ダナ ジョージ・ストーリー『妄想プレゼンテーション』を読んだ感想

プレゼン上手と社内の評判のザーラ。誰もが目が離せない彼女のプレゼンには、とっておきの秘密がありました。

 

出席する男性陣は、ザーラから目が離せないらしい。オーラを解き放つ彼女のプレゼンの秘訣とは?

 

エロチカシリーズなので、苦手な方はここで勇気ある退却を!

『妄想プレゼンテーション』を読んだ感想 ネタバレ

 

で、肝心のストーリーなんですが、前半もう噴飯ものですよ(`・∀・´)エッヘン!!

 

 

ヒロインザーラは重要なプレゼンの前になるとトイレこもり独奏。おかずは、プレゼンに参加するやり手ビジネスマン。

 

きたる重要なプレゼンのシミュレーションを妄想しつつ、一人でなさるわけです。妄想の内容としては、”彼女”が品評されるような内容。その妄想っぷりったら滑稽で、まぁ、妄想なワケだから何思っててもいいんですけど。

 

 

で、その後、本番(これはプレゼンですよ)に臨むわけなんですが、偶然、通りがかった取引先の男性とトイレ前で偶然あってしまいます。

 

 

ザーラが利用をしてるトイレは、人気の少ない場所。不便な場所にあるんでしょうな。結局、やましいことしてた、彼女は「ひょっとして、アレやってたのばれたかも・・・」と思いつつ、鉢合わせしたセクシーガイに惹かれていきます。

 

 

で!!!ここから、さらに彼女の妄想が拍車。このセクシーガイは、取引先の人なのですが、妄想に登場させちゃいます。

 

まぁ、何度も言うようですけど、妄想するのは勝手ですからね。?妄想上で、彼にMCとかさせちゃってるんですよ(笑)なんのMC?

 

 

結局、二人はリアルでも付き合って、いろいろなさるんですけど、どっちかっていうと彼女の妄想ぶりのが面白い一作。

 

 

彼女と同じ、妄想列車に同乗したい方はぜひどうぞ。妄想好きな私は、乗車券もってます(笑)