。私のお気に入りです。

 

 

 

4作目『 真夜中を過ぎても 』

<主人公>三男ショーン。これはヤバイ一冊。群をぬいてます。ヒーローショーンには、もうちょっとシャキッとせーや、と一言いいたい。

 

 

 

5作目『 過ちの夜の果てに 』

<主人公>次男コナーの元同僚ニック。

あーこちらは、あわてんぼう(?)ニック。タマラにちょっと馬鹿にされちゃうキャラ。私嫌いじゃないです。

 

 

 

6作目『 危険な涙がかわく朝 』

謎の美女タマラがヒロイン。彼女のかかえる過去がなんとも悲しい・・・

 

 

7作目『 このキスを忘れない 』

4作目と関係が深い作品。ショーンが、あんなことしてる間に、こんなことになっていたとは!

 

8作目『 朝まではこのままで 』

 

 

9作目『その愛にまもられたい』

 

 

10作目『夢の中で愛して 』