シャーロット・フェザーストーン『七夜の契り』を読んだ感想

レイバーン侯爵ジェイスと令嬢ブロッサム(画家)のロマンス。

 

 

放蕩者と呼ばれるジェイス。彼には長年片思い中がいるのですが、彼女はすでに「弟の婚約者」。いよいよ二人が結婚する時期が近付いてきたので、ジェイスは傷心のため家にいられません(笑)意外に繊細!

 

 

ハートブレイクな彼が領地を転々としていたところに、なんと婚約破棄の連絡が!!何事かと駆け付けてみると、弟はどうやら別の女と駆け落ちしたらしい。

 

 

これはチャンスとばかりに、ジェイスは張り切るのですが、なかなかうまく行かないことばかり。

 

 

彼の前に立ちはだかる障害は、放蕩者のレッテルだけじゃなかったんです!「宵闇の鳥のささやき」の続編、といえば誰がでてくるかはお分かりですね。

 

 

もし先に読まれてないのなら、「宵闇の鳥のささやき」を先に読むのをおすすめします。

 

『七夜の契り』を読んだ感想(前作のネタバレあり)

 

ジェイスの恋の障害は、マシューパパ。ブロッサムは、「宵闇の鳥のささやき」のヒーロー マシューと、ヒロイン ジェインの娘なんです。

 

もうブラックホール級の心の闇をもってるマシューですから、なかなかジェイスに対しても辛辣です。

 

前作で、マシューとジェインは結婚せず「ラマン」の関係で終了しましたが、こちらの続編ではめでたく結婚後の姿が描かれています。。マシューの父親の公爵様がなくなり、その後、爵位を引き継ぐのと同時に、ジェインと正式に結婚したと推測。(多分)

 

 

もう、それはそれは熱烈な二人の間に生まれた「ブロッサム」ですから!父親のマシューも、母親のジェインも彼女の婿取りには力はいってます。

 

 

ブロッサムの元々の婚約者というのがですね、マシューとジェインと旧知の仲だった夫婦の息子さん。長男のジェイスは、ちょっと評判わるくて、次男の方が芸術家肌のイケメン。

 

 

まぁ、両親としては兄弟の「無難な方」をブロッサムと婚約させたのですが、こいつがですね、別の女性と駆け落ちしちゃうんですよ。しかもブロッサムに「婚約破棄してもいいかな?(いいとも!)」みたいな感じで。

 

 

ブロッサム自身も、熱い恋愛や情熱を体験したいっていう気持ちがあって、どうもこの弟ちゃんには、親愛は感じても情熱はかんじず、ということで、めでたく円満、婚約破棄と相成ります。

 

 

本当は、ブロッサムは、少女時代からジェイスに恋心を抱いていたんですが、彼が「放蕩もの(女たらし)」という評判をきいて、ちょっとビビってます。あー、だまされなくてよかった、ってどこかで思ってますが、婚約破棄した後、気になるのは何故か、ジェイスのことばかり。

 

 

もう、二人は長年、両思い!いいじゃん、くっついちゃえよ(笑)と思うのは、読者だけで、マシューは猛反対です。

 

 

何故なら、自分のことは棚に上げて!「娘の婿には誠実であってほしい」のです。心当たりがあるからこそ、放蕩ものは、許すまじ!御しやすい婿のが好ましい。

 

 

こんな、マシューにジェイスは真っ向勝負を挑みながらも、影でブロッサムとイチャイチャ(笑)

 

 

まぁ、「宵闇の鳥のささやき」が暗かったので、みんな幸せになっていて、本当にいい感じのロマンスでしたよ。