この記事は約 2 分で読めます

子供じゃないのに テキサスの恋 1

子供じゃないのに テキサスの恋 1

[著]ダイアナ・パーマー [翻訳]青山みどり

 

記念すべきテキサスの恋シリーズ第1作目。アビーとバレンジャー兄弟の弟カルフーンのロマンス。

 

彼らは家族同然。お互いの両親が、再婚目前に事故死。アビーは頼る人がいなくなり、バレンジャー兄弟に引き取られます。その時、若干15歳。

 

天真爛漫な笑顔まぶしい少女が、バレンジャー兄弟と一緒に暮らし始め、彼らの生活は一変しました。

 

あれから、6年。アビーは21歳になり、少女から大人になりました。バレンジャー兄弟の弟カルフーンへの恋心が募るばかり。

 

いつまでもアビーを子供扱いするカルフーンに「こどもじゃないの!」と知らせるための、そのびっくり行動に驚きです^^

 

⇒[小説]子供じゃないのにの詳細をみてみる[RENTA]

『子供じゃないのに』<テキサスの恋1>を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ第1作目。シリーズなじみがない方は、こちらをどうぞ。⇒テキサスの恋シリーズ情報まとめ

 

バレンジャー兄弟は、ジェイコブズビルで飼育場を経営する、若き経営者。寡黙で近寄りがたい兄のジャスティンとひきかえ、弟カルフーンは気さくで陽気な性格です。

 

ヒロインアビーは、弟カルフーンに長年片思い。彼女を子供扱いするんです。同じ兄弟でも、カルフーンの兄のジャスティンは、アビーをもうちょっと大人扱いしてるかな。

 

もう、カルフーンはアビーが可愛くてしかたないので、よからぬ男がよってきたら撃退!過保護もいいところなんですよね。

 

 

彼女は自分が大人だという証明に「男性ストリップショー」を観に行く計画をたてます。えー、そうなの?(笑)

 

そんな彼女の密やかな計画をしったカルフーンは大慌て!

 

かなり遊んでいるジェイコブズビルズのもて男カルフーンですが「俺はいいけど、アビーはダメ」の一点張りです。「納得いかないわ!」と、アビーの反撃もなかなか!

 

 

見どころはアビーの頑張る姿なのですが、カルフーンの心の内も笑えます。自分は散々だけど、アビーには手を出さないという、カルフーンの苦しい男心を察して下され(笑

 

 

二人は、紆余曲折ありますが、気持ちが通じ合い、初めてのキスをします。なんといっても箱入り娘のアビーなので、ぎこちなく・・・本来なら、モテ男のテクニックで一気のはずだったのですが(´;ω;`)

 

 

大切に大切に育てた妹分のアビーは、彼が思っているよりもウンと純情で、もうカルフーンもおっかなびっくり。

 

もて男もかたなしの姿をみてやってくださいー。モテ男も、これで年貢の納め時か( ´艸`)

 

 

⇒[小説]子供じゃないのにの詳細はこちら[RETA]

 

↓こちらコミックスです。いかにもアメリカンな表紙がに釘付け

子供じゃないのに

子供じゃないのに

[著]藍まりと [原作]ダイアナ・パーマー

 

 

★次の巻の感想はこちら

⇒テキサスの恋2『祝福のシャンパン』の感想はこちら

 

 

▼目次に戻る▼

テキサスの恋シリーズ情報まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。