この記事は約 3 分で読めます

ダイアナ・パーマー『富と愛』を読んだ感想
富と愛

頑固な牧場主ウィンスロップと、彼の弟の秘書ニコルのロマンス。

 

金持ちの女は嫌いだ、と公言してはばからないウィンスロップ。そんな、頑なな彼に惹かれるニコルなのですが、実は実家が大金持ち。彼の怒りに触れないよう自分の生い立ちを隠します。

 

 

途中、彼女の父親登場で、生い立ちがばれて大変なことに。いろいろとやってくれるヒーローですが、鬼畜度は低め。

ダイアナ・パーマー作品 初チャレンジされる方も挑戦しやすい作品ですよ。

 

 

⇒[小説]富と愛 の詳細をみてみる[RENTA]

『富と愛』のあらすじと読んだ感想&ちょっとネタバレ

ヒロイン ニコルはシカゴで会社経営をしている社長ジェラルド・クリストファーの秘書。

 

物語は、社長ジェラルドの病気療養のため、彼の実家へ同行するエピソードからスタート。

 

 

ロッキー山脈の山中にある森や湖にかこまれたモンタナの牧場で。ジェラルドの実家の牧場では、ジェラルドの兄の牧場主 ウィンスロップ・クリストファーが待っていました。

 

 

ウィンスロップは かつてはプレーボーイとして名をはせていた男性。ところが、

三年前の不幸な事故で足が不自由になり、当時の恋人と別れてしまい、やさぐれ気味。

 

というのは、あっさり裕福な男性に鞍替えしちゃったんですよね。

 

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いって、ことで完全なる女嫌いに。

 

自分を捨てた、あの女が金持ちだから、金持ちの女は嫌いだ。もう二度と女性には騙されない、俺にちかよるな。

 

 

とは、いいつつもー。ヒロインに惹かれます。ま、鉄板ですね。

 

 

一方でヒロインもヒーローに惹かれる気持ちを自覚。実はヒロイン、ニコルの実家は超お金持ち。彼に嫌われたくないあまり、自分の素性を秘密にしてしまいます。

 

 

以前の噂、気難しい性格や攻撃的な口調。周囲から「彼には気をつけた方がいいよ・・・」といわれながらも、瞼を閉じればなぜかウィンスロップの面影が。

これほど誰かを恋しく思い、癒してあげたいと思った事はないと、切ない自分の気持ちをもて持て余します。

 

 

彼女の秘密が、いつバレてしまうのか、ちょっとハラハラ。

 

あと、脇が結構いい味だしていて。彼女の父親が子離れできない感じなんですよね。ヒロインの父親で、金持ちだってばれちゃって。こじれにこじれるんですが、父親本人は、ちょーっとよくわかってない模様。

 

さらに、ヒーローも最終的には迷走ぎみで。

 

ヒーローは結婚はしたくないの一点張り。ヒロインを手元に置いておきたい、他の男に奪われるのは我慢できない。年の差が気になるものの、34歳は男盛りだ!と矛盾発言。

 

最後にはモヤモヤをゲロして

 

「自分がどうしたいのか、もうぼくにはわからない」

 

 

という可愛らしさを見せつけ、ダイアナパーマーらしい、こう、なんというか男の純情がみれちゃったりする作品^^

 

鬼畜といっても、差ほどでもなく、口だけ番長っぽいヒーローなんで、ダイアナ先生初心者でも十分たのしめますよー。

 

 

⇒[小説]富と愛 の詳細をみてみる[RENTA]

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。