この記事は約 3 分で読めます

リサクレイパス ヒストリカル作品<壁の花シリーズ>の第二作目。アメリカ人姉妹の姉リリアンと、社交界で花婿候補の筆頭ウエストクリフ伯爵のロマンス。

 

 

姉妹は、婿探しのため、わざわざアメリカ大陸からイギリスにやってきました。

 

ところが、上流階級の礼儀作法をしらない姉妹は、いつまでたっても殿方から声がかかりません。おてんばなアメリカ娘の恋愛武勇伝(!)が楽しめる一冊です。

 

 

created by Rinker
¥880 (2020/09/26 10:49:29時点 Amazon調べ-詳細)

『恋の香りは秋風にのって』のあらすじ&感想

舞台はロンドン。社交界シーズンを迎えた適齢期の女性たちが、美しく装い花婿選びにいそしむころ。誰からも相手にされない、ちょっと可哀想な女性が四人。まさに壁の花。そんな彼女たちが、力を合わせて婚活にいそしむ、ヒストリカル婚活ロマンスの2作目

 

★詳しくはこちらをどうぞ

壁の花シリーズの情報まとめ

 

壁の花メンバーのアナベルとサイモンは紆余曲折があったものの結婚。(あらすじ&感想はこちら⇒ひそやかな初夏の夜の

 

メンバー最年長のアナベルへのメンバーてこ入れがすんだので(笑)、リリアンに順番が回ってきました。一応年功序列らしい。

 

婿探しにわざわざアメリカからきたリリアン姉妹。欧州で婿取りをしたい両親を尻目に、毒舌かつお転婆な姉のリリアンは、婚活自体さじを投げ気味。

 

父親はビジネスに、母親は婿探しにと、方向は違えど、両親ともに野心家なんですよね。
リリアンは父親のビジネスに同行する名目で、名門ウェストリフ伯爵の領地に赴くことになり、「これ幸い!」と両親ワクテカな訳ですわ。

 

ウェストリフ伯爵は、花婿候補ナンバーワン。魅力的な容姿、貴族の称号、そして財力。

 

でも、お転婆リリアンとはそりがあわず、ことあるごとに反発しあいまして。伯爵の家につれていかれるときも渋々。

 

で!ウェストクリフ伯爵の領地は、ものすごい美しいと評判でしてね。さらに、そこには願いがかなう泉がありまして。その泉で願掛けをしてきて欲しいと、壁の花メンバーのアナベルから頼まれちゃうんですな。

 

彼女、自分たち夫婦が今あるのは、伯爵のおかげだって。ものすごい感謝してるんです。

 

↓その願いごとはこれ!

 

「ウェストクリフ伯爵に素敵なお相手がみつかりますように」

 

リリアンは気が進まないんですけどね親友アナベルの願いならと、願掛けをします。

 


「ウェストクリフ伯爵が、彼をひざまずかせるような女性とめぐりあいますように」

 

 

やばいんじゃない?その願いごと( ´艸`)

 

この作品、魔法の香水や、願掛けの泉など、ロマンチックな要素が結構あって、破天荒なリリアン姉妹の乙女な行動も結構可愛いです。

 

ただ、他のシリーズと比べると、ちょっとのりが軽いので、好みが別れる作品です。後半、とんでも事件がおきて、次のシリーズにつながります。

 

後半のエピソードは、シリーズで評判が高い「冬空に舞う堕天使を」につながるので、2作目・3作目は順番によむのをお勧めします^^

 

created by Rinker
¥880 (2020/09/26 10:49:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

★かなり前にコミックス化されていて、古本市場でなら簡単に手に入ります。

 

↓原作だと、伯爵はマッチョらしいのですが(^_^; シュッとしてますね(笑)

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。