この記事は約 3 分で読めます

デボラシモンズのドレーシー家兄妹の物語の第二作目。

 

ドレーシー家兄ニコラスと尼僧院にくらすジリアンのロマンス。かつてニコラスは裏切りにあい、遠方でかなーりつらい目にあいました。実家では死んだことになってます。

 

で、怒り心頭!復讐心にもえ帰還したものの、復讐の相手はすでに死んでおり。ニコラスがっかり。そこで、彼が眼をつけたのが、復讐相手の姪ジリアン!

 

彼女にメラメラ復讐心と募らせるつもりがいつしか恋心に代わってしまい。無自覚なチン行動がかなーり面白い作品です。ケンカップルがお好きな方はぜひどうぞ。

 

デボラ・シモンズ『尼僧院から来た花嫁』のあらすじネタバレ&感想

えー、ドレイシー家といえば名門!その中でも長男ニコラスは美男として一斉を風靡?してました。

 

が!戦にでた矢先で策にはまってしまいましてね。めっちゃ苦労するわけです。もうずーーーっと、故郷に帰れず、実家では死んだことになってました。

 

で、妹が実家の采配握っていたころの話はこちら!

 

ようやく、実家の自分の領地にかえってこらたかと思ったら、復讐相手は死んでるし。もう、惚けちゃってるっていうか( ´∀` )

 

そんなある日、国王から命令が届きまして。
「ヘクサム男爵には姪が一人いることが判明。ニコラスはヘクサムの姪ジリアン・ヘクサムを妻に迎え、ヘクサム男爵の領地を治めるがよし」

ニコラスは、急いでヘクサムの姪ジリアンのいる尼僧院に向かい、もう復讐メラメラです。

 

ここで普通、尼僧にいるから、つつましやかなのかなーとか、地味な子なのかなーとか、おとなしいのかなーとか思いうじゃないですか。

 

違うんです。

 

ジリアン、「ムチムチ」です。しかも大食い(笑)めっちゃ健康的なボディで、ニコラスにも平気で口答えしちゃって!

 

ジリアンにであって領地に連れ帰る道中も、「領地に連れ帰り、どうやって、これからいたぶってやろうか」とか、妄想しちゃって、もうニコラスいろんな意味で、もえちゃってます。

 

実際は、彼、ジリアンを好きになっちゃったものだから

 

「夫婦といえども同じベッドでは寝ない(復讐ゆえに?)俺の足元の床に寝るのだ!」とか言いながらも、

 

 

「でも、肌がきずついたら可哀想だから、ふかふかの藁布団を使え!」とか、矛盾してるんですよ。

 

さらーに、尼僧からつれてきちゃったジリアンが着る服なくて。ひとまず、ニコラスは彼女に妹の服を着せるんですけどね。細身の妹の服なんて、ムチムチのジリアンきれるはずないじゃないですか。

 

無理やり着せて、パツパツになった挙句、「湯あみのお手伝い」させるんです( ´∀` )なんじゃ、こりゃー、もうたまらんー。みたいなパターン。

 

着ろって言われてきた服に難癖つけられて、ジリアンとしてはたまったものじゃないですよ。

 

ニコラスの美男子故のナルシスト具合と、ジリアンの突拍子のない行動とがいい具合にミックスされていて、とっても楽しいラブコメ?になってます。

 

なるちゃんヒーロー好きな方はぜひどうぞ(^^♪

 

⇒【小説】尼僧院から来た花嫁 (ハーレクイン文庫)をAmazonでチェックしてみる

 

 

★コミック版はRENTAで試し読み増量中★

尼僧院から来た花嫁 − 1巻

尼僧院から来た花嫁 − 1巻

[著]日高七緒 [原作]デボラ・シモンズ

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。