カテゴリー:J・R ウォード

家事手伝いのジョイと政治コンサルタントのグレイのロマンス。

 

舞台はアメリカニューヨーク州の北部。ジョイは、認知症の祖母の世話と実家の家事手伝いをして、ひっそりと暮らしています。ほとんど地元から離れたことのない彼女が、長年片思いをしている男性がグレイ。。

 

夏のがくると避暑にやってくる都会的な彼に、心惹かれ、もう幾たびも夏が過ぎ去りました。もうすぐ27歳。純朴なジョイは、男性経験もありません。ただ、遠くから、彼を見つめるばかりです。

 

汚い政治の世界を知り尽くす、世慣れた都会の男グレイと、純朴なジョイのロマンス。
ジョイの清らかさと、どこかスレてしまったグレイのすれ違いが、なんとも切ないお話です。

 

『この手はあなたに届かない』の感想(ネタバレ)

ヒーロー グレイの屈折ぶりに手を焼く作品。面倒くささといったら、かなりのもの。

 

お相手のジョイはというと、男慣れしていない素朴な女性なので、屈折ヒーローに全般戸惑い気味。

 

 

でも、そんな戸惑いはなんのその。グレイは序盤から「かわいいジョイ」と心の中で連発。かなり、笑えます。

 

 

遊びで付き合う女性は沢山いても、グレイにとってジョイはアンタッチャブル。ジョイのあまりの清らかさに手が出せないんですって。自分が触ったら穢れてしまう!でも、ちょっと怒っている顔をみても「かわいいなぁ」と思うの繰り返し。。いやいや、そんな好きなら個人的に付き合えばいいのにネ!

 

 

二人が急接近したのは、お互い付き合ってる人がいるとの誤解から。長年の片思い(同士)に、いよいよ終止符をうつ時がきたと、二人とも思うのですが、(二人とも!)あきれめきれません。ジョイの方は、悲しみにくれ、グレイの方はなんとジョイを「身持ちの悪い女」だと思い込んでしまいます。なんと!!極端な!!

 

 

グレイの中では、「聖女」か「娼婦」の2択しかなく、「かわいいジョイ」から一転「男を惑わす悪い女」扱いです。ジョイがちょっと知り合いの男性と親しくしていたり、見知らぬ男性と会話をしていたりしようものなら、嫌味一発。

 

 

ジョイは、軽くあしらえるほど、強くもなければ、経験もないので、ただただ戸惑うばかり。そして、グレイが自分の誤解だとわかり、二人が想いを交わす段階になると、今回は自分の「誤解」の罪を贖うために「禁欲」。え?どういうわけ?

 

ジョイは何がなんだかわかりません(私もだけど)。

 

グレイの心の闇は深く、ジョイの手は、彼に届きそうで届かない。素敵なタイトルですわ~。

 

 

グレイの目はいつ冷めるのか?!(笑)まぁ、この人の友達だから闇深くても仕方ないですね。⇒「夜明けを待ちわびて」のショーンなんと、グレイはジョイが10代の頃からの顔見知りらしい。気が長いー。

 

J・Rウォードの代表シリーズ「ブラック・ダガー・ブラザーフッド シリーズ」の情報をまとめました。新刊を読むときや、再読する方の順番の参考に!

記事を読む

歴史学者のカーターと実業家ニックのロマンス。

 

 

執筆の方向性を決定づけた作者J・R・ウォードのデビューから2作目の作品です。

 

 

初期の作品ですが心の闇を抱えたヒーローの苦悩の片鱗が垣間見られます。

ヒロインが歴史学者の設定なので、アメリカの歴史の知識が広がるのも面白い一冊です。

 

今回のヒーローは、なかなかしたたかな策略家

舞台はニューヨーク州。

 

ヒロイン カーターはアメリカ史を専門の歴史考古学者

ある日、友人から重大な連絡を受けました。
独立戦争時、独立軍の戦闘資金にするための「金」が行方不明になっており、その手掛かりが、見つかったらしいのです。カーターは、金」がうまっているとされる土地の所有者に、発掘作業をさせてほしいと説得に出向きました。

 

 

その発掘地「ファレル・マウンテン」の所有者こそ、今回のヒーロー ニック。

 

 

ニック側は、自分の所有地の発掘許可を求めてくる人たちを、うっとおしく思っており、カーターも追い返すつもりでした。やり手ニックは、彼女の姓から、裕福な父親の名前を連想します。
娘に貸しをつくってやろう。
さらに噂どうりにカーター親子が不仲なら、父親と娘の仲をとりもってやれば、父親に恩をうってやれるだろう。

 

 

 

男性不信ヒロイン VS やり手ビジネスマンヒーロー(実は人間不信)

 

心によからぬ思惑があるやり手ビジネスマンのヒーローと、美しくしなやかな姿のヒロインはお互いに惹かれていくのですが、すんなりいくはずもありません。
カーターは自立こそしていますが、裕福な家の出身でした。母親の死がきっかけで、不倫をしていた父親と絶縁状態。男性に根深い不信感を抱いています。

 

 

 

それは、ヒーロー側も同じ。うまく人間関係を築けません。

 

 

二人はほどなく惹かれあい、心の傷をかかえたまま、湖に漂うヨットの中で親密な時間を過ごします。

とってもいい雰囲気なはずなのに、何故か心がざわついて、ニックは意味もなく彼女に暴言。

 

 

本当にびっくりですよ。今暴言はくの?(笑)

あまりに唐突すぎて、私もヒロインもびっくり。

 

親密さを恐れるヒーローの自己防衛が、なんども痛々しい展開です。

 

 

 

似た者同士カップルでとってもお似合い

 

作中通じての、エピソードは、お互いの嫉妬が原因の(擬似)三角関係にやきもき忙しいく、ヒーローの暴言とヒロインのヒステリーで、終盤は大炎上。

 

結局、ニックとカーターは似た者同士。私の感想としては、今回は二人は喧嘩両成敗といったところ。

 

 

お二人にはお幸せになっていただきたい。

 

 

他のJ.Rウォードの作品が大好きなので、ちょっと見劣りして思えてしまうのは、ヒロインの好みが違ったからかもしれません。

 

ヒステリー気味のヒロインでも平気って方なら、楽しめますよ。

アメリカ金融界の寵児ショーンと看護師リジ―のロマンス。

 

華やかな名声と莫大な金を手に入れたショーンには、誰にも告げていない過去が。実は、幼少期、父親に虐待をうけていたんです。

 

一人立ちできるようになったら、父親と疎遠になるのは当然で。いまでもトラウマになってるのは、彼の誰にもしられたくない絶対の秘密。

 

そこに父親の訃報を告げる1本の電話がはいります。かつてのショーンが住んでいた家に間借りをしている女性リジーが連絡をくれたのですが・・・

 

傷ついたショーンと、かりぎない優しいリジーが心通わせるのがキュンキュン!

 

でも、なんといっても、見どころは10億ドルの資産がありながら、デートは割り勘主義のヒーロー(笑)

 

割り勘なのにはワケがある。その理由を知れば知る程、じーんときますよ。個人的には、推し!!のロマンスです。

 

 

『夜明けを待ちわびて』のあらすじと感想&ネタバレ

父親・兄・ショーンは三人家族。母親は彼らが小さいときに亡くなってます。

 

どうやら、母親がなくなったあたりから父親が暴力振るい始めたみたいなんですよね(´;ω;`)お兄さんが、彼をかばって殴られてて。もう、幼いショーンからしたらガクブル。

 

で、どうしてもトラウマから逃れられない彼は猜疑心の塊なんです。女性に対して、ブリザート並みの冷たい目線で、厳しくチェック。

 

彼が、結婚しない理由は、苦労して稼いだ金を持ち逃げされたくないから。金目当ての女はこりごり。その結果、割り勘ヒーローの出来上がり。

 

一方、ヒロイン リジーは心優しきナース。

 

もうびっくりする位、やさしい。借金癖があるとしか思えない自分の母親への金の工面に奔走しながら、うらみがましい処は一切なし。

 

それだけでなく、ヒーローの父親とも関係も良好。彼の父親とは大家と店子の関係なんですが、病持ちの年老いた大家とリジ―は擬似親子の関係を築く程の親密ぶり。

 

でも、そんな優しいリジ―にたいしてもショーンは、超厳しい目線でチェック!!うわ、こえぇーーーー。

 

リジーは性善説で生きてる人なんで、あくまで「善意」なんですよ。でも、彼は全く理解できないわけで。そこがなんとも歯がゆいかぎり。

 

もしかして、父親の愛人だったのか?とか、俺のこと金融界の大物だって知ってるのか?とか。ね。いろいろ妄想しちゃって、ショーン可愛そう。

 

でも彼女のほうは、そんな彼のヤキモキをよそに、彼の鍛えられた身体にうっとり気味で(苦笑)建設業のお仕事?もしくは肉体労働?の発想です(笑)いや、一流のジムで鍛えた筋肉だから!爪みろよ、爪。

 

結局、ショーンは父親の死を受け入れ、彼女への愛を自覚しお互い寄り添いストーリはすすむんですが、ここで大きな壁が1つ。

 

なかなか「自分が大金持ち」とはいえません。割り勘にしちゃったしね(;^_^A 父親はお金に困ってる風だったので、リジーにそのあたりうまく説明できる自信もなかったのだと。

 

嘘をついている罪悪感からか、彼女と少しずつ距離をおきはじめます。自分自身を幸せから遠ざけてしまう悲しい行動。

 

その後も、自分の正体をカミングアウトするも、リジ―への偏見が拭い去れず、何回も何回も、リジーを理不尽な解釈をして彼女を責めるんです。ちょっと病的。

 

金目当ての女はうんざりだ、と言いながらも、本当は自分を裏切らない女性を求めているのに・・・

 

最後、ショーンの矛盾だらけの行動を、総て許し包み込むリジ―の言葉が奥深い。

「どうしていえる(許してくれる)んだい?」と尋ねるヒーローに
「たぶん・・・あなたのことが前より理解できるようになったから、許すことも楽になったんだと思う」
「誰だって、人生から善なるものを受け取る資格があるわ」

彼女のやさしさが、じんわり伝わり、何かきれいなもので洗い流されるような感覚をうける一冊!!心が綺麗になりたいーというときに読むと浄化された気分になりますよー。

 

⇒小説 夜明けを待ちわびて (MIRA文庫)をAmazonでチェックする

 

 

★コミック版はRENTAで試し読み増量中★

 

↓藤田和子さんでコミック化!うっとり・・・美しい( ´∀` )

 

夜明けを待ちわびて セット

夜明けを待ちわびて セット

[著]藤田和子 [原作]J・R・ウォード