カテゴリー:★★★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

アニー・バロウズ『伯爵と花嫁の十二夜』を読んだ感想

アニー・バロウズ『伯爵と花嫁の十二夜』を読んだ感想

伯爵令嬢のジュリアと、海軍大佐アレックのロマンス。

 

ジュリアは、身分違いの相手デイヴィットに片思い中(本人は両思いと思ってる)。爵位をもっておらず、財産もないディビット相手にパパが猛反対してるので、仮面舞踏会でちょっとしたいたずらを仕掛ける事にしました。

 

協力者はジュリアの親戚のマリアンヌと、オペラ歌手のナリー。ちょっとセクシーなナリーとジュリアが入れ替わり、淑女らしからぬ手口でデイヴィットを誘惑。現場をマリアンヌ達に押さえてもらって既成事実を作っちゃおうという作戦。

 

でも、そこは恋愛未経験の伯爵令嬢なので、キス程度で現場を抑えて、シャンシャンとなるはずが…

 

 

なんとディビットを人違い。シャイな彼が、こんなに積極的なんて!!

 

 

と、ちょーっと結ばれるのが先になっちゃう系(笑)のロマンスです。間違ったお相手は、強面だけど色男海軍大佐のアレック。彼の、おとこっぽーい心の独り言が面白いですよ~。

 

『伯爵と花嫁の十二夜』のあらすじ&感想(ネタバレ)

 

私、最後なきました。ハーレクイン・ヒストリカルなのに・・・泣ける話か?と我ながら突っ込んでしまいたいのですが。

 

ざっくりあらすじを紹介します。パパ伯爵に反対されている恋路をなんか実らせようとやっきになっているジュリア。

 

強硬手段にでますが、なんと人違い。

 

観葉植物がおおいしげる温室に、ジュリアはデイヴィット(と思い込んでる男性)を連れ出します。既成事実をつくるため、アレコレ手をやくのですが!彼女の段取りがどこでどうまちがったのか、人違い。

 

間違えたお相手は海軍大佐アレックス。アレックはオペラ歌手の姿の女性が、、いいところのお嬢さんだとは思わず、誘われるまま火遊び感覚で関係をもってしまいます。

 

アレヨアレヨの内に、温室で現場を・・・・・デイヴィットやマリアンヌに見られてしまいます。

 

アレックは「小娘にはめられた!」と怒り心頭。でも、一方で無垢なジュリアを汚してしまったと思い、速攻「結婚するんだ!」と決意。しぶるジュリアを、ジュリアパパの所につれていき、結婚の申し込みをします。アレックは生真面目・誠実さには天下一品。でもお金はない。

 

まぁ、アレック自体、ちょっと面倒な性格ですわ。性格がいいとはお世辞には言い難い。自分とジュリアが関係を持ったことが世間にばれたら、自分の名前に傷がつく、妹のゆくゆくの縁談話に支障がでるかも、とかいう考えもありますからね。

 

 

彼女がいいとこのお嬢さんで、パパが多額の持参金をつけてくれて、逆玉で文句なしなんですが、腹の内は収まらない。いつかは漠然と、結婚してもいいかな~と思えるくらいに、いい感じの女性と家庭をもてたら、と彼なりに想いを馳せていたのです。

 

 

人違いで!!小娘の策略にひっかかって!!この大佐とあろうものが!!結婚!!ジュリアには、軽蔑と嫌悪の眼差しを向けて、もう酷いこと、ひどいこと。

 

 

とにもかくにも、大勢の祝福をえて二人は早々にゴールイン!

 

 

ジュリアは内心、浅はかな計略が招いた結果に意気消沈。アレックが怒るのも無理ないし、面目丸つぶれ・・・。彼女は単に、人がよくて考えが甘いだけなのですよ。

 

 

意に添わぬ結婚ですが、アレックのたくましい腕や男らしい姿に、ちょっと乙女心がゆれたりするジュリア。ディビットみたいな草食系小太り男とちがって、アレックはホンマモンの軍人ですからね!「ああ、あの時のことが忘れられない」というのは内緒!

 

 

それはアレックも同様。喧嘩はしますが二人の相性(?)は抜群なんです。アレックはジュリアが、嫌らしい策略家でもなければ、高慢ちきでもない事にきがつきます。

 

 

アレックはディビットの話がジュリアからでると何故か、面白くなく、「あんなんじゃ、30になるまでにブクブクに太るぞ」と心の中で暴言。

 

良からぬ計画をジュリアが練るからかもしれないから、夫婦の寝室は絶対に一緒じゃないとダメ!と頑固に譲らず。

 

自分のひげが、ジュリアの肌を傷つけるといけないから剃っておこーっと!と何気に気を遣う。

 

 

と、複雑な男心が揺れ動く様が面白い。

 

 

後半になるほど、ジュリアピンチです。身近な人の嘘・裏切りにあって、可哀想。後半、アレックもジュリアを誤解して、すごい勢いで怒りをぶつけます。もう手がつけられない。

 

海軍って、気性があらいんですかね。『拾われた1ペニーの花嫁』のヒーローも、激高した時にヒロインに文鎮なげつけてたし。アレックも負けてませんよ。

 

 

その後、アレックが懺悔するシーンに涙ホロリ。友達選びが下手なジュリアが、本当に心を許せるお相手と結婚できて、よかったね〰というオチでした。

 

 

ペニー・ジョーダン『ジェシカの愛情研究』を読んだ感想

ペニー・ジョーダン『ジェシカの愛情研究』を読んだ感想

開業医ライルと心理学研究者ジェシカのロマンス。

 

両親が離婚したトラウマでジェシカは恋愛結婚に否定的。姉が結婚生活で苦労をして半ノイローゼ。その矛先がジェシカに向かってます。

 

 

どうやら、姉は義兄とジェシカが不倫をしてると疑っているらしいのです。ジェシカは事実無根と姉に伝えているものの、義兄の方は浮気する気満々!半分病んでる姉に、強くでることもできず悩み中。

 

 

そんな時、姉が「ジェシカ!あなたが結婚してくれたら、浮気をしてないって信じるわ!」

 

 

恋愛結婚に否定的なジェシカは、見合い結婚もいいかも!これはいいアイディア!「夫募集」の広告を出すことにしたのですが・・・・

 

 

彼女の広告に応募してきたのは、いつもプリプリおこってるドクターライル。色々訳ありライルとジェシカの不思議な結婚生活を描いたロマンスです。

 

 

愛情なんて、一次的な肉体的に惹かれているに過ぎないと一刀両断するジェシカの愛情研究の学説は正しいのか!

 

『ジェシカの愛情研究』を読んだ感想 & ネタバレ

 

私のお気に入りの一冊です。ペニー・ジョーダンの描くヒロインは、とかく思い込みも激しく、おバカさんが多いのですが、ジェシカはちょっとクールです。

 

 

ジェシカは姉からの不倫疑惑を晴らすために、広告で夫を募集。そこに応募してきたのがライルです。

 

彼の家に行くことになり、彼女所有のメルセデスベンツで向かいます。ジェシカは何冊か専門書もかいてる、結構有名な心理学の研究者なんです。<親の遺産もあってお金持ってます!

 

田舎道にまよってしまい、ベンツを道のわきにとめ、地図をながめていると、おんぼろステーションワゴンがやってきました。おんぼろ車から登場したのは、牡牛もここまで怒らんだろう!というくらいプンプンな男性。

 

「ちょっと車どけろよ!」と怒り心頭です。

 

ここで面白いのがジェシカの対応。車から降りてきた男性をちょーっと観察(笑)

 

 

相手は、ジェシカが、さっさとベンツをどけないことが気に入らないですし、上からしたまで自分の姿を値踏みするようみられるのも気に入らない。

 

 

「棚卸はすんだだろう?」と、ジェシカに無礼な言葉を投げつけます。

 

でも、そこはジェシカ負けてません。彼に一言!

 

「ファスナーが開いているんじゃないかしら?」

 

 

登場そうそうチャックが開いてるヒーローですよ!!(*’ω’*)

 

 

かなり生かした登場シーンに私は釘ズケ。そっとファスナーを挙げる男性の姿を、こっそりみながら「今わらったら殺されかねない」とジェシカは必死に笑いをこらえてます。

 

 

その後、さっきの男性@ファスナーが開いてる人が、自分のお相手候補だと知り、いろいろ彼の抱えてる事情がわかってきます。

 

実は、ライル自身は結婚に乗り気じゃないんですよね。お節介な妹が代わりに応募したんです。

 

 

ライルは離婚した妻が亡くなり、わんぱく盛りの二人の男の子を引き取って育ててます。愛情不足のため、息子たちは荒れ放題。全然ライルにもなつきません。悪さばっかりしてます。妹は、兄家族の行く末を心配して、ジェシカの広告に兄かわりに応募をしたのです。

 

 

ライルは乗り気じゃない。ジェシカに怒り心頭。

息子二人は、わんぱく盛り。いたずらなのか反抗期なのか。

住んでる家は、荒れ放題。誰からの愛情もかけられず、おおよそ住まいとは思えない。

あ、勿論ベットは別ヨの条件付き!

 

 

と、いう悪条件なのですが、ジェシカはライルと結婚を決めます。なぜに?もっといい条件はあったでしょうに!(笑)何故、ジェシカがライルと結婚したかというと「思うところがあったから」。

 

 

結構いい感じの生活が始まったものの、なんにも知らないライルは、若くて美しいジェシカが男やもめの自分と結婚するなんて、絶対なにか裏があるに違いない!と勘繰りはじめ、またもや、ぶりぶりおこってます。しかも義兄が懲りずにジェシカにアプローチ!

 

 

まぁ、わからずやの男性陣がとにかく痛い!<義兄とライル

 

 

でも、家庭やライルへの愛情を感じはじめ、自分の内面の成長をかみしめるジェシカが素敵なんですよ。自分の理論の間違いに気がつき、ライルへの愛を自覚してから、抑えきれない恋心(笑)や欲望に身を震わせるシーンが見どころ!。あ、お約束のバスタオルパラリもあります。

 

 

ペニー・ジョーダン『信頼ゲーム』を読んだ感想

ペニー・ジョーダン『信頼ゲーム』を読んだ感想

自己啓発セミナー経営のダニエルと、デザイナークリスタのロマンス。クリスタが所属している商工会議所の講師としてダニエルが招かれました。

 

「信頼」とかいっちゃって、なんだか、うさんくさい男。どうせ、人を傷つけるのも平気な厚顔無恥な男に決まってる

 

猜疑心に満ち溢れ、どうにかダニエルの化けの皮を剥いでやりたいクリスタ。実は、詐欺師扱いされているダニエルは、海よりも広い心の持ち主です。

 

のっけから、クリスタは、すごい罵り具合なのですが、後半はメロメロに(笑)

 

ペニー・ジョーダン『信頼ゲーム』を読んだ感想

ペニー・ジョーダンの作品の中では、知名度もなく評判もいまいち。でも、私の大好きな作品。どうしても、読みたくて手放した本を、再度入手しました。

 

数十年たっても、この本は私の萌え本です。萌えポイントいきまーす。

1)ヒロインの頑なすぎる性格。

 

私の大好きなペニー的ヒロインを極端にした性格。独りよがりで、かつ偏見持ちすぎ
魅力的とは、おおよそ思えないあさはかな行動。そして、自分の仕掛けた策に自らはまってしまう、おバカさん。かわいいなぁ。

 

 

2)うさんくさいヒーローの職業

 

自己啓発セミナー経営って・・・まぁ、いいんですけどね。えへん。もともとはオックスフォード大学の心理学の講師をしていたダニエル。お互いの信頼を高めるためのカリキュラムをうりに、信頼を世に普及するセンターを立ち上げます(笑)

でも、穏やかで優しい彼は、何度クリスタに噛みつかれても、めげません。なにしろ、彼はクリスタに一目ぼれ。大変な女性に惚れたもんだ。

 

信頼の大切さを、切々と言って聞かせるのですが(笑)

 

 

3)世間的にはどうなのよ、の展開

クリスタは、ダニエルに噛みつき、商工会のメンバーの前で、ある賭けをします。それは、ダニエルのカリキュラムをクリスタが受け、彼のいう「信頼」のすばらしさに彼女が目覚めるか、どうか。

 

絶対、絶対、ばけの皮をはがしてやると堅い決意のクリスタなのですが、彼女が連れていかれたのは、なんと彼の研修センターではなく、「自宅」。

 

いかにも牧歌的な農家。しかも、講師はダニエル一人。マンツーじゃないですか!!

しかも通常二週間のカリキュラムを、ダニエルは勝手に一ヶ月に延長していた!どうなの、独身男女が一つ屋根の下、一ヶ月過ごすなんて、うさんくさい

 

クリスタじゃなくても、信用なりませんよ。

 

 

人畜無害的なダニエルは「信頼が~」といいますが、そういう問題じゃない。クリスタきづけよ~。でも、負けん気の強いクリスタは結局、一ヶ月をダニエルと過ごす羽目になり・・・あとはご想像どうり、のお熱い展開。

 

4)クリスタの一人相撲

湖にでかけ、二人組でカヌーをこぐというカリキュラム。オールを手放し、二人が協力して手で水をかき岸に向かう。その、過程で信頼感を高める、という内容。

 

ところが、水が苦手なクリスタは弱みを見せたくないあまり、事前にダニエルに言えず、湖で一人(勝手に)パニックになり横転。

 

したたかに水を飲み、ずぶぬれ。

 

「あんたのせいよ!」とダニエルにつめよりますが、「君が一人で横転したんじゃないか」(確かに)その他、ダニエルの飼っているヤギにこずかれ、踏んだり蹴ったりのクリスタ。でも、弱みみせたくない彼女は一人相撲。かわいいな~、と思います。

 

と、まぁ、ちょっとアレな本なんですが、私は大好きです。最後、クリスタはダニエルにまいっちゃうところも好きなんですけどね。ちょっと強気なヒロインと、心の広いヒーローが素敵な一冊です。笑えるロマンスですヨ。