カテゴリー:★★★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

チェリー・アデア『初恋が実るとき』を読んだ感想

チェリー・アデア『初恋が実るとき』を読んだ感想

トレーダー キャサリンと建築家ルーカスのロマンス。

 

二人は7つ年の離れた義兄妹。ずーっと昔からキャサリンは義兄に片思いしてます。でも、全く、これっぽっちもルーカスは自分に興味はなさそう。

 

しびれを切らしたキャサリンはルーカスに思い切って「夫探しを手伝って!」とカマをかけてみるのですが・・・

 

よくありがちな設定なんですが、ちょっぴり切なくなるストーリー。思春期にありがちな、二人のやり取りに胸キュンロマンスです。

 

 

『初恋が実るとき』を読んだ感想 ネタバレ

 

積み読本だったんですが、めっちゃよかったです。設定自体は、ロマンス小説アルアル。『子供じゃないのに』と似てますね~

 

キャサリンは母親の連れ子、ルーカスは父親の連れ子、両親が再婚して二人は義理の兄妹になります。でもここでストーリーに一ひねり。

 

キャサリンの母親は男好きするので、ほどなくしてルーカスの父親と離婚。で、ルーカスの父親が、めっちゃキャサリンをかわいがるんですわ。キャサリンは、実の母親に置いてけぼりくらって、ルーカス親子と暮らすことになります。

 

で、ここで普通なら7歳も年の離れた義兄だったわけでしょ?可愛そうにおもうじゃないですか。置き去りにされた小さな女の子を。でも、妹を猫かわいがりとかするわけでなく、逆にめっちゃキャサリンを邪見に扱うわけですよ。

 

もうちょっと大人だったらまた対応も違ったはずなんですが、ルーカスも14歳。まぁ、中二病?的なコジレもあって、母親から捨てられたその日にですね、

 

「お前なんか、いなきゃいいのに」とか、いっちゃうわけですよ~。

 

思春期特有のコジレと、実の父親がキャサリンをかわいがるのをみて嫉妬しちゃったんですね。

 

で、それでもキャサリンはお兄ちゃん大好き!!

 

なにかと、あとをついて回る。決して、可愛い感じの子供じゃないので、ルーカスの同級生は「なんだ、あのチビ!お前についてまわって知り合いか?」とか、いわれりゃ、「しらねーよ。あんな奴」とか結構冷たい仕打ち(笑)赤の他人のフリです。

 

 

それでも、キャサリンは、ルーカスが好きで好きでたまらない。少しでも彼と一緒にいたくて、ルーカスのベッドの下に潜り込む。(子供は狭い所が好き!)でも結局は見つかって、兄ちゃんからひきずりだされて罵詈雑言(笑)

 

 

ハイスクールにはいって、初めて買ったバイクも父親のお達しで、キャサリンを後ろにのっけないといけない!仲間に自慢したいのに、チビを載せてグルグルツーリング。ぶー垂れる。

 

 

と、まぁ、小さいころは、兄妹仲よくなくて・・・・でも彼自身、成長をするにしがたがって自分の言動がいかに子供っぽかったのか、そして彼女を傷つけてしまったをいたく恥じるわですわ。

 

し~か~も~、だんだん、キャサリンは年頃になって綺麗になっていく。

 

 

ああ、自分はいったい何をしてしまったんだと!

 

しかも、実の父親からは、「絶対に、絶対にキャサリンを傷つけるな!!!」とお達しがでて、もうニッチもさっちもいかない。

 

ちょっとキャサリンのお誕生日にチュとキスすれば、勝手に手がうごいてゲスな「触り魔」になってしまう俺(笑)

 

 

キャサリンは、彼の葛藤をしるよしもなく、露骨に迫るんですけど(笑)、過去にキャサリンを傷つけた罪悪感からか、誘惑に負けることもなく、結構後半まで頑張りますよ~

 

 

このあたりの攻防もコミカルだし、とってもテンポよく読める1作。ちょっと軽ーくいい話を読みたい時には、おすすめの本ですね~

 

 

 

 

サマンサ・ベック『間違いだらけの愛のレッスン』を読んだ感想

サマンサ・ベック『間違いだらけの愛のレッスン』を読んだ感想

医師のエリーと建設会社社長のタイラーのロマンス。

 

 

エリーは故郷でUターン就職。ドクターの資格を持っているので地元で開業医として骨をうずめるつもりでかえってきました。どうやら、高校時代にエリーがあこがれていたロジャーが、長ーい春に終止符をうったらしいと耳にします。婚約を破棄したんですって。

 

 

なんと、ロジャーの過激な性癖に婚約者が付いていけなくなって・・・・とうわさを耳にしたエリーが「ならば、ワタクシが!」と名乗りをあげようと奮闘(笑)

 

 

愛のレッスンの手ほどきをするのは町で一番セクシーだと評判のタイラー。

 

 

ああ、ロジャー狙いだけど、タイラーにもよろめくわ!という、エリーの真面目おかしいロマンス小説です。読めばハッピーになること間違いなし( ´艸`)

 

 

サマンサ・ベック『間違いだらけの愛のレッスン』 ネタバレ

えーこちらも「Amazonアンリミテッド」で読みました(2018年7月)。

 

定額料金内で読めましたけどでも、私買いますよ!<お小遣いに余裕がある時に!

 

エリーは大学デビューした女の子。それまでは、超さえないモジモジ、オドオドしたメガネっ子。でも大学の医学部にはいって、お友達にファッションコーディネートしてもらったり、レーシックうけたりして、それはそれは大変身。

 

 

ちょっとだけ男の子と付き合ったりもしたんですが、それでも故郷に帰れば、かつてにさえない自分に(気持ち的に)逆戻り。もう往年の(?)初恋の男子ロジャーとつり合いとれないとネガティブシンキングです。

 

でも、ロジャーの婚約破棄に便乗して!愛の技術を磨きたいと!一念発起します。

 

でも、一人じゃ立ち行かない。医師資格みたいに一人で勉強しても身に付きませんからね。そこで、町のセクシーガイ、タイラーにちょっとした貸しができたので、彼に教師になってもらうよう交渉します。

 

アレヤコレヤと技術を磨こうと奮闘するんですが。が・・・・・。それで終わるわけありません。

 

タイラーがいいやつなんですよ。クゥ~。だって町で一番のセクシーガイ!

 

 

タイラーはエリーよりも4つ年上で。彼女からしたらハイスクール自体には手がとどかない、不良っぽいお兄さん的な存在。もう、そんな彼にアレヤこれや実施で教えて貰えるなんて、本当はエリーはドキワク。

 

 

いやいや、私はロジャー狙いと、なんど気持ちの修正を入れることか。

 

でも、そうなるものわかるんですよね。

 

結局、タイラーは不良っぽいんですが、エリーに対しては優しい気持ちで接していて、それがなんとなーく伝わるんです。不良っていっても、それは若かりし頃。今や押しも押されぬ、地元の建設会社の社長さん。大工さんたばねて現場で頑張ってます。<オオ、ガテン系。

 

ただ、彼。

 

機能不全の家庭に育ったので、愛に慣れていないんです。だから、結構女遊びも激しい1面もあって、町でセクシーガイと同時に女たらしという評判もあるんです。

 

 

エリーの家庭は父子家庭で、やっぱりこちらもうまくいってない。小さな町なので、タイラーはエリーの家庭環境をなんとなーく知っていて、自分と似たような環境のエリーをそっと優しい気持ちをもってみてました。それは今も同じです。。彼がエリーに対してそんな気持ちでいることはエリーは知りません。

 

 

でも!大学デビューしたエリーをみたらちょっと待った!

 

 

ああ、奥手だったエリーが。あのさえないエリーが。俺にアレを実施でおしえてくれと?と、「優しい気持ち VS 欲望」で、葛藤しちゃうわけですよ。

 

 

しかも、どうやら別の男とヨロシクうまくやるための踏み台に自分がされてると知り、ちょーっと面白くないタイラー。俺がアテにされてるのは股間のものだけか?(笑)

 

 

 

このあたりが、とってもコミカルに、キュートに描かれます。ほどよくホットなので、最後まで飽きさせません。しかも嫌な奴ってだれも出てこないし。

 

 

私、このヒーロー、三大タイラーに命名しました。(`・∀・´)エッヘン!!

⇒シャロン・サラ「真夜中は別の顔」

⇒ローリー・フォスター「仮面の女」

 

ということで、エリーはどんなレッスンをタイラーから受けるのか。

ロジャーの過激なセックスの相手名乗りをあげられるのか。

 

 

ロジャー元婚約者と彼女の新しい恋人とのHシーンを偶然目撃してしまったエリーが

 

「彼女、あそこまでやってるのに。一体ロジャーは何を、どこまで求めてるの?」というトンチンカンな思考も面白いロマンスです。

 

いや、ロジャーはそうじゃなくて、アレですよ。アレ。

 

 

⇒『Amazon kindleアンリミテッドの無料体験の感想 対象本や使い方など

デルフィーン・ドライデン『ザ・セオリー・オブ・アトラクション』を読んだ感想

デルフィーン・ドライデン『ザ・セオリー・オブ・アトラクション』を読んだ感想

カミラと天体物理学者アイヴァン。

 

カミラとアイヴァンはご近所同士。料理上手なカミラの部屋へ研究者や学者達は入れ替わり立ち代わりきて、おいしい料理をご馳走になってます。アイヴァンもその一人。

 

人付き合いが苦手で、几帳面。でも、本当はよーくみるとアイヴァンはハンサムなんです。ちょっと変わりもので天才肌のアイヴァンと、できればお近づきになりたい!

 

色仕掛けでカミラはアピールするのですが、アイヴァン側にはちょーっと特殊な性癖があって・・・・(笑)

 

先にネタバレしちゃいますが、BDSMモノです。苦手な人は、ここで引き返してくださいませ!私、BDSM好きなんで、私と同志の方は是非どうぞ!

 

『ザ・セオリー・オブ・アトラクション』を読んだ感想 ネタバレ

 

ずーっと読みたいと思ってました。「kindleアンリッミテッドの無料体験」に申し込んで読んだ本です。読んだらキュン死しました。

 

えっと、まずBDSMモノ。賛否両論ですよね、このジャンル。

 

どこにロマンス要素を感じるかっていうのが、ちょっと微妙なジャンルなんですけど、私はスキ!

 

まず、萌えポイントとしては

  • ・ヒーローが学者(おタク系)
  • ・彼女がいない歴=年齢
  • ・でもセックスは巧み(研究熱心だから)

であります(`・∀・´)エッヘン!!

 

 

学者モノだとこれ⇒『図書館司書の話』、オタク系ヒーローだとコレ⇒『ITオタク』が、スキなんですけどね。これらを足して二で割った(割るなって?)ヒーローが、BDSMをしちゃうわけですよ。

 

よーく見るとハンサムなんですが、一見地味なアイヴァン。彼にチラリズムするカミラなんですが、全然、反応ナシ。もう、アイヴァンってゲイかしら?なんて友人と話をしてるんですが、いやいや、なんなの。

 

アイヴァンは、決まったプレイを楽しむタイプなんすよ。

 

 

カミラとアイヴァンは主従関係を結ぶ(もちろん身体もネ)のですが、彼の職場のでのパーティーで、アイヴァンがカミラを「友人のカミラです」「隣人のカミラです」と紹介するのが気に入らないカミラ。

 

なにせ、彼女がいない歴=年齢のアイヴァンなので、愛や恋が何かがよくわからんらしい。

 

「すーごーく私、傷ついたの」と、アイヴァンに伝えても、彼は、「え?だって、君は僕の恋人じゃないだろ?」と平気で答えちゃう(笑)。

 

だって、カミラは彼にとって大切な初めての彼だけのサブミッシブだからだって!!(爆笑)自慢らしいっすよ。それが。

 

 

え・彼女・恋人<サブミッシブなん?というツッコミはさておいて。

 

ヒューヒュー。この段階で、私は勝手に大盛り上がりです。

 

 

さすがに、職場の人に「カミラは僕のサブミッシブです」とは紹介できないだろう~、というので、最期はハッピーエンド。これが愛・・・・なんだな、と理解した奥手なアイヴァンにキュンとくる作品です。

 

ストーリーは、とくに至って普通でございます。

 

 

▽▽これには、もう1作はいってます。

 

 

 

⇒『Amazon kindleアンリミテッドの無料体験の感想 対象本や使い方など