この記事は約 3 分で読めます

冷酷な誘惑シリーズの二作目。大手企業重役のマックスと、別会社の社長秘書のクレアのロマンス。

 

マックスの勤める会社は、クレアの勤めるブロンソン合金工業の買収を狙っています。

 

どうしても、その特殊な技術を手にいれたい。

 

ブロンソン合金工業の内部をしるため、社長秘書のクレアに近づきマックスが内部情報を引き出すことになりました。これで、有利に買収を進められる。

 

企業買収を背景に、二人のロマンスは進行していくのですが・・・・

 

リンダ・ハワードのヒーローらしい自信満々なマックス(笑)に注目の作品です。自分の正体が、クレアにバレても自信満々って、ある意味スゴイいわ~。

『美しい標的』を初めて読む方へ

こちら、冷酷な誘惑シリーズの二作目の本作品。

 

シリーズ一作目『流れ星に祈って』では、片思いに悩むヒロイン サラにさりげなく優しくするボスとして登場したマックスがヒーローとして登場!その優男ぶりの印象はかなりのものです。

サラ、イケズのロウムやめて、マックスにしちゃいなよ。と思って方は私だけ?んーでも、ロウムのがよかったのかなー(;^_^A

 

こっちも苦労しそうな予感満々。

 

『美しい標的』のあらすじと感想ネタバレ

今回、ヒーローに科せられた任務(笑)は、ブロンソン合金工業の企業買収の情報収集。
これが、またゲスイ任務で、社長の秘書に近づいて、情報とってこいって言われてます。

 

 

モデル並みの容姿の裏にある、冷酷な性格を社長はよく知っており、社長から特命をうけました。


マックスがいる組織は営利優先の企業集団なのか?

 

 

↓もう、序盤から、クレアから情報引き出すのに、マックスやる気満々。この発言、みてくださいよ。えー。マジすか。どんだけ自分に自信満々なの(笑)

必要な情報を引き出すためなら男としての魅力を利用することにも良心の呵責は感じない。
企業と企業の戦いはそういうものだ。
三つ揃いのスーツや会議で紳士的な見かけを装ってはいても、その本質は戦争なのだ。

 

 

あでやかなマックスと比較すると、地味な印象がぬぐえないヒロイン クレアはですね。どこか男性にしり込みしてしまうバツイチ女性。

 

と、いうのもなにかにつれ頑張ってしまう性格が災いし、前回の結婚生活に失敗。夫婦生活が上手くいかなかったのも、流産したのも、全部、自分のせいだとおもってしまっています。

 

そんな、ちょっと内気な彼女なので、男っぽい人がそばによってくると、そのトラウマからか、そっと逃げ出す始末。

 

これが、マックスからするとたまらないらしいんですよ。今まで、女性に逃げられたことのない(笑)そんな女性は今までいなかった!!と闘争心を掻き立てられます。

 

でも、そこは企業戦士ですから(一応)、無害を装い、彼女から情報を引き出し、ブロンソン合金工業を手に入れるのが優先・・・なのです。が!!

 

マックスは、クレに夢中になってしまってるので、自分の正体を言いたくてたまらない。人畜無害なんかじゃない。本当の自分を愛してほしい。企業買収をさっさと終わらせて、クレアを手に入れたいと思ったりするのです。

 

このあたり、あんた自分の正体がばれたら、クレア、どう思うかって想像しないの?と、問いかけてやりたいですよ。

 

結局、クレアは巧みなマックスの誘導にひっかかってしまいます。結局、ブロンソン合金工業は、マックスの務める会社の傘下に。

 

自分が機密を漏らしてしまった罪悪感と、そして好きになってしまったマックスが自分をだましていた事実に打ちのめされたクレアは、ますます男性に心を閉ざしてしまいます。

 

見どころは、彼女の信頼をもう一度勝ち得るためにマックスが頑張るところなのですが、それでも彼は、自己中だったりします。(笑)美しすぎるって罪。マックス。あなた、残酷よ。

 

とにかく、頑固で強引。自信満々なヒーローが満喫できる作品。私は再読して、さらにマックスに惚れました。しびれるー。

 

→小説 美しい標的 (MIRA文庫)をAmazonで見てみる

 

★コミック版はRENTAで試し読み増量中★

 

↓さすが美貌の企業戦士( ´∀` )

美しい標的 セット

美しい標的 セット

[著]星合操 [原作]リンダ・ハワード

最後まで読んで頂きありがとうございます。お役にたてたら シェア下さると嬉しいです。