カテゴリー:キャスリーン・E・ウッディウィス
ホームPage 1 / 11

ヒストリカルロマンスの先駆者、キャスリーン・E・ウッディウィスの名作。

 

今から40年以上前に書かれた作品ですが、流麗で品の良い出だしから、ストーリーに引き込まれ、全く古さを感じさせません。

 

長きにわたり、多くの女性をときめかせた作品は、ロマンス小説の要素がぎっしり詰まっています。ロマンス小説初心者の方でも、安心してお手にとっていただける作品です。

 

created by Rinker
¥1 (2020/12/02 01:48:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
¥49 (2020/12/02 01:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

記事を読む

造船技師ゲイジと彼の使用人で元女囚シメインのロマンス。

 

 

 

垢にまみれ、ぼろきれ同然の服をまとった女囚シメインの正体は、豪商の娘。
何不自由なく暮らしていたシメインですが、あらぬ罪で逮捕され奴隷の身に落ちぶれてしまいました。
冤罪を証明してもらおうにも、彼女の身内は誰もシメインを見つけだすことができない。
絶望の淵で出会ったのは、造船技師ゲイジ。なけなしの金をはたいてシメインを買い上げ、それはそれは大切に扱います。

 

 

 

本作品のアメリカでの刊行は1997年。作者の晩年の作品なのか、雰囲気は全体としてまったりとしており、登場人物の人柄も落ち着いた印象をうける作品です。
ですが、そこはヒストリカルロマンスのファーストレディ。キャスリーン・E・ウッディウィスの作品ですから!!ロマンスでのトキメキ要素は満載ですのでご安心を。

 

created by Rinker
¥351 (2020/12/02 02:19:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥478 (2020/12/02 02:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

記事を読む

キャスリーン・E・ウッディウィスの11世紀のイギリスを舞台にしたヒストリカルロマンス。

 

イングランドを征服しにやってきたノルマン人のウルフガーと、サクソン人の元領主の娘エイスリンのロマンス。

 

とにかくヒロインが可哀想。

 

 

突然やってきたノルマン人に父親は殺され、母親はむごい仕打ちをうけ気がふれてしまいました。エイスリンは首に縄をかけられ、無理やり凌辱・・・

 

 

出だしから、暗く重いストーリー展開に、ちょっとドン引きしちゃうので、甘いロマンスを期待されてる方は取り扱い注意の作品。

 

今回、私はサンリオ版を読みましたが、Amazonでみつけられなかったので、ソフトバンク版をリンクしますね。名作ではありますが、賛否両論といったところでしょうか。

 

あまりにむごい仕打ちを受けるヒロインに胸を痛める作品です。

 

created by Rinker
¥149 (2020/12/02 21:15:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥100 (2020/12/02 21:15:30時点 Amazon調べ-詳細)
記事を読む

ヒストリカル・ロマンスのファーストレディの呼び名に相応しいキャスリーン・E・ウッディウスの作品。昼ドラにしても申し分ない、典型的なザ・ロマンスです。

 

 

冷たい風が吹きすさぶ季節に萌えいずる真紅の薔薇。まさにヒロイン エリエンヌそのもの。

 

母親は死に別れ、賭博ぐるいの父親と、身体の不自由な弟と三人で、貧しい暮らしをしていますが、凛とした風格はまさに貴婦人。彼女の行動はおろかでもあり、そして気高くもあります。

 

上下二冊で発行されています。ちょっと長いので、序盤中だるみもありますが、エリエンヌの競売にかけられる場面から盛り上がりますので、ご安心を。

 

created by Rinker
¥24 (2020/12/02 04:59:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥70 (2020/12/02 21:13:00時点 Amazon調べ-詳細)

記事を読む

ホームPage 1 / 11