この記事は約 3 分で読めます

サンドラ・ブラウン『27通のラブレター』を読んだ感想

フラワーショップ経営 未亡人カイラと不動産開発トレヴァーのロマンス。

 

カイラは未亡人。数年前、海兵隊にいた夫を爆破テロで亡くしています。シングルマザーとして幼い息子を育てており、心は愛する夫一筋。

 

そこに、偶然知り合った不動産開発を手掛けるトレヴァーに、身も心もひかれていくのですが・・・優しすぎるトレヴァーに惹かれる自分が許せない!

 

 

とにかく、トレヴァーが優しすぎて怖い。イケメンすぎて不信。でも、そこには切ない理由がありました。

 

 

なんだか読むと、ちょっぴり悲しい気持ちになる作品。ロマンスに切なさを求める方にはぜひどうぞ。

 

 

『27通のラブレター』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

読書後は全くさわやかではなく。かといって不快な感じでもない、ただただ、恋しさと、切なさがまじりあったような作品。。ハッピーエンドなんですけどね。

 

 

優しすぎて不信なイケメン不動産開発業者のトレヴァー。実は、彼はカイラの夫リチャードの同僚。爆破テロの生き残り。自分の代わりにリチャードが死んだと思っていて、罪悪感かかえてます。

 

 

でも、生き残ったトレヴァーは、生き残ったというだけで瀕死の状態でした。植物人間一歩手前。右目を失い現在もアイパッチ。苦しいリハビリを乗り越えなんとか普通にくらせてますが、まだ足を多少ひきずっています。順風満帆に人生やってきたイケメンの彼としては絶望のどん底でした。

 

 

このままいくとトレヴァーは車いす必須。何かの手違いで「カイラ⇒リチャード」にあてた27通のラブレターが届きます。「カイラ⇒リチャード」のラブレターに目を通すうちに、トレヴァーはカイラに惹かれるようになり、そして生きる目標になり、ただ彼女に会あってみたいという一心で、絶望的な状況から這い上がります。

 

 

 

カイラが夫リチャードにあてたラブレター。

 

「雨の日は、二人で分かち合いたいの」

「あなたに一目会えるのなら、クリスマスプレゼントは生涯いらないわ」

 

と、時には熱く、切なくつづられる手紙の言葉。

 

 

 

 

 

夫リチャードはカイラに手紙で同僚「トレヴァー」のことも伝えています。こんなモテモテの同僚がいるんだぜ!ってな具合ですね。

 

それの手紙をうけとったカイラは「なんだか嫌な人!」←とバッサリ一言。

 

というのも、そもそもトレヴァーは

  • ・イケメン
  • ・ハーバード大卒
  • ・金持ちのボンボン

 

向かうところ敵なし。なんでも手に入る。人生は、自分にお膳立てされてるパーティーのようなもの、といった感覚の持ち主だったので、女もとっかえひっかえ。ウィットにきいた下ネタをからめたギャグも一発かませれば、海兵隊のウケもよく、男にも大人気!といったモテぶり。

 

 

でも、愛する夫と遠距離+妊娠中のカイラには、そんな女道楽のすぎる夫の同僚は、危険因子!よからぬ遊びに夫につれだされると敬遠してました。

 

 

 

彼自身は、「なんだか嫌な人!」とかかれた手紙を、何度も何度も、手紙が擦り切れるほど読み返してるんですよ・・・「なんだか嫌な人!」と書かれた自分のこと!<暗い

 

 

自分の正体を明かさず、彼女にちかづき、彼女の手紙にかいてあったことを1つづつかなえていく彼。リチャードの忘れ形見のカイラの息子にも、実の子もさもあらんというくらい大切に接します。

 

 

ですが、彼自身はカイラから「嫌な人!」と思われてると知っているので、なかなかカイラに正体が言えず。明日こそは、今度こそは自分の正体をカイラに伝えようと先延ばしに。

 

 

そして、葛藤といえばカイラの側もかなりもの。愛するのはリチャードのみと心にきめていても、いつしかトレヴァーにひかれていく自分が許せない。

 

 

かなり後半まで、彼の正体はばれず。二人の会話のやりとりで、少しずつ親密になっていく様子に、ハラハラさせられますよ。

 

 

「27通のラブレター」につづられた愛の言葉の美しさにかき消されてますが、一歩まちがえば、トレヴァーはよく考えるとストーカー寸前(笑)

 

 

でも

「もしも私がおばけみたいな女だったらどうしてた?」とカイラが問うと

「自己紹介して、お悔やみを言って、金銭的な援助を申し出て、さようならだったと思うよ」

結局はカイラが好みだったのね、というオチ(*´з`)

 

 

ラブレターの使い方、会話でが絶妙。二人の距離やトレヴァーの思いの深さがビンビン伝わり、「うまい」の一言です!