この記事は約 3 分で読めます

アメリカ金融界の寵児ショーンと看護師リジ―のロマンス。

 

華やかな名声と莫大な金を手に入れたショーンには、誰にも告げていない過去が。実は、幼少期、父親に虐待をうけていたんです。

 

一人立ちできるようになったら、父親と疎遠になるのは当然で。いまでもトラウマになってるのは、彼の誰にもしられたくない絶対の秘密。

 

そこに父親の訃報を告げる1本の電話がはいります。かつてのショーンが住んでいた家に間借りをしている女性リジーが連絡をくれたのですが・・・

 

傷ついたショーンと、かりぎない優しいリジーが心通わせるのがキュンキュン!

 

でも、なんといっても、見どころは10億ドルの資産がありながら、デートは割り勘主義のヒーロー(笑)

 

割り勘なのにはワケがある。その理由を知れば知る程、じーんときますよ。個人的には、推し!!のロマンスです。

 

 

『夜明けを待ちわびて』のあらすじと感想&ネタバレ

父親・兄・ショーンは三人家族。母親は彼らが小さいときに亡くなってます。

 

どうやら、母親がなくなったあたりから父親が暴力振るい始めたみたいなんですよね(´;ω;`)お兄さんが、彼をかばって殴られてて。もう、幼いショーンからしたらガクブル。

 

で、どうしてもトラウマから逃れられない彼は猜疑心の塊なんです。女性に対して、ブリザート並みの冷たい目線で、厳しくチェック。

 

彼が、結婚しない理由は、苦労して稼いだ金を持ち逃げされたくないから。金目当ての女はこりごり。その結果、割り勘ヒーローの出来上がり。

 

一方、ヒロイン リジーは心優しきナース。

 

もうびっくりする位、やさしい。借金癖があるとしか思えない自分の母親への金の工面に奔走しながら、うらみがましい処は一切なし。

 

それだけでなく、ヒーローの父親とも関係も良好。彼の父親とは大家と店子の関係なんですが、病持ちの年老いた大家とリジ―は擬似親子の関係を築く程の親密ぶり。

 

でも、そんな優しいリジ―にたいしてもショーンは、超厳しい目線でチェック!!うわ、こえぇーーーー。

 

リジーは性善説で生きてる人なんで、あくまで「善意」なんですよ。でも、彼は全く理解できないわけで。そこがなんとも歯がゆいかぎり。

 

もしかして、父親の愛人だったのか?とか、俺のこと金融界の大物だって知ってるのか?とか。ね。いろいろ妄想しちゃって、ショーン可愛そう。

 

でも彼女のほうは、そんな彼のヤキモキをよそに、彼の鍛えられた身体にうっとり気味で(苦笑)建設業のお仕事?もしくは肉体労働?の発想です(笑)いや、一流のジムで鍛えた筋肉だから!爪みろよ、爪。

 

結局、ショーンは父親の死を受け入れ、彼女への愛を自覚しお互い寄り添いストーリはすすむんですが、ここで大きな壁が1つ。

 

なかなか「自分が大金持ち」とはいえません。割り勘にしちゃったしね(;^_^A 父親はお金に困ってる風だったので、リジーにそのあたりうまく説明できる自信もなかったのだと。

 

嘘をついている罪悪感からか、彼女と少しずつ距離をおきはじめます。自分自身を幸せから遠ざけてしまう悲しい行動。

 

その後も、自分の正体をカミングアウトするも、リジ―への偏見が拭い去れず、何回も何回も、リジーを理不尽な解釈をして彼女を責めるんです。ちょっと病的。

 

金目当ての女はうんざりだ、と言いながらも、本当は自分を裏切らない女性を求めているのに・・・

 

最後、ショーンの矛盾だらけの行動を、総て許し包み込むリジ―の言葉が奥深い。

「どうしていえる(許してくれる)んだい?」と尋ねるヒーローに
「たぶん・・・あなたのことが前より理解できるようになったから、許すことも楽になったんだと思う」
「誰だって、人生から善なるものを受け取る資格があるわ」

彼女のやさしさが、じんわり伝わり、何かきれいなもので洗い流されるような感覚をうける一冊!!心が綺麗になりたいーというときに読むと浄化された気分になりますよー。

 

⇒小説 夜明けを待ちわびて (MIRA文庫)をAmazonでチェックする

 

 

★コミック版はRENTAで試し読み増量中★

 

↓藤田和子さんでコミック化!うっとり・・・美しい( ´∀` )

 

夜明けを待ちわびて セット

夜明けを待ちわびて セット

[著]藤田和子 [原作]J・R・ウォード

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。