この記事は約 2 分で読めます

ダイアナ・パーマー『テキサス探偵物語』シリーズ情報まとめ

テキサス探偵物語の情報のまとめです。 一作品一冊で発行されていましたが、2015年1月三作品を一冊にまとめ、『テキサス探偵物語』として再々版となりました!

 

再読する方の順番の参考にもどうぞ!

テキサス探偵物語が初めての方へ

 

もともと、ハーレクインシルエットデザイアから1993年に発行され、その後、1999年作家シリーズでセットで再販されました。※中古で書籍を手に入れる時に、ご注意くださいね

 

3作はいってます。

 

 

アメリカのテキサス州南東部の街、ヒューストンにある私立探偵社の職員が登場人物のロマンスです。

 

いやね、この三部作。ほんとーにムラがあるんですよ。こんなこと言ってしまっていいのかしらん(苦笑)私は断然、3作目がスキ。

 

なので、まぁ、セットで購入するのならアレですが、単独で購入するなら1作目と3作目をおすすめして、2作目は飛ばしてもヨシ!と思います(笑)個人的な意見です。

 

逆に、小粒な鬼畜的なヒーローがお好きな方は、2作目オシ(^^♪

 

テキサス探偵物語1 『この恋、絶体絶命!』

私立探偵所長デインと秘書テスのロマンスを紹介します。単なる所長と秘書を超えた親しい間柄です。孤独な少年時代を過ごし、ひねくれてしまった挙句、ちょっと痛い性格になってしまった所長。彼の「愛の叫び」に注目の作品です。ドップラー現象聞こえそう!

 

 

 

テキサス探偵物語2 『この恋、揺れて…』

ヒーローの鬼畜ぶり、なかなかのものです。暴言もさることながら、やることもひどい。
再読しても、かばいきれず(苦笑)

 

 

 

テキサス探偵物語3 『この恋、勝負あり』

ユーモアにあふれた表現と、生き生きした登場人物が、魅力的な作品。とってもダイアナ・パーマーらしさが出てるロマンス小説。私は、この作品がシリーズで一番お気に入りです。ボス秘書ものです。

 

 

 

 

※テキサス探偵物語は、テキサスの恋シリーズ10『夢からさめたら』と、登場人物がかぶるため、「夢から覚めたら」を読む前に「テキサス探偵物語」を先によむことをおすすめします~

 

関連作はこちら

⇒『テキサスの恋シリーズの情報まとめ』