カテゴリー:シリーズの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

リサ・マリーライス『ミッドナイトシリーズ』の情報まとめ

ホットすぎると評判のリサマリーライス「ミッドナイトシリーズ」の情報をまとめました。新刊のチェックや再読する方の順番の参考に!

 

リサ・マリーライスのミッドナイトシリーズ新刊『真夜中の探訪』

Amazonの紹介文です。

ミッドナイト(真夜中)シリーズ 初のスピンオフ二編。

第二シリーズ・ジャッコとローレンの後日譚「真夜中の探訪」と第一シリーズ・ニワルスキとアレグラの後日譚「真夜中の影」。

 

愛するローレンと満ち足りた生活を送っていたジャッコ。しかし、ローレンから妊娠を知らされた彼は、激しく動揺し家を飛び出してしまう。薬物中毒者の息子である自分に、子どもを持つことは許されるのか。ジャッコは改めて自らの出生の真実と向き合うため、探訪の旅に出ることを決意する。

表題作の他、ダグラス・コワルスキとアレグラ夫婦がギリシャのリゾート島で体験する事件の?末を描く『真夜中の影』を併録。二組のカップルのその後を切なく描くファン待望の〈真夜中〉シリーズ、スピンオフ!

 

今回は強面筋肉ムキムキのジャッコと、強面ブ男代表格のコワルスキさんのスピンオフ。

二人とも大好きなんですが、私は「真夜中の探訪」のジャッコのスピンオフのがよかったです。これ読んでジャッコ苦手だった人も好きになっちゃうんじゃないかな(笑)

 

 

 

ミッドナイトシリーズが初めての方へ

 

元SEALのミッドナイトことジョンをシリーズの端にしたミットナイドシリーズ。彼を中心としたムキムキマッチョなメンズたちが、事件にまきこまれた美女たちを愛し守り抜くといったストーリー。

 

ホットすぎるシーンが見どころ!あと、ヒーローは全般的に過保護系をとおりこして、うざいかも(というのは私の個人的な意見)。<でも嫌いじゃない

 

「ミッドナイトシリーズ」はこーんな人にお勧め

  • スタミナ重視(!)のホットなシーン
  • ストーリーは比較的単調でもOK!
  • セックスは巧みでも、デート処女というメンズたちが好き!
  • SEAL独特の「仲間」的な感じが気にならない

 

シリーズは、ミッドナイトことジョンが経営する警備会社に勤務する元SEAL達がヒーローです。彼らは強面で、決してもてもてタイプではありません。でも、スタミナ重視のSEAL達と一回お相手したいグルーピーたちを相手にセックスの経験は豊富。一方で、本当に好きになった女性にたいしてはカラキシだめ。<でも手は早い。

 

まぁ、それ以外にもヒーローは登場しますが、基本セックス上手のデート下手と思ってください(あ、一人違うタイプがいるか…)

 

 

ですので、彼らがモジモジしたり、失敗したり、我慢の子だったりするのが面白い作品です<本当か!

 

一方で

  • ・トキメキ・ロマンチック路線が好き
  • ・ワンピースのような「仲間のために」が苦手

は向かないシリーズかも。

 

シリーズとしては前半3作品は関連が深いです。前後しても多少は大丈夫。でも順番とおりのが面白いですね。電子書籍化されてるのもうれしいです。扶桑社ロマンスさんは、電子化に積極的なので、助かります!

 

1作目『真夜中の男』

 

 

 

2作目『真夜中の誘惑 』

 

 

3作目『真夜中の天使』

 

4作目『真夜中の復讐 』

 

 

 

5作目『真夜中の約束』

 

 

6作目『真夜中の秘密』

 

 

 

 

ナリーニ・シン『サイチェンジリングシリーズ』の情報まとめ

シェイプシフターの大人気ロマンスシリーズ。ナリーニ・シンの代表シリーズ「サイ=チェンジリング」の情報をまとめました。新刊を読むときに再読する方の順番の参考に!

 

ナリーニ・シンの新刊『冬の盾と陽光の乙女

〈サイ=チェンジリング〉シリーズ第13弾!

 

Amazonより紹介文です。

パラノーマル・ロマンス〈超能力者(サイ)=動物に変身できる種族(チェンジリング)〉シリーズ第13弾!

〈アロー部隊〉に所属する瞬テレポーター間移動者のヴァシックは、暗殺者としての過酷な任務を果たすなか、いつしか死の安らぎを望むようになっていた。そんな彼に、実験のため集められた共エンパス感能力者たちの護衛という新たな任務が与えられる。ヴァシックが担当することになったアイビーは、能力の高まりのせいで再度の条件づけを経験しながらも自我を保ってみせた強い女性だった。その輝きに触れて、彼の凍てついた心は溶け始める。

 

うーん。ツッコミどころがない。まじめ~な感じが伝わってきます。

扶桑社ロマンス通信様の作品紹介では、ヒーローの「強もてのくせしてなんなんですかこの中学生男子みたいなうぶな可愛さ」だそうです。ウブいのか~。

 

 

 

 

サイチェンジリングシリーズを初めての方へ

 

 

シェイプシフター&パラノーマルロマンスの長編シリーズ。まだ未読の方へちょっとだけ紹介します。

 

サイチェンジリングの世界を担うのは3つの種族

 

  • 「サイ」(超能力を操る)
  • 「チェンジリング」(動物に変身する能力をもつ)
  • 「ヒューマン」(私たちと同じ)人間

 

それぞれが、政治・経済・芸術などの分野で活躍しています。求愛や文化様式もそれぞれちがっていて、お互いにけん制しつつも共存してる世界。

 

なので、種族を超えた愛っていうのは基本タブー。同族同士であっても種族が違ったりするとまたもやハードル高し!

 

 

分かり合えない壁を乗り越え、二人の愛が深まっていくのがシリーズの見どころでなのですよヨ。サイ同士のロマンスだと高ぶりすぎて、地割れがおきたり(笑)することも。スケールがでかいですな。

 

「サイチェンジリングシリーズ」こーんな人にお勧め

  • SF的な世界観がスキ
  • もちろんホットなシーンもあってほしい
  • 多少の細かい描写はイメージで補える

 

とにかく、世界観になじむまでが厳しい。これはサイチェンジリングだけでなく、SFってそうじゃないですか。前提条件みたいなのがあってこそ、面白さが増すというもの。

 

 

なので、正直あわないと思う人は1話目でダメだと思います。だんだんロマンス色が強くなって、4作目5作目あたりからは、グッといい感じになっていくんですけどね。

 

ハーレクインロマンス・ハーレクインコミックスのような

  • ・難しい漢字や描写が少なく、
  • ・2時間程度のサクッとしたトキメキ路線

とは違うのでご注意を。

 

 

1話、1ロマンス。でもストーリーは時系列に進行していくので、順番道理に読むことをお勧めします。

 

あ、あと全部電子書籍化されてるのもうれしいですね!私はセールのときに買いました!

コンスタントに新作が翻訳されていくのもうれしいシリーズです。

 

1作目『 黒き狩人と夜空の瞳 』

 

2作目『 “冷たい瞳が燃えるとき 』

 

 

3作目『氷の戦士と美しき狼』

 

 

4作目『気高き豹と炎の天使』

 

 

5作目『封印の獣と偽りの氷姫 』

 

 

6作目『燃える刻印を押されて』

 

 

7作目『遠き記憶が輝くとき』

 

8作目『裁きの剣と氷獄の乙女』

 

9作目『藍色の瞳の女神と戯れて 』

 

10作目『雪の狼と紅蓮の宝玉』

 

 

 

11作目『金眼の黒狼と月下の戦姫』

 

 

12作目『黒曜石の心と真夜中の瞳』

 

 

 

ナリーニ・シンの公式ホームページです⇒http://nalinisingh.blogspot.jp/

英語を身に着けたいと思う今日この頃。情報量がちがいますもんね。