この記事は約 4 分で読めます

夢からさめたら テキサスの恋 10

シングルファーザーとして3人の子どもを育てながらロデオで活躍するエメットがヒーローです。彼のお相手は、エメットの妻と駆け落ちをした男性の実の妹、メロディ。

 

 

陽気で明るいエメットですが、駆け落ちを手助けしたメロディには、なかなか辛辣。
そして、メロディは、両親亡き後、自分を育ててくれた実の兄とエメットの間で板挟みになります。

複雑な事情がとりまく二人のロマンスは、以外にも早めにエメットが全面降伏し、甘い展開になります。しかし、二人のロマンスには、他に問題が・・・・

 

⇒[小説]夢からさめたらの詳細をみてみる[RENTA]

『夢からさめたら』<テキサスの恋10>を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ第1作目。シリーズなじみがない方は、こちらをどうぞ。⇒テキサスの恋シリーズ情報まとめ

 

ちょーっと、シリーズ前後して、わかりにくいんですが、テキサス探偵物語シリーズ3作目『この恋、勝負あり?』を読んでからの方が楽しめますよ。

 

押さえておきたあらすじ

人間関係複雑なんで、かるくあらすじいきます。

 

ヒューストンにある会社社長ローガンの遠い親戚エメット。そして、ローガンの秘書の一人メロディ。二人はローガンを通して、顔を合わせることが度々ありましてね。

 

 

エメットはメロディをめっちゃうらんでます。実は、エメットはメロディの兄に、妻をNTR(寝取られ)なんですよねー。自分と子供たち3人をおいて、メロディの兄と駆け落ちされちゃうんです。

 

 

で、その手助けをしたのがメロディってことで、「お前の兄が、俺の妻をたぶらかしたんだと責めたてるエメットに、メロディは返す言葉もない・・・というのが、「テキサス探偵物語」での状況なんです。

 

その後の二人の関係がロマンスになってます

え、そんな冷え冷えの二人なんですが、ちょっと状況がかわってきます。

 

エメットはロデオで生計たててるんですが、危ない仕事でしょ?落馬して、病院に入院。で、その間、子供たちの面倒をみる手がたりないってことで、メロディが駆り立てられます。

 

エメットは本意じゃないんですが、入院中のことなんで。で、いろいろと世話になりつつ、彼女を見る目がすこーしずつ変わってくる・・というストーリー。

 

 

メロディは、あか抜けない地味な大柄な女性で、本人もきにしてます。でも、エメットは、大柄で豊満な体つきのメロディに魅力を感じて(笑)

 

笑顔がかわいいなぁ・・・・なんて、思えてきちゃったり。ただ、NTRの恨みもあるんで、

 

「いかん、相手は自分の人生をめちゃくちゃにした裏切り者だぞ!」

とブレーキがかかるんですね。アクセルとブレーキを両方踏んでいる状態。

 

 

でも、早々に二人はくっついちゃうんです。まぁ、子育て問題ですね。エメットは、やんちゃで育ち盛りの子供3人かかえるシングルファーザー。もともと不器用な性格だし、ざっぱな男らしいたちなんで、しつけらしいしつけができてません。

 

んー、とらえようによっては、ネグレクトぎみかなぁ。

 

これじゃいかん、と、前妻との結婚や、今の現状を深く反省し、ロデオから足をあらい、ジェイコブズビルのとある牧場で仕事を見つけます。

 

ところが、何事も一晩ではうまくいかず。子供たちは新しい学校で問題をおこしてばかり。仕事も人間関係もまったく一からスタート。

 

そんなエメットが、メロディに助けを求めるんですね。豊満なボディにいやされたいか。エメット。

 

 

当然、エメットが悩みをきいてくれ、なんて正直に言えるはずはありません(笑)あんな、態度を散々とっておいて、優しくしてくれなんて、普通・・・言えないですよね~。

 

またもや、メロディに意地悪な発言をしたり、ツンツンしたりしますが、優しいメロディは「きっとエメットはなにか話したいことがあるのね」と優しく彼から心の悩みを引き出すんですよ^^

 

 

威圧的な状況には、めっぽう弱い大人しいメロディですが、優しさは抜群!子供たちの悩みをひとしきり話終えた二人の会話。

「愛されたい、愛されてるという証拠がほしい。子供ってそんなものよ」
「子供だけじゃないさ、メロディ」エメットはふいにそうつぶやき、彼女の目をじっとのぞきこんだ。
「誰からもかまってもらえなければ、大人だってひねくれてしまう」

大人っていうか、エメット、自分のことでしょ。

 

 

若干20歳そこそこなのに、彼の疲れた心をいやすメロディのやさしさや、おおらかさに読んでいるこちらが癒されるんです(´;ω;`)

 

 

エメットの長男ガイが二人の結婚に最後まで反対しますが、その時のエメットの反応も面白い。

「パパはぼくといるよりメロディといるほうがいいんだ」
エメットはおかしそうに口元をゆがめた。
「もう少し大きくなったら、おまえにもその理由がわかるよ」

そうそう!もう少し大人になればガイもわかるね(笑)

 

ってなかんじで。

 

メロディも反抗的なガイには手を焼きますが、エメットに一番よく似ているガイを特に気にかけます。辛抱づよく接し、彼の信頼を得る過程がいかにも継母継子の絆という印象です。

 

こころ温まるハートウォーミングな一作。優しさが不足してるときに是非どうぞ^^

⇒[小説]夢からさめたらの詳細はこちら[RENTA]

 

 

★次のシリーズの感想はこちらから

目を開けてキスしての感想を見てみる

 

 

▼目次に戻る▼

テキサスの恋シリーズ情報まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。