サンドラ・ブラウン

サンドラ・ブラウン『真夏のデイドリーム』を読んだ感想

目安時間 4分
  • コピーしました

国防省勤務のカレンと(自称)農夫のデレクのロマンス。

 

二人の出会いはジャマイカのビーチ。離婚して傷心のカレンが、おもいきって出向いた南国ビーチで二人は出合います。

 

初対面は、カレンのトップレス姿!

 

ハンサムすぎるデレクに、町の女性はもうメロメロです。どうやら二人が宿泊しているバンガローは隣同士らしい。そしてデレクはカレンを求めることを隠そうともしない・・・・

 

甘い甘いラブロマンス+シンデレラストーリー。本のあらすじ紹介にFBIとありますが、ノーサスペンスの作品です。

 

created by Rinker
¥258 (2021/02/27 11:52:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

『真夏のデイドリーム』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

 

またもやイケメンすぎて怖いヒーローが主人公。トップレス姿のカレンに一目ぼれ。彼は自称農夫といってますが、と、ある国のシーク(プリンス)なんです。

 

いわゆる兼業シーク?

 

 

いたってアメリカンな彼の仮面の下に、高貴で品のあるしぐさや態度が垣間見れて、カレンも微妙に怪しいって感じてます。でも、離婚の傷心をかかえている彼女は「甘い情事に身を焦がしたっていいでしょ!」と、ほんのつかの間の愛に酔いしれます。

 

 

といっても、カレンもデレクに飛びついたわけではありません。ほほを染めつつ、恥じらいながら、自分の道徳のラインを思い切って超える姿が初々しい。<とデレクが感じてる

 

 

元旦那は、浮気のあげくカレンの元をさっていってるので、カレンからしたら男性が自分から立ち去るというシチュエーションが耐え難い。そこで彼女がとった行動は

 

・ジャマイカでデレクを置き去り

 

 

バケーションを途中で切り上げて、さっさとアメリカにかえってきちゃいます。さよなら言われるのはつらいから、言う側にまわるの・・・という、ちょっと自己中な理論もご愛敬!

 

 

普通にお勤めに戻り、手堅い人生になるかと思いきや、上司に呼び出され・・・デレクとの情事をとられた写真を見せつけられます。

 

 

「どうなっとるんだ?君には失望したよ・・・・」と上司からきついお叱り。カレンは何がなんだかわからない。二人とも開放的になってるので、南国プライベートビーチのアチコチでしちゃってるので、パパラッチにとられちゃったんです。

 

 

 

国防省に努めてるカレンは、プリンスにアメリカに不利になる情報ながしたんじゃないかと疑われてFBIが登場です。←FBIはここしかでてきてません!(笑)

 

 

デレクの身分がわかってから、カレンへの求愛はかなり強引。さらに甘い言葉で彼女を求めるのですが、そこはかとなくデレクにM臭がするのは私だけでしょうか・・・

 

 

これが、サンドラ・ブラウンのヒーローの魅力なのか、と考えさせられた作品です。そんな詳細にかかれていないんですが、会話の展開やデレクのしぐさが、どっかエロいセクシーなんですよ・・・考えすぎ?結構お気に入りの一冊です!

 

 

created by Rinker
¥258 (2021/02/27 11:52:03時点 Amazon調べ-詳細)

この記事のような感想をメールでお届けします♪

多少ネタバレありの感想をお届けします。

ハンドルネーム、フリーアドレスOK!いつでも解除できますのでお気軽にどうぞ。


名前 姓     名 
メールアドレス

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

ニシカワ
ニシカワ

運営者のニシカワタケコです。ロマンス小説が日々の生活の一服の清涼剤。感想の記録や商品レビューをしています。

ニシカワ

ニシカワ

運営者のニシカワタケコです。ロマンス小説が日々の生活の一服の清涼剤。感想の記録や商品レビューをしています。

  ★サービス比較&レビュー★
  ★特集記事
  お知らせ

ブログの更新お知らせしてます

 

  最近のコメント
  ランキング参加してます
  PR
  メタ情報