この記事は約 3 分で読めます

ダイアナ・パーマー『ペーパー・ローズ』を読んだ感想

貧しく苦しい生活から救い出してくれた男性に恋するセシリー。
義理の父親からの暴力に傷ついた少女が、
優しく、そして力強いテートに守られ、大人の女性へ成長しました。

 

 

淡く切ない恋心に胸キュンロマンスです。

 

ヒロインの極貧生活から救い出だしたのはあこがれの人

舞台はアメリカ サウスダコダ。
セシリーは母を亡くし、義理の父親と貧困生活。
母親が残してくれた店を義父と二人でやっていますが、破産寸前の状況です。

 

 

そんな、彼女の店の常連客なのが、今回のヒーローのテート。
スー族の血を引く、誇り高き男性です。

 

 

ある日、テートはセシリーの様子がおかしいことに気づきます。
彼女の義父は、酒を飲むと彼女に触り、それがエスカレートしている。
義父におびえるセシリーを、義父から有無を言わさず引き離し、離れて暮らす自分の母親の元へ送ります。
その後も、セシリーの生活の安全や金銭的な援助をし続けます。
ただし、彼女に内緒で・・・

 

 

前半 超カッコイイ テートに私も惚れました

テートが、超かっこいい。
義父からセシリーを引き離し、守り続ける。
その決意、惚れてしまいます。
当然、セシリーもテートへの淡い恋心を抱いていましたが、本気で彼を愛するように。
そりゃ、当然!

 

 

 

ですが、それも彼女に金銭的な援助をし続けていた事実がばれて、関係に変化が訪れます。
奨学金と称して、彼が学費を払っている。
彼女のアパート周辺も、変な輩が近づいていないか、彼が見守る。いやいや、過保護もいいところでしょ、と思うのですが、セシリーは彼の好意を素直に受け取れません。

いいじゃん、いいいじゃん。って思うのは私だけ?

 
一方、テートはセシリーを大事に大事に思っているのですが、スー族の血を守るため、同族同志の結婚を望んでいます。当然、白人のセシリーは対象外。
うすうす彼女の気持ちには気づいているものの、自分から積極的に応えるつもりはありませんでした。

 

ああ、テート一体なにを考えてるの?

 

 

 

 

ツンツンヒーローの真骨頂

じゃ、なんで、あんなに過保護なの~と、思うのですが、そこは、揺れる男心(なのか?)
セシリーとは結婚できないけれど、離れていってほしくない。
彼女への援助は惜しくない。
でも、結婚できない。
矛盾だらけの関係に、セシリーは混乱。

 

 

金銭的な援助の暴露、テートの恋人(自称)の登場、出生の秘密が関係し、二人の穏やかな関係に変化が訪れます。
一番の見どころは、テートのやさぐれ具合。
今までと違うセシリーに面白くないテートは、ツンツン態度になってしまいます。
セシリーに、恋人候補(友人)が登場し、さらにプンプン。

 

 

ネイティブ・アメリカン
あの、序盤の男らしいテートはどこにいった???
別人か?

愛に臆病な、孤独な男の葛藤が混乱を巻き起こすロマンス。
セシリーの少女時代からの一途な想いは、充分に彼に伝わっていて、テートさえ愛を受け入れれば皆がハッピー。
素直になれよ、の一言です。

 

 

途中、思いもよらず登場した中年カップルのいちゃいちゃぶりもほほえましく感じました。

 

こちらの作品も是非どうぞ

『ペーパー・ローズ』のスピンオフ作品です。ヒロインがとにかくさわやか!

ダイアナ・パーマー『あの日、パリの街で』を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『あの日、パリの街で』を読んだ感想

あの日、パリの街での偶然の出会い。学校をさぼった大人になりきれていない少女と、妻をなくしたばかりの傷心の男性のロマンス。ダイアナ作品定番の年の差カップルのロマン...