カテゴリー:■作家別(ラ行)の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

リサ・クレイパス『ハサウェイ家シリーズ』の情報まとめ

リサ・クレイパスのヒストリカルシリーズ「リサ・クレイパス」の情報をまとめました。再読する方の順番の参考に!

 

『ハサウェイ家シリーズ』を初めて読む方へ

 

リサ・クレイパスの有名シリーズの「壁の花シリーズ」スピンオフ(シリーズ)の位置づけ「ハサウェイ家」シリーズ。スピンオフというには、ちょい長く全5作(ですよね?)

 

ポツポツと「壁の花シリーズ」の登場人物もゲスト出演してるので、「壁の花シリーズ」を読んでる方は是非こちらもお読みくださいませ。

 

ハサウェイ家シリーズは、ちょっと変わりものの兄妹4人が主な主人公。もともとお父さんが学者で、学問と芸術を愛し家族の絆固いハッピーファミリーだったのですが、村で猩紅熱がはやって兄の恋人がなくなり・・・父親がなくなり・・・母親もなくなり・・・・兄は失意の中でアル中(寸前)しかも若干デブ化。次女は猩紅熱が完治せず病弱。

 

 

なんとか気丈な長女アメリアが、家族を盛り立てていこうと頑張ってるところからスタート。兄が遠縁の子爵の爵位を引き継ぐことになり、「壁の花シリーズ」の登場人物ウェストクリフ(マッチョ)伯爵とのご近所さんになり、いろいろなメンツと知り合うことになるんですわー。

 

 

「ハサウェイ家シリーズ」こーんな人にお勧め

  • とにかくロマンチック、ジンワリと繊細な描写がたまらなく好き
  • 登場人物が多くても多少は平気
  • 身分差が大好物
  • 長編もドントコイ

とにかくロマンチックなんですよ~。

 

 

1つ1つの行動に繊細な描写が施されているので、ぶっちゃけ長いですね。

 

なので、

  • ・長編シリーズが苦手
  • ・文章が長いと飽きてきちゃう
  • ・ミッドナイトシリーズやハーレクインみたいにサクッと読めるのが好き

という方は、ちょっと向かないかも。じっくり味わって読む感じですね。

 

同じ「リサ」でも、リサマリみたいに「おい、お前たいしてやってねーな」なんてセリフはでてきません(笑)あ、作風の違いだけで、どっちも面白いですけどね( ´艸`)大好きだから、ついついリサマリいじっちゃう。ファンの方許してください。

 

でも、リサクレイパスには外れなし!と言われるのも、さもあらんという感じのシリーズです。再読しても途中でとまりません。今回、私、再読してキュン死寸前でした。

 

一部kindle化されてます。電子書籍化していただき、ライムブックスさんありがとうございます。

 

 

 

ハサウェイ家シリーズ1夜色の愛につつまれて

 

長女アメリアと賭博クラブ 支配人のロマ青年 キャムのロマンス。シリーズ序章。問題山済みの家族の問題がアメリアの肩にのしかかってます。エキゾチックなキャムが素敵!

 

 

 

ハサウェイ家シリーズ2夜明けの色を紡いで

次女のウィンと謎のロマの青年メリペンのロマンス。陰気な大男メリペンとウィンは長年想いを通わす間柄。でも、ロマという立場を考えて、メリペンはプラトニックと突き通しています。メリペンとキャムの関係も明らかに!

 

 

ハサウェイ家シリーズ3黄昏にほほ寄せて

三女ポピーと、ホテル王(は言い過ぎ?)ハリーのロマンス。この作品、個人的に押しです!ハサウェイ家で一番まともなポピーは婿取りに難航中。なんといっても才気煥発な中流階級出身のポピーは、にわか淑女なので「おしとやか」にできず、ついつい興味のあることをペラペラしゃべっちゃうのです。ふとしたきっかけで機械オタクのハリーと知り合い、彼はポピーを見初めるのですが、彼女の心はすでに別の男性にあって・・・・

 

全然わるびれもぜず、汚い手をつかてポピーを手に入れるハリーが素敵です。「何がいかんの?」「全く悪いと思えない」とハリーにキュン・・・・

 

 

ハサウェイ家シリーズ4純白の朝はきらめいて

長男レオと、姉妹の家庭教師キャサリンのロマンス。昔の恋人が病気でなくなり酒浸り。不健康な生活をおくり、小太りになりつつあった一巻からだいぶ兄ちゃん名誉回復です。

 

なんで、そんなキャサリンにつらくあたるんかなぁ~。好きだからいじめちゃうんかな~っていう疑問が残りつつ、ツンデレ男子がお好きな方にはおすすめ。

 

 

ハサウェイ家シリーズ5優しい午後にくちづけて

 

四女ベアトリクスと、隣人のクリストファー大尉のロマンス。クリストファーはハサウェイ家をだいぶ警戒してます。変人家族なんで(笑)特にベアトリクスには要注意。

 

そんなクリストファーは、ベアトリクスの友人狙い。でも、彼女とは婚約までこぎつけず、クリストファーは戦地に赴くことになりまして。ベアトリクスの友人に手紙を書いてよこします。

 

でも友人は、けんもほろろ。戦地の手紙なんて、つまんないし興味ないし!お返事書く様子もありません。ベアトリスクスは、戦地で孤独なクリストファーを思い代筆していくうちに、なぜかお互い恋心が高まって・・・・

 

もう、超ロマンチック!三女のポピーもよかったですが、四女のベアトリクスのロマンスも相当よござんす( ´艸`)

 

ロビン・ケイ『大富豪と結婚しない理由』を読んだ感想

ロビン・ケイ『大富豪と結婚しない理由』を読んだ感想

企業再生のプロのロザリーと、自働車販売店オーナーの大富豪ニックのロマンス。二人は、雪の日の高速道路で出会います。ロザリーは、愛車フォルクスワーゲンがパンクしてしまい立往生。苛立ちのあまり、愛車へ激しい蹴りをいれる怒りぶり。

 

そんな荒ぶるロザリーを目撃したのはニック@大富豪。「自分の正体」を隠し、ちょっと面白そうなロザリーをデートに誘います。

 

何から何まで、期待を裏切る豪快な彼女に、ニックはもう夢中!段々と惹かれるにつれ、自分の正体を隠してる自分がつらくなっていき…

 

 

イタリア系アメリカ人カップルのラブコメディ。コンテンポラリー作品らしい軽快さと、ライトなノリで読み終わりハッピーな読書感。女の幸せが、ぎゅっとつまったニックのヒーロー像に、ロザリーでなくても心動かされる作品です。

 

『大富豪と結婚しない理由』の感想とあらずじ(ネタバレ)

えー、ヒロイン設定が斬新です。

 


結婚願望ゼロ。
汚部屋の住人。

 

「朝、カーテンをあけなければ、夜にしめなくてすむじゃん。ナイスアイディア!」

 

 

そんなヒロインなので、母親がガミガミ小言をくりだしてきます。おおよそ家庭的といえない彼女ですが、経済的には自立していてバリバリ仕事してます。企業再生のプロですよ。エリート臭しますね!

 

 

彼女の恋愛観は

  • 女性にとって、分が悪い結婚なんて、するわけないでしょ。
  • どうせ、新しい女に鞍替えされちゃうんだし。
  • キャリアを棒にふって、家庭にはいるなんて、考えられない。

結婚願望ゼロ、そして汚部屋住人ロザリーは、なんとも素敵な男性と出会ってしまいます。

 

 

高速道路で立往生しているロザリーを助けてくれ、車もけん引してくれた!しかもデートまで誘ってきた(笑)

 

 

 

普通の女性なら、ニックにメロメロなはずなんですが…まぁ、なんてことでしょう!

あまりのハンサムすぎる笑顔に、ロザリーは心の中で「このイタチ野郎」と唱えます。

 

 

ニックはロザリーを、面白そうな「いかれ女」と心の中で唱えているのですが、知らぬは本人ばかりなり。

 

 

まぁ、なんだかんだいっても「いかれ女」と「イタチ野郎」は、お互いああ素敵だなと思ってるわけですよ(笑)

 

 

一番ピッタリきたのはお互いの考え方。結婚なし、将来の約束なし。あとくされなしの恋人関係。

 

 

ロザリーの恋愛観にニックはびっくり!!なんといっても花婿候ナンバーワン扱いだったので、教会につれていかれるのにいつもびくびく。結婚のケの字を感じたら、即お別れしてきた歴代彼女たちとは全然違う!

 

 

なんとも居心地が良さそうだ、と内心シメシメ。

 

ところが、ロザリーの「いかれ具合」は、ニックの枠を超えていて、驚くばかり。

 

  • ・ベッドの中以外では、べたべたしたくない→スポーツ観戦のときに野次が跳ばせない
  • ・ニックには、さっさと帰ってほしい。→ゆっくり休みたい
  • ・電話は私からするからニックしないで!

 

 

一方、ロザリーは付き合いが早いうちからニックが大富豪だと知ってしまいます。でも、結婚するわけじゃないから、別にいいよ。お互いの約束守ってるうちは、と思うのは前半のみ!

 

情熱的な二人のロマンスは、序盤からアツアツ。見どころは、ロザリーの豪快な言動と、ニックの保父さん的な行動!掃除・洗濯してくれて、干しっぱなしのブラジャーまで畳んでくれるんですよ!

 

 

二人の生活のリズムが合うようになったころ、後半、心の距離が浮き彫りになっていきます。

 

ニックは自分の正体を黙っていること。ロザリーは、彼が正体を打ち明けてくれないこと。果たして豪快なロザリーの恋愛観と結婚観はどうなるのか?

 

 

軽いノリで楽しめて、ハッピーな読書感の作品です。

 

 

 

リサ・マリーライス『ミッドナイトシリーズ』の情報まとめ

ホットすぎると評判のリサマリーライス「ミッドナイトシリーズ」の情報をまとめました。新刊のチェックや再読する方の順番の参考に!

 

リサ・マリーライスのミッドナイトシリーズ新刊『真夜中の探訪』

Amazonの紹介文です。

ミッドナイト(真夜中)シリーズ 初のスピンオフ二編。

第二シリーズ・ジャッコとローレンの後日譚「真夜中の探訪」と第一シリーズ・ニワルスキとアレグラの後日譚「真夜中の影」。

 

愛するローレンと満ち足りた生活を送っていたジャッコ。しかし、ローレンから妊娠を知らされた彼は、激しく動揺し家を飛び出してしまう。薬物中毒者の息子である自分に、子どもを持つことは許されるのか。ジャッコは改めて自らの出生の真実と向き合うため、探訪の旅に出ることを決意する。

表題作の他、ダグラス・コワルスキとアレグラ夫婦がギリシャのリゾート島で体験する事件の?末を描く『真夜中の影』を併録。二組のカップルのその後を切なく描くファン待望の〈真夜中〉シリーズ、スピンオフ!

 

今回は強面筋肉ムキムキのジャッコと、強面ブ男代表格のコワルスキさんのスピンオフ。

二人とも大好きなんですが、私は「真夜中の探訪」のジャッコのスピンオフのがよかったです。これ読んでジャッコ苦手だった人も好きになっちゃうんじゃないかな(笑)

 

 

 

ミッドナイトシリーズが初めての方へ

 

元SEALのミッドナイトことジョンをシリーズの端にしたミットナイドシリーズ。彼を中心としたムキムキマッチョなメンズたちが、事件にまきこまれた美女たちを愛し守り抜くといったストーリー。

 

ホットすぎるシーンが見どころ!あと、ヒーローは全般的に過保護系をとおりこして、うざいかも(というのは私の個人的な意見)。<でも嫌いじゃない

 

「ミッドナイトシリーズ」はこーんな人にお勧め

  • スタミナ重視(!)のホットなシーン
  • ストーリーは比較的単調でもOK!
  • セックスは巧みでも、デート処女というメンズたちが好き!
  • SEAL独特の「仲間」的な感じが気にならない

 

シリーズは、ミッドナイトことジョンが経営する警備会社に勤務する元SEAL達がヒーローです。彼らは強面で、決してもてもてタイプではありません。でも、スタミナ重視のSEAL達と一回お相手したいグルーピーたちを相手にセックスの経験は豊富。一方で、本当に好きになった女性にたいしてはカラキシだめ。<でも手は早い。

 

まぁ、それ以外にもヒーローは登場しますが、基本セックス上手のデート下手と思ってください(あ、一人違うタイプがいるか…)

 

 

ですので、彼らがモジモジしたり、失敗したり、我慢の子だったりするのが面白い作品です<本当か!

 

一方で

  • ・トキメキ・ロマンチック路線が好き
  • ・ワンピースのような「仲間のために」が苦手

は向かないシリーズかも。

 

シリーズとしては前半3作品は関連が深いです。前後しても多少は大丈夫。でも順番とおりのが面白いですね。電子書籍化されてるのもうれしいです。扶桑社ロマンスさんは、電子化に積極的なので、助かります!

 

1作目『真夜中の男』

 

 

 

2作目『真夜中の誘惑 』

 

 

3作目『真夜中の天使』

 

4作目『真夜中の復讐 』

 

 

 

5作目『真夜中の約束』

 

 

6作目『真夜中の秘密』