この記事は約 4 分で読めます

冷酷な口づけ テキサスの恋

テキサスの恋シリーズ29作目。牧場主ジョーダンとパラリーガル リビーのロマンス。

 

 

リビーの父親が突然死。義母が資産の総てを相続。一切合切、不動産を売り払うとしりリビー兄妹は驚きます。

 

 

不審な点が多いと感じたリビー兄妹は、隣人ジョーダンの力をかりて、父親の死に義母が関係していないかと探りをいれることに。

 

 

普通のロマンスでは、ここでジョーダンとリビーとの間にロマンスが芽生えるのですが、悪女が二人の恋路を邪魔します。

 

義母も最低ですが、このジョーダンとリビーとの間に立ちはだかる悪女こそ、テキサスの恋シリーズで、もっとも性悪女!!(だと思う)

 

 

二人の仲を引き裂こうとする悪女の罠に、まんまと落ちてしまうジョーダンの男の浅はかさが、とっても滑稽(笑)なロマンス!あ、サスペンスタッチですよー。

 

 

⇒[小説]冷酷な口づけの詳細をみてみる[RENTA]

 

『婚冷酷な口づけ』を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ第29作目。シリーズなじみがない方は、こちらをどうぞ。⇒テキサスの恋シリーズ情報まとめ

 

 

 

えっと、ネタバレ入るので、嫌な方は撤退を。

---------ネタバレ線---------------

 

 

登場人物がややこしいので整理しますね。

リビー……ブレイク・ケンプ弁護士事務所で働くパラリーガル

    • カート………リビーの兄。カウボーイ。
  • ジョーダン………リビーの隣人。牧場主。金持ち
  • ジャネット………リビー兄弟の義母
  • ジュリー………ジョーダンの(自称)恋人。政治家の娘
  • ブレイク・ケンプ………リビーの雇い主。ジェイコブズビルの弁護士
  • バイオレット………リビーの同僚。ケンプの秘書

まず、悪女紹介ですが、ヒロインリビーの義母。

 

 

こいつは、金目当てで男にすり寄り、巻き上げた後、殺害を繰り返す連続殺人の疑惑が浮上する人物。超危険な女です。リビー&カート兄弟の父親も、毒牙にかかってしまったのですが、決定的な証拠がない。

 

 

しかも父親が遺言書として財産を義母に相続させると書きかえたと義母がいっています。あやしいもんだ(笑)えー、本人がいってるでだけなんじゃないの?

 

 

義母ジャネットは、リビーの同僚バイオレットの父親とも(大人の)関係をもっていて、バイオレットの父親も突然死。

 

 

益々、怪しい…

 

 

ということで、リビーとバイオレット、さらにはバイオレットの上司にあたるブレイク・ケンプが、正義の弁護士の名にかけて!!悪事を突き止めると、頑張ってくれることになりました。

 

 

で、その過程で、義母ジャネットからの嫌がらせから守りリビーの力になってくれたのが、隣人の牧場主ジョーダン。

 

 

義母の一件がひと段落したあたりから二人の間に暗雲立ち込めてきます。

 

 

あ、そうそう。ヒーロー紹介ね。

 

 

このジョーダン、なかなかの苦労人。父親は大酒のみ。母親は上流階級の出なのですが、父親との結婚を機に親戚との断絶。家政婦をしながら、苦労をしてジョーダンを育てます。

 

 

育ちのいい母親が、苦労をして自分を育ててくれたのを見て育っているジョーダンは、ものすごい上昇志向が強い。若かりし頃、ロデオの大会で、賞金で稼ぎまくり、父親のもっていたささやかな牧場に大金をつっこみビジネスを成功させた若き青年実業家。

 

 

ですが、金はあっても、過去の心の傷は癒せない。母親の無念さ、悔しさ、幼少期の貧しい暮らしがコンプレックスになり上流思考が強いんですわ。

 

 

で、政治家の娘ジュリーの毒牙に、いとも簡単にひっかかってしまいます。みごとだわ。

 

 

まぁ、この女っていうのが、スゴイ奴で…悪事がでるわでるわ。過去、ブレイク・ケンプ氏の恋人を死に追いやった張本人。

 

 

それもハイスクール時代のちょっとした妬みがきっかけ。勿論、ジョーダンに近づいたのは金目当て。父親の政治活動の金ずるにしようと目論でます。

 

 

そんな性悪にロックオンされたジョーダンは、リビーそっちのけ。ジュリーからリビーの悪口を聞かされまくり、リビーが、ジュリーをいじめてるっていう図が出来上がってしまいます。

 

 

もうリビーの恋心はズタズタ。

 

 

義母からは財産と命を狙われ、悪女からは想い人を取り上げられ、何かと可哀想なリビー。でも、絶対に絶対に悪女ジュリーに頭を下げません。

 

 

今では落ちぶれていますが、実は、彼女の祖先はジェイコブズビル開拓の時に、かの地にやってきたフロンティア。ジェイコブズビルでは、尊敬されてるんですね。フロンティアスピリッツ!

 

 

もう、数々の意地悪をジュリーにされて、そのたびジョーダンがでてきて、「ジュリーをいじめたな」って展開なんですが、彼アホ丸出しですよ!!

 

 

リビーも、ブレイク・ケンプも、ジェイコブズビル全体が彼を残念だと思っています。

 

 

何かと慌ただしい雰囲気の本作品。そんな中で、ジョーダンが目が覚めるのは後半になってから。

 

 

結局ね、彼も本当のところはリビーが好きだったんですが、彼のところのカウボーイが、リビーと彼との様子を「若い子すきですねぇ」みたいに、ちょっと当てこすりみたいなことかいわれて傷ついてしまったんですって。

 

 

なんと繊細な。と、ジョーダンの心の繊細さに驚きのオチ。

 

 

この作品で登場した正義の弁護士!ケンプも結構アレなんで、次の作品よむなら、この作品 押さえておいてくださいーい。

 

これもかなり、来てますが、次もかなりキテますので、お楽しみに(・∀・)ニヤニヤ

 

⇒[小説]冷酷な口づけの詳細はこちら[RENTA]

 

 

▼シリーズ目次にもどる▼

テキサスの恋シリーズの一覧

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。