この記事は約 3 分で読めます

ナリーニ・シン『黒き狩人と夜空の瞳』 <サイチェンジリングシリーズ1>の感想

パラノーマルのジャンル 「サイチェンジリングシリーズ」の第一作目。
ロマンスの要素だけでなく、独特の世界観があり、そこに入り込めるかどうか、このシリーズを楽しめるか否かのキモ。

 

 

標題の「黒き狩人」は、孤高のヒーロー ルーカス。「夜空の瞳」を持つのは孤独なヒロインのサッシャです。二人のロマンスは、夢での逢瀬がきっかけ。

 

お互いに惹かれながらも現実は、種族の壁に阻まれ、近づけない。夢の中でだけ許される逢瀬に大胆なサッシャに注目の作品

 

SFがお好きな方むきかしら。とっつきにくそうなヒロインですが、心は超優しいんです。

 

 

 

『黒き狩人と夜空の瞳』のあらすじ感想&ネタバレ

えー、サイチェンジリングの1作目。1話1ロマンスなんですが、ストーリー自体は次回に引き続いているので、途中の巻数から読み始めるのは厳しいシリーズ。

 

詳しくはこちらをどうぞ⇒サイチェンジリングシリーズの情報まとめ

 

 

 

 

それぞれの巻のヒロインが表紙を飾っているのですが、他の巻の表紙と比べるとやや地味な印象はぬぐえません。表紙で損してるなぁ。一巻の表紙が、ちょっと損してる印象。

未読の方にはジャケ買いならぬ、表紙買いにはちょっとなりにくいのかな。

 

ま、それはさておき。

 

動物に変身できる「チェンジリング」。チェンジリング内で殺人事件がおき、どうやら、超能力がつかえる「サイ」がからんでるのでは?とにらみます。

 

そこで出てきたのが、チェンジリング2大派閥の豹チェンジリングと狼チェンジリング。で、このチェンジリングのボスがアルファーとよばれており、派閥の中では絶対的存在。

 

今回のヒーローは、豹チェンジリングのアルファ ルーカス。サイからの情報をひきだすために、サイ サッシャに近づき、なんとか内部の情報を引き出そうと目論みます。

 

ビジネス上の名目でね。

 

彼女の母親は、イの世界の中での政治的権力者、評議会メンバー一員で、ビジネスも手掛けるやり手の女性。サッシャは、何か知ってるだろうとチェンジリング側はふんだ訳ですが・・・

 

 

実は、サッシャは落ちこぼれ。サイの中でも特別な能力をもつしるし夜空の瞳をもちながらも、目だった能力がありません。いたって普通。母親がエリート故に期待外れ的な存在。夜空の瞳を持つ人間は、とっても特別なんです。

 

で、彼女は母親にも秘密にしていることがあって、チェンジリングの人達には勿論、誰見もいえない。

 

 

もし発覚すれば、もし、発覚すればサイ独特の強制的プログラムを受けさせられ、悪くすれば廃人同様に。

 

サッシャは、自分の秘密を誰にも悟られないよう、チェンジリング内の殺人事件の解決に協力するのですが・・・

 

ルーカスといい仲になっちゃう( ´艸`)

 

種族を超えた愛は基本はタブーね。でも、夢でだけ、二人はであって、そしてふれあって。

 

サッシャの中では、ルーカスへの想いが高まるのと同時に、殺人事件の真実と、サイ全体への疑惑が渦巻いていき・・・という展開。

 

記念すべきシリーズ1作目なので、用語や世界観がバンバンでてきて、ちょっと読みにくい印象。でも2巻目以降は、かなーりスムーズに読みやすくなるんで。

 

SF好きや、もふ系、パラノーマルがお好きな方は是非。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。