この記事は約 3 分で読めます

カーラ・ケリー『ふたたび、恋が訪れて』を読んだ感想

若く美しい未亡人ロクサーナと、悲惨な戦争や離婚を経験し心を閉ざしてしまった侯爵ウィン卿。

 

傷ついた二人が二度目の愛にたどり着くロマンス。ふたたび、恋が訪れた大人の二人はどうなるのか。

 

カラーケリーのRITA賞受賞作。何度、再読しても心に染み入る良書ロマンスの一冊です。

 

どんなに本棚があふれても、この本は手放せない程、私のお気に入りです。超おすすめですよ。

 

美しすぎるヒロイン 好色な義兄の魔の手が・・・

 

舞台は、19世紀英国。
ロクサーナは牧師だった夫アンソニーと死別。
二人の幼い娘を抱え、今後どうやって生きていくかを試案していました。もうすぐ新しくやってくる人に、今すんでいる屋敷を明け渡さなければいけません。

自分の身の振り方に悩んでいるロクサーナ。
夫アンソニーの兄は、ヒロインに「特別な取り決め」を持ち掛けます。
それは、自分の屋敷に住まわせる代わりに愛人にならないか、と。

 

 

断れば困った状況になることは目に見えています。自分の未亡人としてうけとる手当を決めるのは治安判事の義兄。きっと腹いせに受けとる金額を減らされるに違いない。
どうしても「特別な取り決め」を受け入れられないロクサーナは、偶然、無人の家を見つけます。
そのさびれた具合は、借り手もいないことは一目瞭然。その荒れ果てた屋敷に手を加え、自分と娘で生活ができないかと思案します。

 

 

 

なんとか、ヒロインは家を借りることができ、一安心なのですが、好色な義兄は彼女を手に入れる追及をゆるめません。
そのさびれた屋敷の持ち主こそがヒーロー 侯爵 ウィン卿。無人の屋敷をかりることで彼女の運命は大きく変わりました。

 

 

 

貴族社会ではちょっとした変わり者。まがった事が大嫌いなウィン卿

 

ウィン卿は自分が家を貸す相手を、「老婆と持参金がなくいきおくれたオールドミス」と勝手に想像。

 

 

ところが、彼を、出迎えたのは、行き遅れのオールドミスどころか今までみたこともない美しい女性。

 

 

ちょっと頑固で、融通が利かないウィン卿。でも、真実の愛を求めてやまないロマンチストさん。

 

 

そんな不器用な男が、面食らった様子は笑えます。
心暖かな未亡人と、可愛くてしかたない娘二人にウィン卿もほどなくしてメロメロ。
幼い娘たちも、父親の面影を彼に重ねてみています。
にわか親子ような、ぎこちなくも、ちょっと心温まるいい関係。

 

 

男らしさ全開のウィン卿に(私も)ヨロメク

ところが、ロクサーナは、義兄の罠にはめられ、娘二人を取り上げられる羽目に・・・・

 

ロクサーナとウィン卿は、二人の娘を守るため便宜結婚を選択します。後ろ盾がないから子供を取り上げられてしまう。だったら、僕が守ってあげようという男気あふれる提案です。

 

 

この辺りから、ストーリーの展開は緊迫感にあふれ、ウィン卿の男らしい行動力ににヨロメくこと間違いなし。
そして、便宜結婚はいつしか本物の愛情に・・・

 

ヨークシャ―の美しい景色と季節の移り変わりが、ストーリーに彩りをそえ大いに気分を盛り上げてくれます。
大人女子にぜひ読んでいただきたい一冊!是非ともオススメです。