藁くじの花嫁

牧場主ルークと料理上手のエレナーのロマンス。

 

物語の舞台はアメリカ、時代は南北戦争のしばらくたってから。両親が亡くなり男兄弟二人だけの牧場で、なんだか殺伐とした気持ちになったマクレーン兄弟。兄ルークは地域で花婿候補ナンバーワン!

 

男二人所帯で、仕事に一生懸命なんですが。何かと家の中がおろそかになりがち。

 

 

掃除、洗濯、家事一般を引きうけてくれて、家事をうまく切り盛りしてくれる、そんな理想の花嫁はいないだろうか、おまけに自分の跡継ぎまで生んでくれれば万々歳。

 

という不埒な理由で、兄弟、嫁探しにがんばるのですが・・・

 

⇒『藁くじの花嫁』の詳細をみてみる[RENTA]

 

『藁くじの花嫁』のあらすじ感想とちょっとネタバレ

もともと結婚願望のない二人は、「じゃ、兄弟のどちらかがお嫁さんをもらえば解決だよね!」と、短絡的に藁くじで負けた方がお嫁さんをもらうことに決定!

 

結果、兄ルークがまけて嫁取りすることになります。ただ、この兄弟、お金もっててイケメンなんですが、女心の機微にはうといんですよね。

 

牧師に「馬を選ぶのと花嫁を選ぶのは違うから」と忠告されても、耳を貸さず。馬選びと同じような感覚で、花嫁選びを進めちゃいます。

 

お相手に選ばれた、エレナ―は料理上手で控えめな女性(に見えた)。ま、彼女は親戚の家に身を寄せていて、かなりかわいそうな境遇。

 

料理上手で、身寄りがなく。結構、イイ条件じゃんってことで、プロポ⇒結婚で速攻です。

 

エレナーもまんざらでもないですよねぇ。街で一番のハンサムから「嫁に来てくれ」っいわれて、意地悪な親戚の家からでられるんですもん。

 

で、まぁ、いわば利害?が一致して結婚するわけですが、エレナーは結婚当初「ウマ選びと同じ感覚」で自分がえらばれたって知りません。

 

が!どうやら人員補充的に自分が嫁に迎えられたとして、エレナーは大激怒!

 

やっぱり自分はアレコレ利己的な理由があっても、スキになっちゃえば「愛に基づいた求婚であってほしい」っていうのが乙女心じゃん?(笑)

 

 

  • だって、それが女心だもの。だって、ルークを本当に好きなっちゃったんだもの!

 

 

そこに、エレナーの怒りを収めようと、あれやこれやと小手先で取り入ろうとルークが奔走するものの、ちょっと見え見え行動なんでエレナーの心はかたくなになるばかり。

 

「結婚なんてしなきゃよかった・・・・」と、本音もポロリ。独り寝のさみしさに、涙をこらえ、強がってみたりとなかなかの意地っ張りぶりです。

 

で、夫婦の痴話げんかだけに治まらないのがこの物語の面白いところで。

 

夫婦の可愛いいがみ合いのストーリーが進むにつれ、様々な出来事がわかってくるんですよねぇ。

 

 

戦争を経験し、疲れ切った気持ちを奮い立たせ、新天地で牧場を始めたルークの家族のこと。両親の死後、必死で大きくした牧場を守り、大きくしたいという兄弟の一途な気持ち。土や誇りにまみれ、へとへとになるまで働く毎日。

 

ルークの兄弟の不器用な愛情表現がすこーしずつわかってくる頃、エレナーのかたくなな心もとけてきて。人を好きになる気持ちや、温かさに飢えていただけなんです。この兄弟。

 

ヒーローの花嫁に尽す(ご機嫌取り)少々滑稽な行動も、可愛く思えてしまうのは、テキサスの男だから?

 

なんちゃって夫婦から、月日を経て心通わす夫婦に変化する成長物語。

 

あと、マクレーン兄弟の毒舌ぶりが何気に気になります(笑)毒はきまくりなので要チェックです。

 

⇒『藁くじの花嫁』の詳細をみてみる[RENTA]

 

 

↓原ちえこ先生でコミックス化!ライバルの目が光ってました!

藁くじの花嫁(1)
最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。