この記事は約 3 分で読めます

社交界きっての花婿候補の子爵ハブロックと、落ちぶれた天涯孤独の貧乏貴族の娘メアリーのロマンス。

 

ハブロックの婚活から物語はスタート。自分の結婚相手は地味子タイプ!と決めてるハブロックが、なんとか理想の花嫁を探しまくり、結婚までこぎつけますが!

 

結婚生活は、思ったようにうまくいかないようで(笑)ちょっとした二人の気持ちのすれ違いに右往左往。

 

 

短絡的で癇癪持ちのハブロックに、おっとり優しい地味子メアリーが、時には耐え、時には賢く行動する。凸凹カップルがいい味だしているロマンスです。

 

全般的に、ハラハラドキドキするストーリーではありませんが、なかなか読ませる作品ですよ。

 

年下彼氏を温かく見守るような視線でハブロックの行動をみてあげてください。私のお気に入りの作品です。

 

 

『子爵の理想の花嫁選び』を読んだ感想&ネタバレ

ちょっと短絡的なヒーローが多い(と思う)アニーバロウズのヒストリカルロマンス。

 

今回も、いい味だしてます!まず、社交界のモテ男はブロックは、いかにも恋愛ベタな感じ。

 

うーん、なんていうか。あれですよ。やったことあるけど、恋愛未経験??みたいなー。

 

年の離れた妹を親戚から引き取るためにですね、自分が結婚しなくちゃいけないんですが、お相手をみつけるのに「よーわからん」と親友に相談するんですわ。

 

この友達っつーのも、無粋な奴らでね。後からシリーズででてきてコテンパンにやられるからいいんですが、彼らこんな条件を考え出すんですよ。

  • とにかく結婚できればいいけれど、誰でもいいわけではない。
  • 美人でなくてもいいけど、跡継ぎ子供は必要。
  • ・ベッドをともにする気にならない程不細工でも困る
  • 高慢な女性は嫌
  • ・跡継ぎの子供が頭が悪くても困るからまったくの低能じゃダメ
  • ・あれこれうるさい親戚に悩まされるのも勘弁してほしい。

 

 

孤独で貧しく不器量で従順。愛に基づく結婚でなくても結婚にくらいついてくるような二十日鼠のような娘を探せですって(プンスコ)

 

で、不名誉な結婚相手として、登場するのが、天涯孤独のメアリー。

 

彼女は母親を亡くしたばかりで、遠縁の親戚の家に身を寄せています。地味で内気な彼女と知り合うやいなや、ハブロックは彼女を花嫁候補にロックオン。

 

このヒロイン メアリーは、地味で内気ではありますが、他人に寛容で、洞察力に優れており、子供好きのするとても優しい子なんです。なので、序盤、ハブロック&友人のゲスイ花嫁条件を知ってる読者は、ちょっとメアリーを可哀想に思うかも。

 

でもですね、結局、愛に基づく結婚でなくても~ とか、妹を引き取るために~とかいちゃってるハブロックなんですが、結局は彼女の気立ての良さに気づき、知るごとに惹かれていきます。

 

こうなってくると、読者は、ハブロックの超失礼な条件が、メアリーばれるであろう、後半の「お仕置き」に期待が高まるわけです(笑)

 

 

で、結局かなーり前半にばれちゃうんですが、地味でおとなしいメアリーは、とても賢く寛容な性格なので、彼を受け入れるために努力をします。

 

 

 

失敗を謝ることができる素直さのある人だし、彼なりに頑張っていることが大切だと思うし、なんて・・・・

 

ロマンスの世界においては、好きなった方が負けなのか!!!

 

ま、結局負けるのはヒーローなんですけどね(^^)/

 

特に嫌な登場人物も出てきませんし、すごーく読みやすいほっとするロマンスです。年下くんを見守る感じのロマンスがお好きな方は是非どうぞ!

 

⇒子爵の理想の花嫁選び の詳細をAmazonでチェックしてみる

 

★コミック版はRENTAで試し読み増量中★

子爵の理想の花嫁選び 1

子爵の理想の花嫁選び 1

[著]原ちえこ [原作]アニー・バロウズ

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。