この記事は約 3 分で読めます

子爵の贈り物

もてもてのチェプストウ子爵と家庭教師のハニーサックルのロマンス。

 

かつて、親友の兄に淡い恋心を抱いていたハニーサックル。地味に家庭教師として住み込みで働いていた先に、突然、お客様として彼が登場。

 

二人は偶然に再開するのですが・・・・

 

大切な妹の親友を「きずつけるつもりはなかった(´;ω;`)」と後悔ばかりのチェプストウがいかにーも短絡的でやや腹立だたしく面白い?ロマンス!

 

派手好き、女好きの子爵が、地味子にメロメロになっていくこぎみよいショートストーリーです。

 

⇒[小説]子爵の贈り物の詳細をみてみる[RENTA]

 

『子爵の贈り物』のあらすじ感想&結末ネタバレ

『子爵の理想の花嫁選び』のスピンオフのショートストーリー。

 

チェプストウ子爵の妹は、ちょーっと(勉強方面で)要領がよくない女の子。で、そんな彼女と仲良しで、寄宿学校生活で常にフォローしていたのがガリ勉 淑女のハニーサックル。

 

ハニーサックルは身寄りがなく貧乏なんですよ(´;ω;`)でも、二人は、金持ち・貧乏の差があっても、超仲良し!

 

で、当然、子爵は妹の親友としてのハニーサックルとあったりするんですが、年の差もあって食指はうごかず(笑)

 

ハニーサックルも、子爵をみて「素敵」って思ってるんですが、なにせ生活ぶりが派手なもんだからビビり気味。

 

で、学校を卒業したハニーサックルは社交界にデビューすることもなく(お金ないから)、ひっそり家庭教師として住み込みで働くことに。子爵の妹は、社交界デビューしていいとこに嫁いで落ち着きました。

 

で、そんなこんなで数年たってそれぞれの生活に落ち着いた矢先、ハニーサックルの家庭教師先に、チェプストウ子爵が「大切なお客様」として登場ってわけです。

 

でも、再会は、全然・全く感動的でなく(笑)

 

お金ないもないし、後ろ盾もない。家庭教師先にはこき使われる。休みもろくに取らせてもらえない。そんな彼女に身ぎれいしろっていっても無理じゃないですか!

 

でも子爵@ボンボンなんで、そんな事情はわかりゃしない。

 

再開そうそう、彼女の容姿について、バカ正直にコメントしちゃうんですよね。しかも、こぎれいにしてるほかのレディの前ですよ。

 

 

あとから考えると自分がかなり無礼な態度で、彼女を侮辱してしまったなー、悪いなーとおもった子爵は、彼女に謝ろうとするのですが・・・・裏目裏目にでてしまって(;^_^A

 

さらに、頑張って子供たちの面倒をみてる彼女の力になれたらいいなーと思いつつ、だんだんひかれていくのが止められない。

 

で、そこでしかるべき手続き(?)を取ればいいのに、彼女の職場でオイタするもんだから、ハニーサックルは大ピンチ。子爵狙いのレディに「大切なお客様に色目つかった尻軽使用人」と突き上げくらって職場を追われる羽目になっちゃうんですよ・・・。

 

「どうせ、身分の高い人たちは、気が向くまま使用人をお手付きするんでしょ」と使用人たちに子爵は白い目でみられて(笑)ざまーみろの展開です。

 

最終的には、着の身着のまま追い出された彼女を追いかけて、ごめんごめんの熱烈求婚のハッピーエンド。

 

子爵、なにも相手の職場でしなくても・・・・・こらえ性のない性格のせい?ページの都合上の問題?(笑) 色男が自己中なのはしゃーないか。

 

 

⇒[小説]子爵の贈り物の詳細はこちら[RENTA]

 

↓そうそう、派手好き?なヒーローはこんなイメージです。

子爵の贈り物

[著]津谷さとみ [原作]アニー・バロウズ

チェプストウ子爵は、短気の損気ハブロック子爵のお友達。ハブロック子爵の嫁とりの時にアホなアドバイスしてます。⇒『子爵の理想の花嫁選び』を読んだ感想

 

▼関連記事▼

・アニー/バローズを読むなら!私が選ぶおすすめ作品はコレ

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。