カテゴリー:★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:★★★

サラ・ウッド『氷の女王』を読んだ感想

サラ・ウッド『氷の女王』を読んだ感想

大学生ジェンマとイタリア人伯爵ヴィットリオのロマンス。

 

父親の仕事の付き合いでイタリア人伯爵をおもてなしするジェンマ。母親が小さい頃に亡くなり、小さなころから女主人として家を切り盛りしています。

 

ジェンマはセクシーなイタリア人伯爵にひとめぼれ。ヴィットリオも、かつてない情熱を感じ二人は一気に惹かれあうのですが…。

 

ジェンマ兄のダメさ加減が半端なく手がつけられない。こいつのせいであらぬ誤解をジェンマはうけてしまい、ヴィットリオから「尻軽女」の烙印を押されてしまいます。

 

父親がなくなり、突然兄も亡くなり、天涯孤独の身の上になってしまったジェンマ。兄の葬儀で登場するかつてに恋のお相手ビットリオは、彼女に驚きの事実を伝えます。

 

兄はジェンマの預金に手をつけており、さらにヴィットリオに借金をしていたのです。

 

屋敷も抵当にはいってしまい、住むあてもない。大学生活も続けられるのか。

途方にくれるジェンマに救いの手を差し伸べたのはビットリオ。

 

いかにもハーレクイン的なストーリー展開がお好きな方はぜひどうぞ。

 

 

『氷の女王』を読んだ感想

 

ジェンマの兄は女にだらしなく、金づかいもあらい。父親がなくなり、ビジネスを引き継いっだ時も真面目に仕事をするわけでもなく、金ばっかり使うようなダメな奴。

 

そんな兄と、ビットリオの親戚の女性が結婚したこともあり、ジェンマにとってビットリオは単に父親のビジネス仲間という男性ではなく、姻戚関係でもあるんですね。

 

兄の葬儀にきたのも、一緒に亡くなった兄嫁の葬儀にでるため。ヴィットリオにとって親戚になりますからね。

 

ジェンマはかつて、ビットリオから手ひどくあしらわれた記憶があり、頑なな態度をくずししません。彼女の態度はまるで氷の女王。

 

ビットリオは、とある誤解からジェンマを「尻軽女」と誤解をするのですが、金もなく、行く当てもないジェンマを見捨てるワケにはいきません。なんたって、本当はすきなんですから(笑)

 

ぼんくら兄の放蕩ぶりから考えて、ジェンマもどうせ同じだろう、と決めてかかる態度はゆるすまじ。イタリアにジェンマを連れて帰り、ビジネスを教えこむという名目でアチコチ連れまわします。

 

ビットリオは、おりにつけジェンマをこき下ろすし、ジェンマも氷の女王ですから、頑として本当のことを言いません。

 

ビットリオの弟と、ジェンマが、ちょっと自分の見てないところで会話しようものなら怒り心頭。悪女から、弟まもるのだ!とかなんとかいってますが、単なる嫉妬ですよ。嫉妬。みぐるしいなぁ(笑)

 

結局、彼女が尻軽だったという事実はなく、まぁ、アレですよ。ストーリーが進み例の定番の方法で証明されて、驚きのビットリオ。

 

「なぜ言ってくれなかったんだ!!」と驚きと嬉しさに興奮気味で、ハッピーエンド。

 

「いってくれない、と詰るけど、いっても聞かなかったでしょうよ!」と突っ込んであげてください。

アナベル・マレー『記憶のかけら』を読んだ感想

アナベル・マレー『記憶のかけら』を読んだ感想

交通事故で記憶喪失の女性ザーラと有名作家トールのロマンス。

 

記憶喪失のザーラの前に現れたのは、彼女の夫と名乗る男性とザーラの親友となのる女性。しっくりこないけれども、二人を信じるしかない。

 

奇妙な3人での生活は、新天地ではじまります。有名作家の元で、ザーラは秘書として、親友となのる女性は家政婦として、夫は雑用をする使用人として働くことに。

雇用主トールは、ザーラにたいして冷ややかな視線。ザーラの記憶喪失を疑い、どこかぎこちない態度をとります。

 

夫と親友もなんだか怪しくて、新しい雇い主も、思わせぶり。全般的に、薄気味悪い雰囲気がストーリーがすすむので、甘いロマンスがお好きな方は、ご注意ください。

 

⇒記憶のかけら (ハーレクイン文庫)記憶のかけら (ハーレクイン文庫)の詳細をみる

 

『記憶のかけら』を読んだ感想

 

軽くミステリータッチの作品。表紙がいかしていてシビレます。

どうです?すてきじゃありません?背景にイナズマと、白馬です(笑)

 

【登場人物】

  • ・ザーラ・・・ヒロイン 交通事故で記憶喪失
  • ・モーリス・・・ザーラの夫となのる男
  • ・シビル・・・ザーラの親友となのる女
  • ・トール・・・3人の雇い主 有名作家

 

トールの屋敷で繰り広げらる人間模様が見どころです。

 

まず、モーリスとシビルが怪しい。コソコソいちゃついてます。そして、トールは何故か?ザーラの記憶喪失を疑いつつも、モーションを。

 

ザーラは、うっすら屋敷の中でモーリスとシビルがいちゃついてるのを知っていますが、自分は記憶喪失でどうすることもできない状況。それでも、モーリスに操をたてて

トールのモーションをはねのけます。

 

どこか、トールを懐かしいと思いつつ惹かれる気持ちが湧き上がる。記憶のどこかで、何かがもどかしいと感じるけれど、思い出せそうで思い出せない。

 

そんな時、思わぬ人と偶然出会いザーラの封印された記憶が一気に戻ります。恐怖しかない記憶の先に何がまっていたのか。

 

ミステリーという程ではありませんが、先がとにかく気になるストーリー。甘めでないロマンスが読みたい方はぜひどうぞ。

 

パトリシア・ウィルソン『囚われの美女』を読んだ感想

パトリシア・ウィルソン『囚われの美女』を読んだ感想

実業家カイルと彼の秘書アレキサンドラのロマンス。

 

アレキサンドラは、両親を亡くした後、弟と二人暮らし。自己中でワガママな弟に手が付けられない。頭をなやませる彼女にもう一つ問題が持ち上がります。

 

彼女が勤める会社が買収されてしまいます。どうやら株を買い占められ、乗っ取られてしまったらしい。創業者の血縁のアレキサンドラは、会社の株をいくばくかもっており、新しいボスに対して疑心暗鬼。

 

おまけに上司にあたる男からイヤラシイセクハラを受けてる。

 

と、いろいろ問題てんこ盛りの美女の問題を、ヒーローが強引に解決する(笑)ロマンスです。ヒーローが不器用すぎて面白いですよ。

 

 

⇒囚われの美女 (ハーレクイン・ロマンス)

 

囚われの美女の感想<ネタバレ>

 

やたらめったらトラブルばかり。アレキサンドラの手に終えないのは明白なのに、なんとか自分さえ我慢すれば、と気丈に頑張ってるヒロイン。

 

 

乗っ取り屋と言われながらも、なかなか情のあるカイルはアレキサンドラをみて、なんとか力になってあげたいと思うようになるのですが。

 

そこは、情に流されても株は買い占めたい。

でも、アレキサンドラの力になりたい。

 

と、ビジネスとロマンスのはざまで揺れうごきます。傍目には強引にみえますけどね。

実際、アレキサンドラは、会社の創業者の血縁なので、カイルが買い占めようと思ってる株のいくばくかを持っており、譲ってくれたらうれしいな~ともおもってますし、彼女の伯母からも株を譲ってほしいな~と思ってたりする。

 

彼は、決して株をあきらめたりしないです(笑)そんなところが、強引な行動にうつるんでしょうね。

 

終盤、彼の心の内が明らかになると、結構子供っぽかったりしますよ。

アレキサンドラへ、愛をこめて1本の薔薇を送りたかったけど、照れ臭くなっちゃって、結局ものすごい量を送りつけたり。

 

アレキサンドラが、定時後に他の男とデートできないように、わざと残業三昧にさせてしまったり(笑)

 

と、後半になるほど、彼の人柄がしのばれますヨ。

 

ダイアナ・ハミルトン『情熱のフーガ』を読んだ感想

ダイアナ・ハミルトン『情熱のフーガ』を読んだ感想

大農場主ロマンと元妻キャシーの元サヤロマンス。

 

キャシーがセクシーで大金持ちのロマンの妻だったのは1年前。義理の母親義姉たちにイビられて続けた結婚生活に終止符をうち逃げるようにスペインから出国。

 

 

これで、ロマンなしの人生を生きていけると思った矢先、キャシーの双子の弟がロマンのお金をくすねたらしい。

このままでは弟は刑務所に!!

 

 

悲惨な結婚生活のトラウマを抱えながら、弟の尻ぬぐいをするため元夫に合うためスペインにむかうのですが、元夫ロマンから思わぬ申し出を受けることになります。

 

 

もう2度と、あんなみじめな結婚生活は送りたくない、と思いつつもロマンへの気持ちを抑えきれない。

 

 

何故、1年前キャシーがスペインを出るのをそのままロマンは許したのか。

 

スペイン人ヒーローの複雑な心の内が垣間見れる元サヤロマンスでございます。ちょっとヒロインがヒステリー気味なので、苦手な方はご注意を。

情熱のフーガの感想<ネタバレ>

双子の弟が、元夫の財産に手をつけて刑務所に入れられるかもしれない。弟から泣きつかれたキャシーは、元夫ロマンの元へ出向きます。(別居中で離婚手続きまちだから、法的にはまだ夫ですね)

 

この地点で、ちょっとヒステリー気味なヒロイン。どうやらスペインでは過去のトラウマがよみがえるらしいのです。

 

過去のトラウマというのはですね。

 

ロマンの母、姉は、キャシーがとにかく気に入らない。ロマンにはお金持ちの娘が相応しいと、キャシーをネチネチいじめてます。

 

「どうせ、ロマンは子供ができたら、あなたなんてお払い箱」

「ロマンは、モテモテ。すごい美女たちとつきあってきてるから、あんたなんてね〰」

 

純朴で年若いキャシーは、真に受けてしまい、ロマンに対してぎこちなくなってしまいます。彼女は、幼い頃から父親に押さえつけられ、誰かのいいなり。勿論、ボーイフレンドなんていませんし、男の子と普通に付き合ったことなんてない。

 

そんな素朴で純(プ)なところが、ロマン的に「か~わい~」って思い、キャシーと結婚するのですが、彼がちかずくとキャシーはコチコチ。

 

ロマンとキャシーは結婚後、なんとか初夜をすごしますが、悲惨の一言。

生来の内気な性格に、意地悪な外野があらぬことを耳打ちしてるので、

 

「ああ、私はロマンを楽しませられない。女の魅力ゼロ」

「もし子供ができたらロマンから捨てられてしまう」などなど、妄想が暴走して拒食症気味。

 

一方、ロマンは自分が拒否られてしまったと勘違いし、キャシーに手を触れないという姿勢を徹底します。でも離婚はしない(笑)

 

 

というのが、トラウマの背景。

今回は、スペインの地に弟を救い登場したキャシーは「私は以前の小娘じゃないわ!」と鼻息アライ(笑)

 

そんなキャシーにロマンは「しばらくの間、僕とくらしてくれたら弟の件は不問にする」と思いもよらぬ提案をしてきます。

 

弟を救うため、かつて愛したロマンと一緒にくらす選択をするキャシー。

そこで、お約束のようにベッドをともにし、心を通わせ、愛し愛されるという展開なので、一見ハッピーロマンスのようにみえるのですが。

 

実は、ロマンは嫉妬メラメラなのです。

 

誰が、彼女にレッスンしたのか!!(してねーよ)

 

 

そこには彼なりの、複雑な思いがあったのですよ。離れていても、決して彼女を見放したわけではなく、そっと彼女を見守りつづける心の内を知ると、最初の横暴なふるまいも許せるような気がしますよ。

 

うーん、ロマンって名前、スペインでは普通なんでしょうか。「マロン」ってまちがえちゃうんですよね。栗(笑)