この記事は約 3 分で読めます

スーザン・フォックス『黒い羊』を読んだ感想

育ての親だった叔父が亡くなり、葬儀に参列するため、ひっそりと故郷に戻ったウィラ。
交通事故で親友を死なせ、街を逃げるようにでてから5年。

 

 

「厄介者の羊」の烙印と、周囲からの誤解と”人殺し”の汚名。そして、死なせてしまった親友の兄クレイへの淡い恋心がなんとも切ないロマンス。

 

誤解とすれ違いに耐え忍ぶウィラに涙ホロリの作品です。

 

 

created by Rinker
¥206 (2020/09/26 06:36:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

『黒い羊』のあらすじと感想

これは、ひどい。この仕打ちはないですよ(´;ω;`)

 

っていうか、これがスーザン・フォックスの作品のだいご味なんですけどねー。

 

ざっとあらすじいきますね。

 

舞台はアメリカ の牧場。かつて、親友を事故死させてしまった”汚名”を一身にうけたウィラが、叔父の葬儀に参列するシーンからスタートします。

 

 

ウィラは、若かりし頃、事故をおこしてまして。同乗していた親友がなくなってしまいます。もちろん、過失なんですが、小さい街なんでね。

 

もう彼女は「人殺し」扱いなんですよ。おまけに、親友の兄に片思いしちゃってた・・・というあるある設定だったりもします。

 

結局、事故後、街にいることができず、街から、でてしまうんですね。現在は、遠く離れた土地で馬専門の牧場経営者として生計を立ててます。

 

 

でも、身内がなくなったこともあって、自分の生まれ故郷にかえるわけですわ。

 

 

当然、予想とおり、小さな街なんで、みんな、根深く事件を覚えてます。

 

 

 

「あの人殺しが」

「よく顔だせたものね」

 

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

 

 

ってな具合なわけです。

 

少しでも、故郷の街の人たちが許してくれてるのかも・・・・

 

と思って帰郷しても、見事に希望は打ち砕かれてしまって。

 

さらに、さらに、彼女の姿を目撃した叔母が、ショックのあまり葬儀中に倒れてしまい「あなたのせいだわ!」となじられる始末。

 

 

ところが、どっこい。叔母が倒れた原因は別にありまして、意識を取り戻すと、ある提案してくるんです。

 

それがコレ

↓ ↓ ↓

 

「私の牧場の立て直しをしてくれない?」

 

 

善良で優しい叔母はですね。

 

ウィラが故郷を離れていった過去を深く悲しんでまして

本当は、彼女に戻ってきてほしいと思ってるんですね。

 

 

「ああ、あなたが街を出ていくのを、どうして強く反対できなかったのかしら」

 

おばさんが、めっちゃ後悔してて。

しかも、どうやら叔母は体調が悪いらしくって。

 

心優しいウィラは、叔母の気持を尊重しようと、牧場の立て直しに奮闘するわけです。

 

が、彼女、もう村八分状態でしてねー。

孤立無援。

 

誰一人彼女を助ける人はいません

 

 

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

 

 

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

 

 

 

 

街では買い物一つスムーズにできず、品物を注文したくて店頭に出向いても店員に無視されます。牧場の雇われ人は、給料泥棒も同然ですし、叔母の娘、従妹のペイジは牧場仕事を手伝うなんて、とんでもない。

 

 

へとへとになりながらも、彼女が、一生懸命に頑張る姿に心が打たれるんですが・・・・

 

 

ここでヒーロー クレイの登場。

 

 

ウィラのことを「妹を死なせた憎い奴が、いつまでいるつもりだ」と、結構つめたく彼女を観察してるんです。

 

 

が、彼、みてるうちにきがつくんですよね。一方でウィラの頑張る姿に。

 

妹の埋葬されている墓地で泣き崩れるウィラ。

そして夜はアンジーの名前を呼びうなされてるウィラ。

 

妹を死なせてしまった後悔と深い悲しみは、彼女も同じなのだ、とヒーローが考えはじめるんですが。

 

ここでハッピーエンドにならんのですよ。

 

 

 

この物語のポイントはヒロインが親友殺しの汚名を背負っている部分。

 

 

どんなにクレイが許したといっても、わだかまりが残ります。っていうのはですね・・・・というのが、確信の部分。

 

 

 

ああ、もうね~

 

ネタバレ的には、これって、許す、許さないも問題じゃないんですよ。ぶっちゃけ。

 

 

もう、ほんと、よく耐えるわウィラ。

 

まじめな人間が損するのか、って思うと切ない、悲しすぎるロマンスストーリー。超絶 かわいそうなんで・・・

 

 

お好きな方は、是非チェックしてみてくださいー。スーザン・フォックス節炸裂の名作ですよー。

 

↓ ↓ ↓

 

created by Rinker
¥206 (2020/09/26 06:36:37時点 Amazon調べ-詳細)
最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。